このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1334)
最初にお読みください。 (3)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (308)
アクセス数
総アクセス数: 180256
今日のアクセス: 94
昨日のアクセス: 170
最近の記事
10/19 20:39 無党派層の皆さんへ。 長期低落国賊自民にあなたの一票でトドメを!!
10/18 20:41 国賊VS国民 公金着服国政私物化国賊自民政治こそ最大の国難
10/17 20:03 【賊はやっぱり賊】加計断行。【極道の開き直り】
10/16 20:19 ”国難解散”という有り得ない異常
10/15 20:16 …や、やっぱり変質者スケーターとしか、
10/15 14:11 拉致被害者家族は拉致徹底プロパガンダ利用の外道安倍糾弾の先頭に
10/14 20:50 立民・共産は共闘の上、速やかに投票モデルの提示を
10/13 20:17 続・フィンランディア雑感 火災報知器(?)編
10/12 20:35 フィンランディア杯雑感 実況スレ(?)編
10/12 20:04 政治と言論を腐らせる邪道専科の国賊政権から離脱を
カレンダー
<<2017年05月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
壺頭安倍筆頭・サル未満唱和の、美し(うまし)国(キリッ)
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2017年5月7日 18時6分の記事

政治ネタ、ちょっとだけ。

ドブネズミチャバネ安倍マリオ嫁曰く、私的行動であるはずの講演に公務員が随行している時点で公私混同、私的流用という立派な犯罪だ。
また、森友学園の各種不正が問題になるというなら、その不正主体を便宜供与専門裏口窓口綴じ蓋安倍昭惠以下、各種不当手段で以て全力後押し、それ抜きでは通るはずもないそんな不正をまかり通らせた国賊自民の連中もまた、立派な犯罪加担者共同正犯に他ならない。
そのズブズブの真っ黒確定済みアッキード大疑獄に対する国民の疑念をどこ吹く風、笑い話にして一顧だにせず、辞任どころか任期延長・長期独裁へ着々布石を打つ割れ壺安倍以下国賊自民とその賊に歩調を合わせて幕引き・目先逸らしに全力を傾注する逆賊メディアの態様は言うなれば、韓国において公金流用を行った朴がそのまま大統領の座に居直り続け、韓国メディアもまたそれを全く問題として取り上げない事を意味する。
どこまでこの国が情報統制の行き届いた国賊自民によるまごうかたなき強権独裁国家であるか理解出来るのがこの森友問題だが、それは証人喚問の要不要を決めているのが、主権者国民ではなく犯罪当事者のドブネズミチャバネ安倍マリオらである事からも見て取れる。
朴シンパと寸分違わないどころか、自浄能力が全く働かないという意味においては、その腐敗ぶり異常さは韓国の比ではない。
朴や金暗殺は連日連夜盛大に取り上げても、この森友にはまともに斬り込もうともしない、、幼稚園児にイスラム国とK.K.K.のハイブリッド思想を刷り込み、報恩玉砕を至上の美徳とする森友学園の理念にむせび泣かんばかりに感動共鳴、理想を見出し、その極右洗脳学校実現にいかなる協力も惜しまない、というドブネズミチャバネ安倍マリオ割壺綴蓋夫婦を番頭一枚目にいただく”腐らば諸共!”国家的テロ続々断行のカルト組織日本会議の直属政治結社、広域指定暴力団安倍組こと国民ラストの会国賊自民政権及びお涙頂戴話で最も報道すべき問題から目先逸らしが最優先至上任務、プロフェッショナルな野次馬にして数字しか見えない思考停止の節穴、国家的テロ集団国賊自民による血税横流し接待ズブズブでこれと緊密連携結託して大本営国賊自民のデマを右から左へそのまま流す有様はまさに北朝鮮メディアのそれ、国賊自民の思想統制洗脳教化に多大なる貢献を果たす、発禁相当純正デマ一番終われる痴呆紙四国3D新聞やNHK(@御用)、"噂話は立派な情報源"産経ら、お触り厳禁の国賊癒着洗脳専科テロリスト幇助御用反知性反良識猛毒VXブラックメディアどもが如何に極悪の部類か知れるのがこの森友問題である。

勿論そのオワコンぶりは今に始まった話ではなく、由緒正しい伝統あるこの国のお家芸だ。

フランスでは


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


大統領予備選でルペンとマクロフ氏が残ったようだが、今回は、前評判が悉く覆った(それにしても、イギリスEU離脱に驚天動地のバカ全開・四国3D新聞御用弁士伊藤洋一らに典型なように単に自称専門家どもに見る目が全くなかった、というだけの話ではあるが)EU離脱や米大統領選とは異なり、おそらくは下馬評通り、マクロフ氏が勝利する可能性は高いと考えている。
何故ならば、ひとつには利権対ポスト利権の争いという構図になったアメリカとは異なり、第三極同士の戦いであるからだ。
ルペン対マクロフ氏の戦いをトランプ対クリントン氏に準える向きもあるようだが、これは正確ではない。ルペンとマクロフ氏の構図は正しくはトランプ対サンダース氏の構図だ。
従って仮にマクロフ氏が勝利したとしてもそれは新興に対する従来政治の勝利を意味するものではなく、言うなればトランプ対サンダース氏において既存政治改革を訴えながらもより融和的な政策を掲げるバーニーちゃんが勝利するの意味に近いだろう。求められているのは現状維持ではなく現状打破改変である事に変わりはない。

どちらにしても二大政党敗退に見られるように既存政治にNOを突き付け第三の選択肢を選んだ、という意味ではイギリスのEU離脱やトランプ選出、あるいはサンダース氏善戦とその傾向は同じであり、それは歴史の必然だ。

これまでの政治がごく限られた持てる者本位、それ以外は使い捨て・切り捨ての利権迎合政治であり、万人の等しい権利享受を謳う民主主義に照らして明らかな大失敗であったのは、1%の人間が99%の富を独占するような、富の偏在を見れば自明だ。

であるならこれを糺さなければならないという意識それ自体はあって当然の歴史の要請であり、イギリスEU離脱やアメリカ大統領選そしてフランスにおける二大政党敗退は、言わばその時代の要請に呼応するものであって、その指向性それ自体は評価出来る。

ま、仮にフランス大統領選の結果がルペンに転んだとしても、少なくとも震災後の選挙においてロジック皆無・民主憎しのまさにその一念で凝り固まり、よりによって利権迎合強者迎合政治の本家本元、大御所最凶国賊自民に先祖返りしてるようなどこぞのサル未満国家よりは、問題の所在を認識する知能を持ち、その問題を打開すべく動く事が出来る分、遥かにマシである事はだけは確かだ。

今、サル未満と指摘したが、おサルさんにも生存本能生存有利の命題に背いてわざわざ自分の首を締めるような愚はしでかさないだけの知恵は当然ある。
世に”サルにも分かる○○”というフレーズがあるが、そのサルをもしでかさない愚をわざわざ選んで自らの首を締めて喜んでいるあたり、土人どころかサルにも理解不能の、まさにサル未満の所業に他ならない。

いやしくも高等生物を名乗るなら最低限、せめてその自覚くらいは持つべきだが、その自覚すら持てないところがまさにサル未満のサル未満たる所以だ。

ま、サル未満に知的思考を求める事それ自体が出来ぬ芸当無理難題とはいえ、それが現在のみならず未来に齎す悪影響の深刻さ甚大さを考えればその底の抜けた程度の低さはまさに犯罪的と言えるだろう。












* * * * * * * * * * * * *

著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。
ただし、「”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア」カテゴリの記事につきましては、「「TALES OF NIGHTINGALE」より転載」である旨明記くだされば、非営利目的の場合に限り、画像・文章ともに(一部抜粋を含む)転載可とします(加工・一部修正等については従来通り不許可です)。
みんなで稀代の脱法集団殺憲殺民売国自民及びその四国3D新聞やNHK(@御用)らテロ支援三下ブラックメディアどもを撲滅一掃淘汰しましょう!

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved