このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1480)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (368)
アクセス数
総アクセス数: 214001
今日のアクセス: 59
昨日のアクセス: 128
最近の記事
05/20 20:49 『変身』発『雪国』経由『暗夜行路』行き超特急暗黒列車
05/20 20:21 《こんなボコハラム脳が大臣》日本の常識=世界の非常識《極道が牛耳る極東ボコハラム政権》《自称メディアも同穴貉》
05/19 20:53 NG追加ワード
05/13 20:54 水漏れ症候群な日々…
05/13 19:54 拉致解決絶望的状況は好戦極右安倍による妄想性お粗末亡国外交の因果応報《蚊帳の外が固定ポジ》《自業自得》
05/06 20:52 『木村さんが教えてくれたこと』
05/06 20:35 審議再開は麻生の首と引き換えが大前提
05/02 20:52 だるだるな日々…
04/30 20:50 鬱の極みのGW…
04/30 20:04 「外交」(自称)と言う名のトンズラ高跳び、そのほんの一例・血税湯水不要不急の中東漫遊
カレンダー
<<2018年02月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
全日本欠場羽生選出は小学生以下のお粗末裁定・後記
 
2018年2月14日 20時24分の記事

仮にどこかの大学がこんな情実裁定をなせば立ちどころにその信頼と権威を失う事は必至、当たり前の話だ、
ま、今回のスキャンダルは、対ナショナル必須の羽生以外の選手に対し条件有利を導き、彼らを不当に出し抜いている、という意味においては、ドーピングとさして変わりはない、私に言わせればな、
もしスカ連以下、羽生情実人事に異を唱えなかった連中が平昌後、何のお咎めもなし、という事にでもなればその時点で、

問題を問題と認識する知能すらない地を這う未開の土人国家確定

という事になろう、炸裂する安倍のデタラメ亡国政治をスルーの時点で既にそれは確定済み、という気もしないではないが、どっちにしても悲惨としか言いようがないわな、


ま、羽生に関しては、今回の故障がなくても

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





もう既に満身創痍だろう、少しでも匙加減を誤ればたちどころにどこかしらおかしくして、レコード更新か故障か、という状態がずっと続いている、故障は何も羽生に限った話ではないが、その程度と頻度が一際ひどい、個人的にはそんな人間に五輪強行や連覇を期待する事自体が、励みになる反面、大きなプレッシャーになりかねないようにも思うけどね、

『フェルプス、うつ病との闘いを語る 「命を絶たなくてよかった」』(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-35113642-cnn-int)

場合によっては反動でこう↑なりかねないのが五輪だからな…、
ましてこの国は、過去、コンディションの有無を問わず、選手に無理難題とも言えるような過大な期待を押し付けた挙句、時には自殺にまで追い詰める事例にかけては事欠かない実績十分の土人国家、稀勢の里の負のスパイラルが決して例外中の例外でない国、くわばらくわばら、

まぁ、羽生については、故障云々以前にちゃんと飯食ってそれが身についてるのか、まずそこからして多少は疑問がある、
ACだか何だかのSPでWR更新した時の画像が新聞に載っていたが、見間違えるほど老け込む、というか面やつれしてた(以来、気持ち悪くてまともに顔が見られない、目が逃げる…、ぐすすす、)、
ゴールドやリプニツカヤの例を持ち出すまでもなく、軽いほど有利な、従って自らの成長に伴う当たり前の体型変化や体重増加が選手にとって、場合によっては他選手以上に致命的脅威になりかねないこの競技において拒食症は何も女子の専売特許ではない、
女子ほど体型変化が激烈ではないとはいえ、体つきががっしりして来れば、たちどころにジャンプの精度に響くのは男子も同じ、
まぁ、個人的に私が今最も拒食症を懸念しているのはフィギュアではなく新体操の喜田だが、ヘルシンキワールド後の記事で、身体が軽くなるのでワールドは食事を抜いて臨んだ、みたいなのを読んだ記憶があるけど、今回の故障時に羽生が飯抜いてたかどうかまでは勿論知る由もない話だが、個人的には、例えその時抜いてなかったとしても、それまでのそうした食べたり食べなかったりも、今回の軽くない故障と決して無関係ではないと思ってる、
少なくとも、例え拒食症のような病的なものでなくても、特に羽生のように元々備蓄のないガリ体型の人間が、すきっ腹であまり跳んだりはねたりはしないほうがいいと思うけどね、

ま、ひとつだけ羽生にアドバンテージがあるとすればそれはやはりオーサーの存在だ、
羽生がオーサー門下でなければこの場で連覇なんぞあり得ないときっぱり断言して何ら躊躇はないが、バックについてるのが骨折した馬でも走らせそうなオーサーなだけに、何とかピークを合わせられれば数分間なら痛み止め打ちまくって演技出来ない事もない気はする、着氷側とは言え、足首は靴でそれなりに固定出来るしな、が、それさえも足首が持つか否か如何、ってところかな、







* * * * * * * * * * * * *

著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved