このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1678)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (466)
アクセス数
総アクセス数: 280991
今日のアクセス: 15
昨日のアクセス: 203
最近の記事
11/17 20:48 【濡れ手で血税】一発退場・アベ桜を見る会【失笑もの幼稚園児レベルの詭弁で強弁開き直りも政治資金規正法違反】【呪われた元号令和を象徴】
11/16 15:27 2019仏杯男子FP宇野雑感
11/10 20:48 辺野古撤回応援こそ最大の沖縄応援&民主主義応援
11/09 20:32 花咲け!御三家
11/04 20:48 【格差奨励】辞任続出大炎上火だるま内閣総辞職は既定路線【居直り上等】
11/03 20:34 中華風日本語とヴィジョンな日々…
10/27 20:20 両陛下の平和への思いを同じくするなら国賊自民追放は不可避
10/22 19:40 【灼熱地獄&肥溜でお・も・て・な・し♪】失敗確定・金と嘘の東京汚倫ピック【端から無理筋】
10/21 20:33 両生類と多肉植物な日々…、
10/13 20:09 「実はこれ以上ない大成功!\(^o^)/」『表現の不自由展』・昭和天皇編
カレンダー
<<2018年02月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
平成版・裸の王様
 
2018年2月15日 20時9分の記事

診断書についてだが、足首を痛めた直後に診断書取ってるんだから全日本にあたって改めて取らなくて無問題、たら意見をしたらばで散見したが、全日本にはギリギリ間に合うというその当初の見立てとは違って回復が長引いたからこその欠場なのであって、だったらあらためて現状に則した診断書取って当たり前だ、勿論この場合、予後不明、というような診断書は意味をなさない、平昌までに間に合う旨確約明記の診断書だ、
そのあるべき欠くべからざる手順がなかった以上、詐病密約その他、選考の中立性を棄損する不正行為の嫌疑は絶対に晴れる事はないだろう、何の不思議もない、至って当たり前の話だ、


もうひとつ、昨日の投稿でオーサーを「骨折した馬でも走らせそう」って書いたけど、これは無論、根性論しか見えないヤオ暴力集団日本相撲協会や四国3D新聞やNHK(@御用)らメディアを騙る犯罪者集団から末端の相撲ファンに至るまでが昨年稀勢の里に対して、期待の名のもとに暗にゴリ押したように、

故障している人間にそれを度外視して練習試合を強要する、

という意味合いではなく、それとは対極の、

故障した選手でもそれに見合ったを調整を施してそれなりの結果を残せるように導く、

の意、まぁ、多少でもクリケットクラブの事を知ってる人間なら自明だろうが、ちょっとどっちにも取れるような表現になってしまっていたので補足、
今根性論を振りかざすトンデモ組織として日本ヤオ相撲協会や四国3D新聞やNHK(@御用)ら軽石脳(スが入ってスカスカ(笑))メディアの名前を挙げたが、言うまでもなくこれら低能テンプレ集団に限らず、負傷度外視は日本の無能指導陣にとってはもはやお家芸(笑)、


…であれ書いてて思い出した、そうそう、羽生といやもうひとつ、書かないといけない事があったね、すなわち昨季ここで触れたその表現の貧困と羽生マンセー部隊他の節穴についてだ、
それでは羽生の自称表現が如何に自己満の域を一歩も出るものではないか、また、その取り巻き連中がどこまでも目詰まりした盲目であるか、その証明を今ここでしてみて進ぜよう、

『来季羽生のプロについて』(http://blog.kuruten.jp/canal-field/381673)で書いた、

>羽生の表現皆無を羽生アンチではなく他ならぬ羽生マンセー部隊が我知らず(笑)自己証明、

してしまっているんだな(笑)、これが<

のその証明、いってみお〜〜〜!!

(参照『NHK杯男子FP雑感』(http://blog.kuruten.jp/canal-field/367906)
『『SEIMEI』に見る、羽生表現のデタラメ』(http://blog.kuruten.jp/canal-field/350022)
『唐突なる2016スケカナ地上波雑感 FP編』(http://blog.kuruten.jp/canal-field/392332))


『ホープ&レガシー』、だったっけ、昨季の羽生のFP、あれを演じるにあたり羽生はいみじくもこう宣った、

羽生 「風や木や水や(以下略)なんちゃらを表現」

さてここで問題です、

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





羽生が表現したとぶち上げ自己申告したそれら、水や木や風やなんちゃら(以下略)をあの演技から正しく読み取った人間が一人でもいたでしょうかっ?勿論、羽生がそのテーマを言明したN杯(もし羽生がそれ以前に言及していたならその自己申告)以前にだ、

残念ながら私の知る限り、答えは勿論

NO

だ、
アンチに止まらず熱心なマンセーにおいてさえ、そんなテーマを羽生の自己申告以前に読みとった人間は一人としていなかった、そらそうだ、あのプロにおいて羽生の腕にあったのは、

水や木や(以下略)の表現とはなーんの関係もゆかりもない、空疎寂寞荒涼とした波間に意味もなく漂う、ひたすらなるコンブの貧相な揺らめき、

ただそれだけだったんだからな、

…さぁ、

にちゃん(当時)より。
「268:氷上の名無しさん@実況厳禁(東京都)[sage] 2016/01/25(月) 21:17:33.19 pcLrxfBm0 (1/2) 引1 NG
>>263
そゆこと
最高級の神レベルの高難度と芸術性と完成度を
全てパーフェクトにこなした人類史上初めての選手
歴史に残るわそりゃ


958:氷上の名無しさん@実況厳禁(茸)[sage] 2016/02/03(水) 18:01:56.51 WNv12Of+0 NG
ユーロスポーツの実況解説は芸術性で羽生と比較対象になるのはブラウニングくらいだと言っていたね
ヤグディンでも羽生が勝ると
Pチャンに芸術性があるというロシアのフィギュア関係者は自分は殆ど見たことがない
ガチンスキーはかなり珍しいと思う


105:避難名無しさん[sage] 2016/03/20(日) 09:45:33 juKfJ3dU0 (2/3) NG
最強メンタルは橋本と高橋…
メンタルが全てで技術力までカバーできるわけでもないし
台乗り出来てない選手でもメンタルは羽生以上の選手だっているでしょ

メンタル、技術力、表現力合わせた総合力断トツが羽生


406(1):避難名無しさん[sage] 2016/09/07(水) 11:29:08 Kq9Bz0vg0 NG
でも現に羽生は世界中でトップオブトップ認定されてるから単に穴が無いなんて言うのは野暮だよ


407:避難名無しさん[sage] 2016/09/07(水) 11:32:37 FxCsv7egO[携] (1/2) NG
これと言ったウイークポイントが無い、穴が無いって意味なら羽生は十分そういう選手だと思うけど
本人は逆にまだまだ伸ばせる所は沢山あるので十分では無いと言いそうだよね

ジャンプ スピンも全く問題無く綺麗だし調子がいいパーフェクト演技の時の羽生は全てに丁寧だ


408:避難名無しさん[sage] 2016/09/07(水) 11:38:27 0x/M1DCE0 引1 NG
>>406
史上最高のスケーターと世界中で言われているからね」

あの時、関連コメを全部引く、って書いたけどとてもじゃないけどそんな時間が取れなくてこれだけしか引けんかったが、残りは時間取れ次第随時追加補充する事にして、これら冴え渡る節穴部隊に止まらず、四国3D新聞やNHK(@御用)らメディアを騙る犯罪者集団や名だたる自称識者から、果ては末端の羽生マンセー部隊末端隊員まで、年齢職業有名無名一切不問で羽生の自称表現を、

この上ない卓越したすんばらしいもの必見眼福!!!

たら言葉を尽くして一度でも手放しで褒め湛え、激賞した皆さん、

有りもしない衣装を着こんで得意満面の裸の王と、我こそは物の真贋機微を見極める優れた目の持ち主、とばかりにその愚王の有りもしない衣装を得意満面鼻高々で持て囃す、愚かしく滑稽な極め付けの節穴愚者の群れ、

まことに残念ではございますが、正しくあれがあなたたちの姿です、

…さぁ今こそ、今こそその額に稀代の節穴の烙印をきっかりと刻みなさいませ、何も遠慮はいりませんわ、

さぁ!!




* * * * * * * * * * * * *

著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved