このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ニキニキ さん
フワフワと生きたい
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
フワフワ・ノホホーンと生きたい
カテゴリ
全て (14)
掛け布団 (8)
若年認知症 (5)
アクセス数
総アクセス数: 2691
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 2
RSS
炬燵に掛ける布団
[掛け布団]
2017年11月7日 6時56分の記事

掛け布団を炬燵に掛けると、電気代を減らすことが可能なようです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


今は景気も良くなく、電気代を少しでも減らしたい家庭は多いでしょうから、掛け布団を上手に使用して、賢く電気代を減らしましょう。

炬燵に掛ける布団に、遮熱生地が使用されているものがあります。
遮熱生地が使用されている布団は、設定温度を2度上げたのと同様に、暖かいのだとか。

そのため、遮熱生地が使用されている布団を賢く使えば、低温設定で炬燵を使用することが可能なので、電気代を減らすことができるでしょう。

また、遮熱生地がネット状の布団は、炬燵内の蒸れを防止することができるのだとか。
炬燵の中が蒸れると、良くない臭いが出る例も散見されますので、ネット状になっている布団は、悪臭防止にも貢献できると思います。

また、洗える布団が、小さなお子さんがいる家で人気を博しているようです。
炬燵の上で飲食をするおウチでは、小さいお子さんは飲み物をこぼしたりするので、掛け布団を汚すことも多いでしょう。

洗える布団なら、少しくらいこぼされても、洗えば付着物を落とすことができるため、清潔に使用し続けることが可能だと思います。

肌触りの良い炬燵の掛け布団も、評判がいいようです。
肌触りの良いものを使用すれば、電気を使用して炬燵内を暖めなくても、布団のぬくもりで快適に過ごすことが可能かもしれません。

省スペースの布団も、便利です。
省スペースの炬燵掛け布団は、四隅がヒダ状になっており、角が無駄に広がらないつくりになっています。

そのため、省スペース仕様の布団は、狭いリビングで便利なのだとか。
省スペースの布団は、余分な隙間ができないため、炬燵内部を合理的に温めることができるようです。

炬燵に、いかような布団を使用すれば良いのかを考えている人は、ネットを活用して、情報を収集してみると良いでしょう。

また、炬燵の掛け布団を買うときは、ネット通信販売を利用すると、便利です。
掛け布団は、それなりに大きいので、購入しても、持ち帰るのが面倒だと思います。
WEB上の通信販売で買えば、玄関まで運搬してもらうことができるでしょう。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved