このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
Aレイ さん
神的マイブロ
地域:静岡県
性別:女性
ジャンル:趣味 アニメ
ブログの説明:
Aどっとレイブログ
カテゴリ
全て (11)
アクセス数
総アクセス数: 4674
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 2
RSS
命を落としかけた酒乱の友人
 
2013年7月1日 15時25分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


私の友人(30代男性)は、酒乱です。
そのために体を壊しました。
友人とは酒飲み友達で、
いきつけの串カツ屋で一杯のみ、
そのあと、コンビニで焼酎を数本買って、
友人宅で飲み明かすこともよくありました。
驚くのは、その酒量。
一人でウィスキーを一本のみほしたあと、
ワインを数本あけることも軽いものです。
毎晩、一人でも飲んでいるようでした。

ある日友人から夜中に電話がありました。
腹痛のために救急車で運ばれ、そのまま入院するとのこと。
友人は一人暮らしのため、入院準備も何かと不便だろうと
病院にかけつけました。
病名は急性すい炎。
ベッドで激痛でのたうちまわる友人をみて
こちらまで脂汗がでるくらいに痛ましかったです。

そのあと、アルコールは一切禁止となり、
食べ物の制約も厳しいものになりました。
特に脂っこいものは厳禁だそうです。
もう友人と串カツ屋でのむことも
できなくなると思うと少しさみしい気がしました。

約1カ月後に退院してからは、
お酒を断ち、食生活にも気をつかうようになりました。
巨体だった体もひとまわりもふたまわりも
小さくなり、体も引き締まった感じがしました。

しかし、その禁欲生活は友人には酷だったようです。
量が減ったとはいえ、お酒がやめられなかったのです。
あれから2年になりますが、
救急車で運ばれること3度。
3度目のときは、さすがに医者に怒鳴られたらしいです。
いつ命を落としてもおかしくないと。

酒の楽しみも、食べる楽しみも失うのなら、
生きていても仕方がないとまでぼやいていた友人でしたが、
3度目のときの痛みは尋常ではなかったようで、
心を入れ替えたようです。
命にはかえられません。
とにかく、自制して体を大事にしてもらいたいものです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/arey/259667

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved