このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
沸騰水型原子炉と加圧水型原子炉 (2)
 
2006年9月15日 9時0分の記事



【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


前回は、沸騰水型原子炉について書きました。
今回は、加圧水型原子炉です。

英語では、Pressurized Water Reactor (PWR) と言います。

沸騰水型原子炉との違いは絵にある通り、ウランの核分裂によって熱せられた水は、単に循環していて、蒸気発生器の部分で、もう一つのパイプで、別の水を沸騰させている点です。

ウランがあるほうの水を「一次冷却水」、沸騰してタービンを回しているほうの水を「二次冷却水」と呼びます。

※なぜ「冷却水」と呼ぶかは、また今後書いていきます。
(「今後書きます」って書いた言葉がいろいろあってすいません)

一次冷却水のほうは、非常に高い圧力がかかっていて、水は沸騰しません。液体のままです。でももちろん100℃をはるかに超える温度になっています。(圧力がかかると、沸点、つまり液体から気体になる温度が高くなり、100℃でも蒸気にはなりません)

その高温の水が、蒸気発生器で二次冷却水を沸騰させます。

このように2系統の水の循環を使うことによって、
タービンへ流れる蒸気のほうは放射能汚染されないという利点があります。ここが沸騰水型原子炉と比べての利点になります。ただし、蒸気発生器があるぶん、原子炉の構成が複雑になります。


-----------------------------
よかったら、クリックして下さい。お願いしますm(_ _)m


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/atom/2051
くる天
クリックお願いします
人気blogランキングへ
プロフィール
ピカチュウ さん
原子力ブログ
地域:福井県
性別:男性
ジャンル:教育・学校 学問(理系)
ブログの説明:
何かと批判のある原子力発電のことを少しでも皆様に理解して頂けたらと思います。
アクセス数
総アクセス数: 58835
今日のアクセス: 8
昨日のアクセス: 10
カテゴリ
全て (7)
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved