このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
Asia Presswire-ブロくる
Asia Presswire さん
Asia Presswire
地域:東京都
性別:女性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
Asia Presswire offers most updated news in Asia.
カテゴリ
全て (148)
アクセス数
総アクセス数: 14261
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 34
RSS
テクノロジーがいかに取引の局面を変えるか
 
2020年5月18日 22時9分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


Covid-19の発生によって世界の金融市場は不安定となり、この恐怖と混乱の中で、多くの投資家が安定性や一貫性、資本の安全保証を求めています。これは、投資家のリスクが高まるにつれて、Covid-19によるこのパンデミックの初期段階において、金などの安全な資産の価格が上昇していることなどからも見てとれます。
しかし、株式市場での損失を補うために、有形資産を売って現金を得ようと先を争う投資家が多くいたことで、Covid-19のパンデミック以降一時的に金価格が下落しました。このように、安全な避難所となる資産においてボラティリティが完全になくなるわけではありません。
また、これにより一部の投資家は、アービトラージ取引という古くからの形式に再び戻るようになりました。特に現代では、新しいテクノロジーにより従来のアービトラージに見られた固有の問題の多く解決されています。
そのようなシステムのひとつが「アドバンストMetriXs AIアービトラージシステム」です。これは、洗練された分析と最先端のテクノロジーを金融投資に統合し、透明性と最高水準のセキュリティに重点を置く革新的な企業、Ascendancy Management Limitedの独自の暗号通貨アービトラージ取引システムです。
「アドバンストMetriXs AIアービトラージシステム」は、最先端の人工知能(AI)技術、ディープラーニング、高度なアルゴリズムから構成されるアプリケーションを効果的に活用し、ひとつの取引所で4つの暗号通貨取引ペア間でアービトラージ取引をリアルタイムで実行できるシステムです。
このシステムは継続的にアップグレードされるため、取引の実行において絶対的な精度が約束されます。これにより、従来のアービトラージ取引が以前から直面していたタイムラグやコストなどの問題を取り除きます。
さらに魅力的なのは、システムのAIテクノロジーである「Matrixアーティフィシャルインテリジェンス」は、Binanceなどの主要暗号通貨取引所でアービトラージ取引を実行できることです。その莫大な取引量により、24時間年中無休でアービトラージの機会を逃すことはありません。
しかし重要なのは、資本保護において、いまだかつてないレベルのセキュリティや透明性、保護機能を利用者に提供するために、革新的な方法でどのようにブロックチェーンテクノロジーを適用するかが課題です。
Ascendancy Management Limitdは、イーサリアムベースのDAPPとスマートコントラクトを使用して、取引プロセス全体を通して投資家の資金を保護し、資金の安全を確実にし、操作されることなく、いつでも確認が取れることを保証しています。これは、今日までの金融資産取引の業界では間違いなく前代未聞の新しい手法です。
Ascendancy Management Limitedは、テクノロジーを活用して安定性、一貫性、収益性を提供し、従来にない新しいビジネスモデルを提供しています。そしてその魅力は留まるところを知らず、金融資産取引界を根底から揺るがすほどの資本保護を完璧に提供しています。

Company Name: Ascendancy Management Limited
Contact: Mr. Shi Kai Ming
Email: customerservice@ascendancy-email.com
Website: https://ascendancy-mgmt.com/index

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/asianewsreport/444725

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved