ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ao333 さん
ありのままの私に戻るための真実
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:美容・健康 癒し
ブログの説明:
感情という魂の声を通じて、ありのままの自分に戻る為に必要な実践方法をお伝えしています。
本気で幸せになりたいと願われる方へ。

※実践していただくことが前提の内容です。
カテゴリ
全て (80)
感情を感じきる・雑記 (21)
感情を感じきる・実践方法 (21)
魂について (2)
感情を感じきる・情報 (14)
いろいろ (1)
感覚関連 (2)
ヒント (8)
体験談 (2)
事象・出来事 (1)
直感と感覚の大切さ (6)
アクセス数
総アクセス数: 5277
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 2
RSS
2018年5月24日 20時47分
現実を幸せになる為に使う 3  (基本事項)
 
現実を通じて言葉にあらないモヤモヤを感じているときがあると思います。
その時、どうするか。

重要項目です。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年5月24日 20時41分
現実を幸せになる為に使う 2
 
現実をどう使うのか?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年5月24日 20時41分
現実を幸せになる為に使う 1
 
現実には真実はありません。
彼に彼女が出来た、と聞いても、読んでも、見ても、そこに真実はないのです。

その理由は?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年5月23日 13時31分
相手に言いたいことは、自分に言いたいこと
 
相手に言いたいことは全て、自分が自分に言いたいこと。
魂の声を聞きたいという方は、それを認めると早いですよ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年5月15日 10時31分
彼との間にある最大級の勘違いを自分で終わらせる。
 
ツインに出会うと感情の感じ切りが必須、という事の意味。
出来ています、やってます、という事では足りない理由。
二人が一緒になれない勘違いを自分で終わらせるためににも感情の感じ切りは必要なのです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年5月3日 8時5分
感情を感じ切る=潜在意識の書き換え
 
感情を感じ切るとは潜在意識の書き換えです。
誰かにしてもらうのではなく、自分で自分のために出来ること。
潜在意識は自分で書き換えられます。
潜在意識が自分の願いに沿ったものになるから、願いを叶えられる自分になるんです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年3月13日 15時14分
感情を感じ切るのは宇宙との共同作業
 
よく、質問で「感情が扱えないほどに大爆発したりしたらどうしたらいいですか?」
「怒りが止まらなくなったり、悲しいのが止まらなくなったら、どうしたらいいのか」と聞かれます。

そんな事、起こる可能性があるのでしょうか。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年3月9日 11時53分
私はできている、という驕りの副産物
 
感情を感じ切る?結構できていると思います。
ちゃんと向き合ってますから、大丈夫です。
そもそも、事象も起きないし、感情が揺れることもないんで
もう終わりかなって思ってます。

と思っている方は要注意です。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年2月16日 22時29分
感情は味わうものではありません。
 
感情を感じ切っているつもりが、味わっていませんか?
感情は味わうのではありません。
ここ、重要です。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]



2018年2月11日 13時8分
感情を感じきると潜在意識が書き換えられる理由
 
感情を感じきる過程の中で潜在意識の書き換えが起こります。
なぜ、それが行えるのか?
なぜ、感情を通じてじゃないと、潜在意識は書き換えられないのか?
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:感情を感じきる・情報] [コメント (0)]




  次の10件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved