このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1497)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (375)
アクセス数
総アクセス数: 218020
今日のアクセス: 144
昨日のアクセス: 105
最近の記事
06/24 20:48 分析・6.18大阪地震
06/24 19:19 【昭惠関与確定】政治の大激震を見逃すな!【安倍退場確定】
06/23 20:51 「我が金権腐敗電通ジャパンに栄光あれ!」+W杯四方山
06/19 20:25 地震・サッカーを隠れ蓑にする政治的大激震・安倍退場決定打に要注目
06/17 20:48 現代のアトランティスとしての四国 〜『MIROKU CODE』〜
06/17 20:14 新潟首長選で暴かれた”不都合な真実”
06/16 20:26 華麗なるヘボサッカー全開なるか顔面ブルー
06/12 01:06 半島問題は平和裏解決が大原則
06/10 20:46 リングダイク補足
06/09 13:57 《責任取ったフリ茶番》日大アメフトで見る麻生給与自主返納の国民愚弄《選挙に行こう!》
カレンダー
<<2018年01月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
今年の天変地異 〜『MIROKU CODE』〜
 
2018年1月12日 20時41分の記事

とにかく一時大気圏離脱、

ところで、今年の天災についてだけど、地震については、去年の9月くらいにそこから年末までの状況が視えて、地震来る徴候がなかったので何も書かなかった(ホントは10月くらいにその旨書こうと思ってたんだけど国政私物化職権乱用解散で書き損ねた…、)けど、今年は年明け早々に2016同様の”トリガー”が視える…、
でも入るかどうか2016以上に微妙…私の感触では入らない可能性のほうが高い、でもトリガー自体は存在している、という事、どうなるのかな…、

今年は、

ごちゃんより。
「339地震雷火事名無し(東京都)2017/11/20(月) 23:15
続報:M7が再び襲ったニューカレドニア 津波を観測 日本への影響は…?
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22789.html

2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?
https://gigazine.net/news/20171120-2018-suffer-many-big-earthquake/

くるお(´・ω・`)」

これ↑みたいにデータ的にも地震が起こってもおかしくない兆候がある、みたいな記事も見かけるし、正月早々の誤報も暗示的、確か2016も誤報騒ぎがなかったっけ…?

2016熊本群発で阿蘇神社の鳥居が倒れ、人間の「鳥居さん」が犠牲になったように、あの世とこの世の結界が取れたから何が起こってももう不思議ではない状況だよ、
この人間の鳥居さんが巻き添えになった宿の名前が「火の鳥」だったけど、昨年秋に「不死鳥」も出た、

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





アップルの新型スマホ、

「アイフォン テン」

っていうからてっきり

「iphone 10」

なのかと思ったら、

「iphone X」

あれ、ローマ数字「勝廚鬟▲襯侫.戰奪箸痢屮┘奪ス」と見做して並べ替えれば中に「フェニックス」が内在してるよね…、

色々と”予兆”は揃って来てる…、

個人的には鬼界カルデラを最も注視してる、南の海がなかなか鎮まらない…、






* * * * * * * * * * * * *

著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved