ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2020年7月4日 8時20分
Masterキートン
 
名作です。

名作ですが・・・・・、これは、何ていうジャンルになるのだろうか?

主人公は、スーパーマンのようでいて、
スーパーマンではない。
スーパーマンになりきれない主人公。

いろんな困難に、創意工夫でのりきっていく
主人公の姿は、かっちょいいです。

百合子が、ヤワラちゃんに見えて仕方ないのだが、
まあ、この人の書くのは、そういうものなのかもな。



パートナーに強く執着してしまう
[カテゴリ:その他] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月29日 8時20分
風の谷のナウシカ
 
名作ですね。

毎回見るたびに、ラストのオームをとめるシーンに
感動してしまう。

まあ、ラピュタのような、バルス!、に相当するものは
ないので、再放送のときに、
偉いことになるようなのはないのだけれど。

ただ、もし、そういうのがあったら、
同じようなことにはなるんだろうなあ。




頑張っているのに人から責められてしまう
[カテゴリ:ジブリ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月22日 8時19分
カリオストロの城
 
ルパンなので、ハードボイルド、にしました。

違う!という意見もあるかもわかりませんが、
ルパンかっこいい、次元渋い、五右衛門かっこいい、
とっつあん渋い、うん、ハードボイルドだ、ということで。

独断と偏見で、ハードボイルド、です。

盗んでいったのは、あなたの心です、はい。

テンポがいいのがいいですな。

何回も再放送されていますが、いいものは、いいものです。



人の気持ちを試すようなことをしてしまう
[カテゴリ:ハードボイルド] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月21日 8時19分
刀語
 
これは面白かった。

詐欺白兵は、すごかった。
すごい闘いだった。

というか、ねーちゃんが強いんだよね。

あのねーちゃんに、なぜ七花が勝てたのか、
そのあたりはよくわからなかったがな。

最後まで、面白かった。

なんだろうな。
何が面白かったのか、自分でも良くわからないが。

雰囲気が好きだった・・・のか?




ぞんざいに扱われているように感じるとき
[カテゴリ:戦闘もの] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月20日 8時18分
時をかける少女
 
これといって、何がいい、というわけでもないが、
全体的に、絵もそうだが、ゆる〜い、雰囲気があって、
それが個人的には良かった。

ジブリではないのだが、
なんとなく、ジブリっぽい。
角川さんは、そういうのを意識したのだろうか?

まあ、そんなところで。




親からの愛情が感じられないパターン
[カテゴリ:特殊能力] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
最近の記事
07/04 08:20 Masterキートン
06/29 08:20 風の谷のナウシカ
06/22 08:19 カリオストロの城
06/21 08:19 刀語
06/20 08:18 時をかける少女
06/19 08:18 天空の城ラピュタ
06/18 08:17 スペースコブラ
06/17 08:16 カウボーイビパップ
06/16 08:16 アザゼルさん
06/15 08:15 ペルソナ4

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved