このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1293)
最初にお読みください。 (3)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (288)
アクセス数
総アクセス数: 172421
今日のアクセス: 27
昨日のアクセス: 162
最近の記事
08/19 21:02 そして固唾のFP…、
08/19 17:14 SP曲…、
08/19 09:12 サマス…ケ…、
08/15 21:14 青い星の、紅い夕暮れ
08/15 20:10 終戦の日に寄せて
08/06 20:50 ハイパー方面絶好調な日々…
08/06 18:26 ちゃぶ台返し改造・解散連発は国政蔑ろ・無能独裁邪道の証
08/06 15:01 台風5号様お迎えにあたってのうどん県民の心得
07/30 20:32 CANAL流・正しい土用の過ごし方
07/30 19:53 国賊自民と逆賊メディア駆虫の流れを点から線へ
カレンダー
<<2017年05月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
誰も眠らせぬ、腕
 
2017年5月13日 19時59分の記事

羽生に表現なきの自己証明案件、書くのは当分先になると思う、
骨子自体は30文くらいで書けると思う、けど関連するしたらばスレとかのコメ全部引こうと思ってるので、それにすごく時間がかかる…、まず秋以降は確実、


こないだ羽生にはおよそ真の表現と呼べるものなんか存在しない、って話書いたけど、言っとくけど、羽生の演技に感動するのは間違いだ、とか、羽生の演技を好きになるのはおかしい、とか言っているのではないよ、
好みや感動ポイントはその人次第、だし、その巧さゆえに、ではなく拙さゆえに心動かされる事さえあるのが人間だ、…まぁ羽生マンセーの場合は、そこに拙さではなく巧さがあると思(い込んで)って言ってるわけだから、問題の根が深いわけだけど、

とにかく何に感動するか、何を好きになるかはそれこそ千差万別、人それぞれ、余人の関与する領域ではない、しかしながら、

その感動や好みを卓越した表現力ゆえ、とダイレクトに直結させる事は明らかな誤り、

と言っているだけ、何故ならば、そうした感情を惹起する原因は、何も表現だけとは限らないからだ、

感動の度合いや好みは表現有無のインジケーターにならない、

という事だね、


宇野の来季、トゥーランドットとビバルディなのか…、
ビバルディはともかくトゥーランドットの焼き直しは率直に言ってちょっと残念だな…、多少なりともアレンジするのかも知れないけど…、こないだ『表現雑考』(http://blog.kuruten.jp/canal-field/381678)で、

「これだけの表現があるのによりにもよってこんなつまらないプロをわざわざ選ばなくてもいいのに、というケースはあるにせよ」

って書いたけど、私的に、宇野にトゥーランはまさにそのケース、昨季のトゥーランドットも宇野の優れた表現で以て一応魅せる作品に仕上がってはいたものの、プロそれ自体としてはむしろ凡庸の類、宇野の腕はああいうつまんねープロのためにあるのではない、

今季のプロがどちらも宇野の潜在力持ち味を遺憾なく引き出すにまさに打ってつけだっただけに尚更残念感いや増し、本人の表現への入り込み具合から見ても今季のブエノスアイレスには及ばないだろうし、…まぁ昨季はシニアに上がったばかりで右も左も分からず、演技をこなすだけで精いっぱい、って部分も多分にあったろうとは思うが、

…もしかして荒川にあやかって、という験(げん)を担ぐ意味合いもあるのか?

まぁ、あの腹の座ってるキム(ヨナ)ですら験担いで五輪シーズンは青衣装だったりしたくらいだからそれが多少なりとも心の安定に繋がるんならそれはそれで意味あるだろうが、これだけの素養があれば持ち味をきちんと発揮出来さえれば験なんか担がなくとも結果はおのずとついてくる、

まぁ、トゥーランは作り易いのは作り易いし、五輪シーズンは実験的なプロで冒険はしにくいし、無難に手堅く、という意味では悪くないのかな…、

個人的には、ラベンダーと同じく浅田のお下がり、という意味でもしかしたら来るかな?と思ってたのが、


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





『第二番』、

だったんだけど、

第二番も比較的作り易い曲だけど、それだけに解釈が固定してる、というか、限定されがち、そこで

もし使うならここはひとつ、リッポンの第二番のように敢えて変則的な解釈の第二番、かなり難しいアプローチだけど、宇野の腕ならまぁ出来ない事はない、それならちょっと見たいかなぁ…、

とか思ってたんだけど…、トゥーランと第二番なら第二番のほうが見たいなぁ…、まぁ、それも今季プロよりは優先順位落ちるんだけどね、今季のSPにリリカル、FPにハード系という組みあわせも体力のある宇野的に理想だったと思う、

今週国別録画に向けてDVDダイエットやってて、ワールドだかのラベンダーの演技後のスロー再生初めて見た(いつもは演技だけ)けど、スローで見れば尚更その表現の繊細さが際立って本当に美しいな…、

掌の返しだとか腕の伸ばし方とか見るにつけ、もしかしたらかーちゃんかばーちゃん、あるいは近しい親族にでも日舞の名取りか家元でもいるのかな、って想像してたんだけど、こないだしたらばの日本男子スレだか読んで知ったけど、じーちゃんが画家なのか…、それ読んで大いに納得、ああやはり、って膝打つ思いだった、やはり血は争えない、確かにあれは芸術家の血統だ、
背の低さなんぞはこの”破格の待遇”を考えればたんまりお釣りがくらぁな、








---------------誰も寝てはならぬ?


その腕の織りなす妙なる調べに気づけば、もはや何人(なにびと)たりともうたた寝すら叶わぬものを、



そゆ意味でもやっぱトゥーランはNG(笑)、


宇野は、非常に恵まれたフィジカルのみならず、これだけの感性を受け渡してくれた事を、とーちゃんかーちゃんじーちゃんばーちゃんのみならず、ご先祖様一同に深く感謝するんだな、




* * * * * * * * * * * * *
著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved