ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ニキニキ さん
フワフワと生きたい
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
フワフワ・ノホホーンと生きたい
カテゴリ
全て (14)
掛け布団 (8)
若年認知症 (5)
アクセス数
総アクセス数: 2422
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
2019年4月7日 21時40分
アルツハイマー病がある
 
若年認知症が生じる原因は、今もって明らかになっていないことが多いといわれています。

脳のからくりは明瞭になっていないことが多いため、若年認知症の原因分析も進んでいない、というのが現状ではないでしょうか。

だけど若年認知症が起きる原因は十人十色で、明確に原因が解る例もあるみたいです。

原因がきっちりと判明する例としては、事故を指摘できるでしょう。

交通事故なんかで脳が傷つけられると、そのことが元で認知症がもたらされるケースがあるようです。

また脳の血管が滞り、それが原因で発症するケースもあるのだとか。

その為、原因が明らかに判明する例もあれば、判明しない例もある、ということでしょう。

若年認知症が生じる原因の1つとして挙げられる疾病に、アルツハイマー病が挙げられるようです。

アルツハイマー病と呼ばれるのは、脳が萎縮する疾病で、若年認知症の原因として指摘できるのだとか。

アルツハイマー病から至る若年認知症は、放置したままにしていると、症状が悪化してしまうこともあるそうです。

その為、アルツハイマー病が元になる若年認知症は早期発見が大切になるそうです。

アルツハイマー病によってもたらされる場合は、早期発見することが可能なら、薬で事態のプロセスを遅らせることが可能なようです。

若年認知症は65歳未満の人が罹患するケースが多いため、介護が求められる年月が長引いてしまう可能性が高いです。

従って、いくらかでも早い段階で原因を発見して、状態の悪化を抑制することが可能なら、その分、介護する側のダメージを抑えられるだろうと思います。

そして罹患しないために、未然防止することも極めて大切でしょう。

アルツハイマー病によってもたらされる若年認知症を未然防止するには、野菜やフルーツを能動的に摂り入れる、肉よりも魚を補給するようにすると良い、といわれています。

また適切な運動も、未然防止する効果があると思います。

若年認知症に関する情報が、WEB上にいっぱい集っています。

それ故、最近、物忘れがひどくて気になる・・・という人は、サイト上で情報を抜き出してはどうでしょうか。

また、WEB上には若年認知症をか否かを確認できるWEBページもあるみたいです。

医療機関へ行くのは躊躇してしまう・・・という人は、WEBサイトを用いて、自分で若年認知症なのか?カンタンに探るのもありでしょう。

ただ、自分自身で容易に検査して、若年認知症じゃなかろうか?と感じたのなら、原因を探るために、思い切って医療機関へ行くようにすると良いいでしょう。
[カテゴリ:若年認知症]



2019年1月30日 11時28分
介護保険を利用できるパターン
 
若年認知症につきましては、介護保険を利用できるパターンと、利用できないパターンがあるといわれています。

介護保険を利用できるか否かは、当人の年齢に左右されるのだとか。

当人が40歳以上であったならば、介護保険を取り入れることが可能なようです。

ただ、この病気は若い人が陥る認知症ですから、30代や20代でも出現してくる人が存在するのだとか。

30代や20代の人が罹患したとしても介護保険を選ぶわけにはいかず、障害年金や特別障害者手当ての適用を考えてみることになる、とのことです。

従って、若年認知症で介護保険に依頼する場合は、年齢の制約があると考えると間違いないでしょう。

若年認知症の場合で介護保険が認定されると、デイサービスやグループホームにお世話になることが可能なようです。

ただ、介護保険は高齢者をターゲットにした支援なのでなので、若年認知症の人は高齢者と時間をつぶすことになるケースが多いのであるとか。

また、若年認知症は若い人が引き起こされるので、体力的に弱まりがなく、対応できる従業員がいないことだってあるようです。

若年認知症のケースでは、知力のみが衰退してプライドや生命力は旺盛ままのことがあって、介護する人は大変なのであるとか。

生命力が旺盛なだけに、徘徊が起こると、遠くまで足を運んでしまうケースも存在するようです。

ですから、介護保険が利用できるのであれば、それを活用したいと考える介護者は多いようです。

若年認知症のじゃないか?と考えたなら、早めに医療機関へ行くようにしてください。

早めに医療機関へ行けば、若年認知症を治癒させることはできなかったとしても、経済面の打開策を作りやすくなると考えられます。

介護保険を充当した介護設計も、作りやすくなると思います。

ですから、物忘れが顕著になった、職務で過ちが多くなった、これまで使えたリモコンが使用できなくなった・・・などのケースでは、早いうちに若年認知症の検査を行うと良いでしょう。

インターネットを通じて介護保険について確かめ、適用となるサービスは使って、経済的にフォローしてもらえるのであればフォローしていただいてください。

若年認知症の介護はホントにハードで、介護者の60%は鬱になるといわれています。

ですから、介護する側の負担をやわらげるためにも、介護保険について書かれた知識は獲得しておくと役に立つでしょう。

さらには、介護保険が利用できないか話し合いができる窓口も把握しておいたら良いでしょう。

若年性認知症の相談窓口も、WEBサイトを利用すると簡単にチェックすることが可能です。
 



2018年12月6日 19時56分
若年認知症の家族会
 
若年認知症の家族会は、いろんな場所にあったりします。

だからこそ、ファミリーの中に若年認知症の人が存在する場合は、家族会に出席されてはどうでしょうか。

若年認知症の家族会に加入すれば、患者当人も、そして介護するファミリーも、気が楽になるかもしれません。

若年認知症の家族会には、お世話の方法を指導してくれるセミナーを開催しているところも存在するようです。

介護するファミリーの負担は本当に大きく、若年認知症への理解が周りから得られない・・・とメンタル的な負担も大きくなってしまうでしょう。

従って、若年認知症の家族会に出席して、周囲と介護の苦しさを分かち合うのも悪くはないと思います。

気持ちが救われるだけでも、若年認知症を介護する人の負担を和らげることができるのではないでしょうか。

若年認知症の家族会では、介護の愚痴をこぼし合うことも可能なようです。

近辺の人や他の親せきには話し難いことも、若年認知症の家族会ならしゃべることもできるのではないでしょうか。

若年認知症の人を介護している人は、上手に気持ちのリセットをすることが求められます。

「がんばらない介護」を呼びかけている、若年認知症の家族会も存在するようです。

「がんばらない介護」を呼びかけているからといって、その家族会が誠実ではない・・・というわけではありません。

介護している人の負担をわずかでも軽くするために、「がんばらない介護」を・・・と推奨している家族会だと考えます。

若年認知症の介護はホントに大変で、介護をしている人がうつ病気におかされてしまうこともあるのだとか。

なので若年認知症の家族会に出席して、介護している人のメンタル的な負担を和らげることは、本当に大切だと思います。

若年認知症の家族会は、WEBを活用すると容易に探すことが可能です。

ですから、おうちの近くに家族会がないか、ネットを通して探してみると良いと思います。

また、近くに家族会が存在しない場合は、相談できる窓口をホームページを使って探しておくと、何かと便利です。

若年認知症の人の介護は、若い人を介護するだけに、長期間に亘るケースがあるようですし、若い人は体力低下がありませんから、介護する人が体力負けしてしまう例もあるようです。

ですから、若年認知症の人を介護している人は、メンタル的に追い詰められてしまうよりも前に、家族会に出席すると望ましいと思います。

介護する人がメンタル的に滅入っていると、若年認知症の人自身もキツイでしょう。

若年認知症の人も、そして介護する人も、毎日を明るく暮らすために、家族会を活用してはどうでしょうか。

[カテゴリ:若年認知症]



2018年10月15日 11時25分
ピック病が関与しているケース
 
若年認知症に、ピック病が関与しているケースがあるようです。

認知症と言われると、アルツハイマー病をイメージする人が多いと存じますが、ピック病も若年認知症の1つだそうです。

アルツハイマー病や老人痴呆症に病状が酷似しているようですが、ピック病は脳が萎縮し、ピック小体が確認できるようです。

何故、若年認知症の一つであるピック病がもたらされるのか、原因ははっきりしていないのだとか。

ピック病は進んでいくと、最終的には要介護状態に陥るようです。

ピック病に罹患すると、それまでの性格とは打って変わって、人が変わったようになるといわれています。

ピック病に罹患した人の中には、今まできまじめだったにも関わらず、万引きをリピートする…という行動をとるようになる人も存在するのだとか。

ピック病に罹患する人は、多くが40才代から50才代の現役バリバリのようです。

ですから、現役バリバリのご主人がピック病に罹患したら、家族は大変だと思います。

収入は減ってしまうでしょうし、体力に弱まりがありませんから、家族は介護疲れすると考えます。

ピック病に罹患した場合、介護保険サービスを受ける事が可能なようです。

従いましてピック病と診断を受けたら、活用可能なサービスは利用しましょう。

ピック病は、残念ながら、現時点では予防法などが分かっていないようです。

また、改善する手法も見つかっていないのであるとか。

そういう理由で、ピック病と診断されたら、身の回りにいるご家族が、利用できるサービスを見出すことは大切でしょう。

若年認知症に関した情報が、WEB上にたくさんとりまとめられています。

ですからピック病が気になる人は、インターネットを通じて情報を収集してみると良いでしょう。

ピック病と診断されても、患者自身は自覚がないようです。

その為、ピック病と診断されたファミリーが、患者をアシストすることになるでしょう。

しかし、どんなにピック病の人をサポートしなければならない…とはいっても、人間には限界があります。

よって、ピック病の人を支えなければいけない人のケアも、必要だと感じます。

[カテゴリ:若年認知症]



2018年8月6日 10時45分
自分自身で若年認知症か否かの確認
 
若年認知症か否かの確認を、自分自身で容易に行うことができるそうです。

ですから、最近物忘れに拍車がかかってきたという人は、ご自分で若年認知症か否かの検証をしてはどうでしょうか。

安堵できるかもしれませんし、そうじゃない可能性があっても確認をすれば、早期発見に結び付くと思います。

若年認知症の検証をして早期発見をすることが可能なら、症状の進行を止められることができる可能性もあるようです。

65歳以下の人が対象になるみたいですから、介護する立場の人は、高齢者の認知症よりも介護に当てる歳月が長くなるのだとか。

それ故、若年認知症の確認をして早期発見することは、介護する人のハードさをやわらげることにも繋がると考えます。

確認の方法には、ちょっと前に何をしたかを想い出す・・・というものがあると聞いています。

5分くらい前に何をしたのか想い出せないケースでは、若年認知症の可能性もあるのだとか。

そして、万引き等を何度もする場合も、可能性がでるようです。

若年認知症を患うと、これまでそんなにも好んで食べなかった大福を連日食べるようになる、話し好きだった人が無口になる・・・ということも出始めるのだとか。

数日前の話しの内容が想い出せない、レジでちゃんと支払いを済ませられない、それまでできたTVのリモコン操作が困難になった場合も、可能性があるようです。

ただ、確認事項の一つでも当てはまっていたら、すかさず若年認知症である・・・と判断される、ということではありません。

確認事項のいくつかに当て嵌まらないと、判断するわけにはいかないようです。

確認事項を見ると、忘れっぽくなる・・・ということに着眼点があるように存じます。

若年認知症の確認は、WEBを活用すると、どんな人でも簡単に行うことが出来るのです。

そんなわけですから、WEBをうまく活用して、自分自身で確認すれば安心できると思います。

そして、怪しげだと思ったら、早いうちに医療機関へ行くようにしましょう。

WEBを活かして、私も若年認知症の点検をやってみました。

このところ携帯電話を置いた所を直ぐに忘れ去ってしまうようになり、若年認知症じゃないかと気掛かりだったのです。

私の場合、確認をしたら大丈夫というジャッジになりました。
[カテゴリ:若年認知症]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved