このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1478)
アクセス数
総アクセス数: 52963
今日のアクセス: 39
昨日のアクセス: 66
RSS
憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエル
 
2020年3月30日 3時24分の記事

憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスのバーキンですが、誕生エピソードについても、誰もが知るところで、イギリス出身の女優で歌手である、ジェーン・バーキンが商品名の由来となっています。


彼女が、物をたくさん詰め込まれた籠を使っているのを五代目にあたるエルメスの社長が目撃し、何でも入れられる、使い勝手の良いバッグをプレゼントすることにし、こうしてバーキンが生まれたのでした。


これはもう、大変な人気のある商品ですので、物の状態にもよるのですが高い値段での買取が期待できます。


ブランド物の買い取り相場を正しく知るのは、そう簡単ではないのですが、ただ有名ブランドのバッグに限っては、話は別です。


ネット検索でもかけてみれば容易に判明します。


中でも、鉄板の人気を誇る定番商品の場合ですとその常に変わらぬ人気ぶりによって、買取価格は簡単に把握できることが多いです。


買い取り価格が予想もつかないものとしては、有名ではないブランドのもの、知られていない商品、それから最新のもの、相場のパラメーターである人気が、うつろいやすい流行に依存するアクセサリー、装飾品の類です。


こういった物の買い取り価格については、ネット検索で探しても情報を得られることはないでしょう。


業者に査定を頼むしかありません。


比較的若い人達から人気を集めているヴィヴィアン・ウエストウッドは、イギリスのファッションブランドで、創始者である女性デザイナーの名前を冠しています。


ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、王冠と地球の宝玉を表したものがブランドロゴマークですが、これをアレンジした数々のアクセサリーも魅力の一つです。


服飾が目立つブランドなのですが、バッグや財布、アクセサリーや靴、ベルト、小物、時計と色々揃っていて、コレクターにとっては集める楽しさがあるでしょう。


人気のあるブランドではあるのですが、ブランド品買取店では高い値段での買取対象となるものと、ならないものがあるでしょう。


中古ブランド品の売却先をどこにするか、お店選びは重要です。


少しでも高く売りたいなら、売りたいブランド品の、客観的な商品価値の有る無しで利用先を変えるというのは、良い方法だと言えるでしょう。


いつでも人気のある有名ブランドの品物ならば、規模の大きい業者を利用することで状態の善し悪しもありますが大抵の場合、高額で売却できるようです。


ところが、さっぱり買い手のつかないことが予想される、人気のないブランドや商品だと全国展開しているような大規模チェーン店などでは扱ってくれないこともありますから、名前の通っていない中小規模、あるいは個人経営のお店などを利用することを考えた方が良いようです。


大手と違い、買い取ってもらえる可能性があります。


ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、ジュエリーとシルバー製品で名を馳せております。


特に指輪やネックレス、またピアスなどのダイヤモンドが使われたアクセサリーが高い人気を誇ります。


ですから、結婚指輪として、また婚約指輪にティファニーを持ちたい、と望む人が大勢います。


そして、女性には特に人気の高いブランドとなっています。


不要になったティファニーのアクセサリー類などを、買取店に持ち込もうと考えたなら、必ずその前に、商品の現在における大体の相場を、ネットを利用するなどして知っておき、最初に訪れた一つの店ですぐ決めてしまうことはせず、他のいくつかの店にて査定をしてもらった方が無難です。


ティファニーは、買取店によって値段がだいぶ異なる可能性があります。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/burandokaitori/442651

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved