このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
一瞬間的幸福 さん
一瞬間的幸福
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:ニュース 社会
ブログの説明:
一瞬間的幸福
カテゴリ
全て (4)
健康 (0)
美容 (0)
家居 (0)
育兒 (0)
アクセス数
総アクセス数: 421
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 1
RSS
紅塵深處
 
2017年6月6日 19時6分の記事

時光荏苒,如今又行走到秋的盡頭。紅塵深處,記憶的靈目似在頻頻回眸。曾癡望青山蒼翠鬱鬱蔥蔥,眷戀溪水逶迤涓涓順流,還有那聞香而來的群蜂飛、彩蝶舞,花蕊錦繡。一叢叢嫵媚嫣然,一樹樹枝繁葉秀。那些花間葉隙的緋色情事,追隨著繽紛落英的腳步,已然悄無聲息地遠走。惟獨剩下杆杆秋闌畫岫,羞澀的垂眉弄墨,斜倚欹欄等待東君的下一次回首……

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


時光荏苒,如今又行走到秋的盡頭。紅塵深處dermes 激光脫毛,記憶的靈目似在頻頻回眸。曾癡望青山蒼翠鬱鬱蔥蔥,眷戀溪水逶迤涓涓順流,還有那聞香而來的群蜂飛、彩蝶舞,花蕊錦繡。一叢叢嫵媚嫣然,一樹樹枝繁葉秀。那些花間葉隙的緋色情事,追隨著繽紛落英的腳步,已然悄無聲息地遠走。惟獨剩下杆杆秋闌畫岫,羞澀的垂眉弄墨,斜倚欹欄等待東君的下一次回首……
  
  幾分寥落,或許還在眼裏聚集。但曾經的雲錦琉璃,早已盡收心底。無聲無息,不是代表沒有歡喜。不言不語,並不意味沒有感激。歲月豐盈,人們曆練過不計其數的悲喜。生活負累,時間送來一雙飛翔的羽翼。沒有解不開的謎題,沒有什麼過不去,難的是如何在人間煙火裏溢滿生息,難的是怎麼把握與珍惜,珍惜每一天的行之不易。
  
  當秋天拉開最末一個節氣的序幕,這就意味著離秋光老盡不遠了。好像這個轉換季節的過度期,平常人早已是司空見慣了。只是一些文人墨客,不甘於秋的落寞、蕭索,大肆渲染著悽楚與別離。如若不製造點淩亂殤綣,就不能稱之為是最後的秋色。如若不寫點風起葉落,就不能算是一個季節完美的收官之作。也許這是他們應盡的職責,執筆就該為世間的一切唯物而歌……
  
  風吹走了棲息在殘葉上的清涼,溫吞吞的小陽驟然穿越雲層流瀉過窗。憑欄望,菊、桂還在矜持凝香。側耳聽,秋葉已沙沙響。難道窮秋末路,只能悲憫一場,愴然淚下的殤?阡陌上,變得越來越空蕩,莫非只能看dermes 激光脫毛
,片片落葉的流放?真的不想這樣,癡癡地祈禱陽光,時刻照耀我的心房,願心中的院落新兢鐫鵝ま狡縈繞芬芳……
  
  閉上眼睛,細細品味秋的心情。有太多緋色心聲,此刻好想說給你聽。原想順著秋的藤蔓,攀岩寂夜的時空;原想躍入浩瀚蒼穹,問一問秋天的群星;原想借一束逸渺清輝,尋覓前塵的孤單背影。時光流瀉,寒霜微重。一盞孤燈dermes 激光脫毛,舊夢難成。天空不時旋起陣陣狂風,花兒依舊一瓣一瓣地落下,葉子仍然一葉一葉地飄零。這些跌碎的靜美秋闌場景,我將全部納入心城,而後輕輕地、細細地、娓娓地道與你聽……

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/bandwd/384169
最近の記事
11/17 19:07 電工自學編程行騙 上萬人被騙1億
10/31 17:18 免疫力差?
06/20 16:07 健康的好身體
06/06 19:06 紅塵深處
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
11/17 19:19 則要隨遇隨安

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved