このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ニキニキ さん
フワフワと生きたい
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
フワフワ・ノホホーンと生きたい
カテゴリ
全て (12)
掛け布団 (8)
若年認知症 (4)
アクセス数
総アクセス数: 1362
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
若年認知症の家族会
[若年認知症]
2018年12月6日 19時56分の記事

若年認知症の家族会は、いろんな場所にあったりします。

だからこそ、ファミリーの中に若年認知症の人が存在する場合は、家族会に出席されてはどうでしょうか。

若年認知症の家族会に加入すれば、患者当人も、そして介護するファミリーも、気が楽になるかもしれません。

若年認知症の家族会には、お世話の方法を指導してくれるセミナーを開催しているところも存在するようです。

介護するファミリーの負担は本当に大きく、若年認知症への理解が周りから得られない・・・とメンタル的な負担も大きくなってしまうでしょう。

従って、若年認知症の家族会に出席して、周囲と介護の苦しさを分かち合うのも悪くはないと思います。

気持ちが救われるだけでも、若年認知症を介護する人の負担を和らげることができるのではないでしょうか。

若年認知症の家族会では、介護の愚痴をこぼし合うことも可能なようです。

近辺の人や他の親せきには話し難いことも、若年認知症の家族会ならしゃべることもできるのではないでしょうか。

若年認知症の人を介護している人は、上手に気持ちのリセットをすることが求められます。

「がんばらない介護」を呼びかけている、若年認知症の家族会も存在するようです。

「がんばらない介護」を呼びかけているからといって、その家族会が誠実ではない・・・というわけではありません。

介護している人の負担をわずかでも軽くするために、「がんばらない介護」を・・・と推奨している家族会だと考えます。

若年認知症の介護はホントに大変で、介護をしている人がうつ病気におかされてしまうこともあるのだとか。

なので若年認知症の家族会に出席して、介護している人のメンタル的な負担を和らげることは、本当に大切だと思います。

若年認知症の家族会は、WEBを活用すると容易に探すことが可能です。

ですから、おうちの近くに家族会がないか、ネットを通して探してみると良いと思います。

また、近くに家族会が存在しない場合は、相談できる窓口をホームページを使って探しておくと、何かと便利です。

若年認知症の人の介護は、若い人を介護するだけに、長期間に亘るケースがあるようですし、若い人は体力低下がありませんから、介護する人が体力負けしてしまう例もあるようです。

ですから、若年認知症の人を介護している人は、メンタル的に追い詰められてしまうよりも前に、家族会に出席すると望ましいと思います。

介護する人がメンタル的に滅入っていると、若年認知症の人自身もキツイでしょう。

若年認知症の人も、そして介護する人も、毎日を明るく暮らすために、家族会を活用してはどうでしょうか。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved