このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
azkk さん
アパレル業界にまつわる話
地域:大阪府
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
日本のファッションとアパレル業界の現状とは。
カテゴリ
全て (10)
アパレル業界の今 (4)
ファッションの話 (4)
ファッションを仕事に (2)
アクセス数
総アクセス数: 33936
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 7
RSS
海外で人気を集める日本のファッション
[ファッションの話]
2011年10月31日 16時28分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


ファッションの本場と言えばフランス、パリ。

いつの時代も日本人は西欧人のブロンドヘアーと長い手足に憧れ、アパレル業界においてもそのファッションを真似てきました。

しかし何と今はその逆。パリには日本のファッションに憧れる若者たちがたくさんいるのです。

この話を聞くと、「ああ、コスプレでしょ」と思う人が多いはず。実際にフランスで日本のファッションが流行し始めた頃は、アニメキャラクターやビジュアル系バンドのコスプレが大半でした。しかし現在では日本の高校生の制服やギャルファッション、ギャル男ファッションまでが流行しているのです。

今年のジャパン・エキスポ(1年に一度開催される日本文化をテーマにしたイベント)では、制服のファッションショーやギャル系アパレル・ブランドの展示会が行われ、多数のパリっ子たちが訪れました。中には日本の作業服を気に入り、購入していく人もいたそうです。「小悪魔ageha」や「JJ」などの日本のファッション誌も書店で売られており、パリっ子たちはみなアパレル・ブランドが多数店舗を構える原宿や渋谷を憧れの場所と思っているそう。日本人がフランスに憧れるのと全く同じようですね。

お隣の中国や台湾でも日本のファッションは大人気。北京では今年の春に東京ガールズコレクションが開催され、日本のアパレル・ブランドも多数参加し、大成功を収めました。

このような動きをビジネスチャンスにしなければいけないのが日本のアパレル業界。国内の市場が縮小を続ける今、海外展開が、アパレルメーカーが生き残るための鍵となるでしょう。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/azkk/178820

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved