このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ao333 さん
ありのままの私に戻るための真実
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:美容・健康 癒し
ブログの説明:
感情という魂の声を通じて、ありのままの自分に戻る為に必要な実践方法をお伝えしています。
本気で幸せになりたいと願われる方へ。

※実践していただくことが前提の内容です。
カテゴリ
全て (80)
感情を感じきる・雑記 (21)
感情を感じきる・実践方法 (21)
魂について (2)
感情を感じきる・情報 (14)
いろいろ (1)
感覚関連 (2)
ヒント (8)
体験談 (2)
事象・出来事 (1)
直感と感覚の大切さ (6)
アクセス数
総アクセス数: 4837
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 6
RSS
最初に・・・
[いろいろ]
2018年1月23日 16時18分の記事

感情を感じきるに関連する情報をこちらに改めて再アップします。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


感情を感じきる、という事はありのままの自分(魂の願い沿って生きる自分)になるには必須です。

世の中、様々な「自分、魂を癒す方法」がありますが
そのメソッドや手法を勉強してみても、手法に差があるだけで
実践内容は「感情をどう感じるか」だけに絞られています。

ホメオパシーを軸とするエネルギー療法も「感情を感じ切って、魂そのものを癒す」ことが目的となっていますが
それを行う時にはホメオパスや、ファシリテーターなど第三者が居ないと行えない、彼らの力、知識、情報がないと出来ないのが現状でした。

しかし、宇宙の法則、鏡の法則を学んでいくと感情を感じきり、魂を癒すことに、第三者の力も知識も情報も必要なく
じつは感情を感じきる上で必要な方法は揃っていることが分かりました。
ただ、感情を感じきるという事だけは正しく学ぶ必要がある、それだけでした。

私の経験上、感情を感じきるという事は自己流ではできません。
なんとなく、こんな感じではできません。
今、無料ブログなどで公開されている情報でも足りません。
私が知る限りですが、無料ブログでも、市販されている実践方法を書かれた本でも
私が納得できるものに出会ったことはありません。

感情を感じきる事を学ぶ、知る、実践するという事は宇宙の法則、鏡の法則を学ぶことです。
宇宙の真理に触れていく、ということ。
そして、ありのままの自分に戻り、使命を果たすという事は
自分の特性や個性、知識を仲間(同じ目的を持った)と分かち合いながら、生かしながら、助け合いながら、高め合いながら
相互作用を最大限に生かしながら果たしていく。
そして、宇宙の意思を自分たちの力で現実化させていく、という事。

感情を感じきるとは、この使命を果たす前の前段階、準備期間に当たります。
この段階で「相互作用」「助け合う」「協力し合う」を学び、本格的に魂の目的、使命を果たす時の準備をするのです。
なので、残念ながら自己流では学べません。

こちらのブログでは、別ブログに書かれている内容をそのまま転記したり、書き直してアップすることはありません。
こちらのブログではすべて一から書いていきます。
別ブログとも内容が重複することもあると思いますが、伝えたい事は真理、真実だけなので、どうしても書く内容の幅が狭くなるためご了承下さい。

本気で感情を感じきることを実践されたいと思われる方向けに書いていきます。
そして、個人的には定期的にサポート的にカウンセリングを受けて情報の偏りがないか、理解が間違っていないか、正しく実践できているか、を確認していただきたいと思っています。
情報は出来る限り開示しますが、やはりその方の状態(エゴが強いと情報が正しく伝わらない)によっては情報を正しく受け取っていただけない事があるためです。

感情に向き合われる前に必ず、ご自身の本気を確認してください。
感情に向き合うという事は魂に向き合うという事
そこに向き合うと言う覚悟と勇気が必要になります。
あなたにはその覚悟がありますか?

まずはこの記事をお読みください。

準備段階・ただ感情をありのまま認める重要性。
http://blog.kuruten.jp/ao333/400525

質問はコメント欄にお書きください。
個人的な内容、相談、質問でなければお答えします。
ただし、本気で向き合うと言う覚悟がある、という前提でお答えしますので、ハッキリとお伝えする場合があることをご了承ください。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved