ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ニキニキ さん
フワフワと生きたい
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
フワフワ・ノホホーンと生きたい
カテゴリ
全て (14)
掛け布団 (8)
若年認知症 (5)
アクセス数
総アクセス数: 2454
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 1
RSS
2018年1月24日 8時54分
エルゴスターの掛け布団
 
エルゴスターの掛け布団が、「気持ちよく眠りたい」という皆さんから、厚い支持を得ています。

良く知られている掛け布団は、上から掛けた際に、首回りスポットと肩のところに隙間が出ますが、エルゴスターの布団は隙間があまり空かないのだとか。

かつては着物みたいな形をした「かいまき」なるものを用いていたおウチも、多かったと考えられます。

その「かいまき」さながら、暖められた空気が、襟周りから逃げていかないシルエットをした掛け布団が、エルゴスターということになります。

エルゴスターのものは、「かいまき」みたいな着物状のシルエットをしていません。ヒトの体を象った3次元のシルエットをしています。

このシルエットが、エルゴスター掛け布団の特色とも言えるでしょう。

そんな訳で、この掛け布団は首周りや肩ゾーンもピッタリとマッチし、ヒンヤリした外の空気が布団内側に入ってこないのであります。

また、中綿にも執着心があり、保温力がとりわけ高いのだとか。
暖められた布団内の空気も、外部に逃げていかないそうですから、この掛け布団は、冬場に有難い一枚となってきます。

当該掛け布団は、重量がとても軽いのだとか。
重い布団では寝返りもやっかいで、圧迫感を感じる人もいるでしょう。

しかし当該掛け布団においては、軽くて暖かい為、気持ち良く睡眠できるのではないでしょうか。
更に丸洗いできるそうです。

布団の内側には、ダニやダニの死骸が蓄積され易く、これが災いしてアレルギー症状がもたらされる人もいるのだとか。

布団内側を綺麗に保つには、この布団みたいに洗濯できる、ということが肝心になるようです。

丸洗いできる布団となると、布団内側をきれいに保つことが可能なので、気掛かりなく継続使用することができるでしょう。

更にこの布団は、中綿から埃が発生し難く、綿切れもし難いみたいです。

保温性に優れ、清潔に保持できる布団を必要としている人は、ネットでエルゴスター掛け布団について、チェックしてみてはいかがでしょう。

エルゴスター掛け布団は、国産品の位置づけです。
そして、グッドデザイン賞の金賞を受賞したことがあるようですから、寝心地はOKでしょう。
[カテゴリ:掛け布団]



2017年11月7日 6時56分
炬燵に掛ける布団
 
掛け布団を炬燵に掛けると、電気代を減らすことが可能なようです。
[続きを読む]
[カテゴリ:掛け布団]



2017年9月28日 20時22分
掛け布団で、羽毛使用のタイプ
 
掛け布団で羽毛使用のタイプが、お気に入りの人も多いと思います。
私も、羽毛の掛け布団に、かなり関心を持っています。

家具屋に並べられている商品を手に取ったときには、あまりのさわり心地の良さに、ずっとタッチしていたい思いになってしまいました。

羽毛の掛け布団はとても軽いため、肉体を圧迫せずに、ここちよく寝ることが可能かな、とも思いました。
ただし金額がとても高いので、いかに羽毛が良いとはいっても、買うことは躊躇してしまいました。

羽毛のものは、グレードが存在しているようです。
アヒルの羽毛を使用したものよりも、グースの羽毛を使用する布団の方が、グレードが上なのだとか。

グースはアヒルを一段と、でかくしたような鳥で、肉体が大きい分ダウンも大きく、羽毛布団にしたときに、容積感に違いが出てくるようです。

グースの羽毛を使用したものの方が、普通の布団よりも容積感があり、より軽量で温かいのだとか。
そんなわけですから、羽毛布団を買い入れるときは、使用されているダウンも対比することが重要になります。

また、羽毛の掛け布団は、ダウン率にスポットを当てて選択したら良いようです。
ダウンとは水鳥の胸の所にある綿毛のことで、このダウン率が下がると、薄くて重いものに繋がってしまうのだとか。

従いまして、布団を選択するなら、ダウン率の高い布団を選択すると良いと聞きます。
それ以外にも、中綿はもとより、外側の生地にも執着心を持ち、チョイスすると良いでしょう。

直接、肌にタッチする部分ですから、さわり心地の悪い生地を使用したものでは、寝苦しくなってしまうかもしれません。

どのようなことを頭に入れておいて、羽毛の掛け布団を選択すると良いのか、そのポイントについて把握するのが大切です。

なので、気掛かりな人は、情報を収集してから買えば、悔やむことのないお買い物をすることが可能でしょう。

また、羽毛は高値で買えない・・・という人も情報を収集してみると良いと思います。
いろいろと探し回れば、1万円以下のものも存在するようです。

ですから、クオリティーには十分配慮して、激安価格の羽毛の掛け布団を発見する・・・ということができれば、頭のいいお買い物・・・といえます。
[カテゴリ:掛け布団]



2017年8月14日 10時8分
部屋のイメージも掛け布団カバー1つで一変
 
掛け布団カバーに、こだわりを持っている人も多いでしょう。
部屋のイメージも掛け布団カバー1つで一変するようですから、ご自分のイメージにピッタリ合うカバーを見い出したい、と思う人もいらっしゃるようです。

掛け布団カバーには、色々な種類が開発されています。
布団へカバーを掛け易いように、隅々に紐が取り付けられているカバーはとても便利だといえます。

ウチも勿論、掛け布団カバーを使用していますが、四隅に紐の付いたカバーは取り付けしやすいので、とても重宝しています。

掛け布団カバーにこだわりを持ち、快眠に活用する人もいるとのことです。
肌触りの素晴らしいカバーを、こだわりを持って選択すれば、実に気持ちよく熟睡出来るのだとか。

また、防臭加工が行われているカバーを選択する人もいるようです。
ヒトは、睡眠をとっているときにコップ一杯くらいの汗をかくのであるとか。

その為、布団が汗臭くなることがないように、防臭加工が行われているカバーは評判がいいようです。
そして、防菌加工が行われているモノも、人気になっています。

布団には色々な細菌が広まる、という話を耳にしたことがありますので、掛け布団カバーを手に入れて布団に取りつけたら、色んな菌から肉体を守ることができるでしょう。

防菌加工されたカバーは、菌に向けての抵抗力が脆弱な子供に相応しいと思います。
そして、掛け布団をダニから防御してくれるカバーも、評判がいいようです。

掛け布団の中綿にダニが居つく例があり、これが原因で咳やアトピーに発展する人も存在するのだとか。
そんなわけですから、防ダニ加工が行われているカバーならば、安堵して使用できるでしょう。

防ダニ加工されているカバーには、密度が高い生地が素材として使用されているようです。
超極細繊維を高い密度に織り上げた生地でできたカバーを使用すると、ダニがカバーを通り抜けて中綿まで割って入ることがないようです。

その為、高密度織りのカバーは、防ダニに際立つ効き目を見せるでしょう。
掛け布団カバーを取扱い中のオンラインストアも、WEB上にはいっぱい開設されています。

そんな訳で、自分自身に適合するカバーを、WEBを利用して探してみてはどうでしょうか。
また、低料金で掛け布団カバーを入手したい人にも、すぐに値段比較をできるネット通販はとてもお勧めできます。

[カテゴリ:掛け布団]



2017年7月3日 7時24分
掛け布団のサイズはベッドの横から少しはみ出るくらい
 
掛け布団は、大きさに十分注意をして、買い入れると良いでしょう。
大きさが合っていないと、掛け布団の保温性がダウンしたりすることがあるので、快適に寝れない・・・ということも想定されるようです。

その為、ダブルサイズのベッドにシングルサイズの掛け布団を使ってのことは、やめた方が賢明です。
肉体をとりあえずは包みこんでくれるので、ダブルサイズのベッドでシングルサイズの掛け布団を用いても良い、と思う人もいるようです。

ただ、ダブルサイズのベッドでシングルサイズの掛け布団を使用すると、肉体をとりあえずは包みこむことが可能でも、ベッドに被さることのできる状況ではありません。

このような状況では、マットレスと掛け布団の間に隙間が生じてしまい、その隙間から冷やりとした空気が侵入してくることもあるようです。

というわけで、掛け布団のサイズは、ベッドの横から少しはみ出るくらいスペースのあるものを選択しましょう。
ただ、とんでもなく大きいサイズの掛け布団を選択すると、今度は重量で寝苦しくなってしまいますため、丁度良い大きさのものを選択すると問題ありません。

掛け布団の大きさは、シングル、セミダブル、ダブルの三種類がメジャーなようです。
そして、ダブルサイズよりも、比べて更にゆとりのあるクィーンサイズの掛け布団も存在するのだとか。

その為に、体のサイズやベッドのサイズに合わせて、掛け布団を選択すると良いでしょう。
掛け布団を買い入れるときは、自分の家のベッドのサイズを分かっておくことが大事だと思います。

そして、掛け布団を買い入れるなら、掛け布団のカバーも必要に迫られるでしょう。
掛け布団には、製品サイズと側サイズが掲示されている場合があるようです。

このような場合で、掛け布団のカバーを選択するときは、製品サイズをベースにして選択すると良いのだとか。
側サイズは綿を入れる前の状態の大きさで、製品サイズは綿を入れた状態の大きさにあたります。

なので、製品サイズで掛け布団カバーを選択しないと、ゆるゆるのカバーを選択してしまう場合があるのであります。


[カテゴリ:掛け布団]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved