このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1553)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (394)
アクセス数
総アクセス数: 230988
今日のアクセス: 22
昨日のアクセス: 88
最近の記事
10/21 20:44 【矯角殺牛】おバカ集団ISUの辞書に”余白の美”という言葉はない
10/21 20:21 【民意不在】国政を歪め腐らす国賊自民独裁強権断罪を【お尋ね者勢揃い内閣】
10/19 20:40 N杯チケ
10/18 20:38 平昌と広島
10/16 20:07 …ば…んぐみの途中…です…が……?が、ぎ、
10/14 20:58 ジョーという病
10/14 20:09 【アベ災】民意蔑ろ踏みにじりは首尾一貫した国賊自民の大原則【辺野古ゴリ押し】
10/13 20:57 魂の色
10/11 20:47 夜も、昼も、
10/10 20:10 【邪道上等】”日本会議系広域暴力団安倍組内閣”の異常【どこを切っても犯罪者】
カレンダー
<<2018年06月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
リングダイク補足
 
2018年6月10日 20時46分の記事

米朝会談、ちょっと書きたい事あるけど昨日の投稿の皺寄せで時間取れなかた…、週明け時間取れるかな…、

先週書いた光柱、分かりやすく例えれば、…う〜ん、そう、

ヤマトの波動砲、

かなぁ…、

あれを地上に向けて撃ったらああなるかな…、

ただ、持続時間、そして光子密度(輝度)ともに波動砲の比ではなくて、半径数キロと思われる太い光の柱がしばらく地面と垂直に突き刺さってものすごいエネルギーだた、
まぁ太陽に比べるとさすがに光度は落ちる、かなぁ…、裸眼で見られるくらいだったから、なんというか、

崖を流れ下る滝の光版

みたいな感じ、
辺りは赤茶けたむき出しの荒野が延々続いてたから尚更、光の鮮やかさが際立っていた、というのもあると思う、けど、

あの投稿書いた頃ちょうど、ごちゃんのサーバーが落ちてたらしくて、”復活”という言葉が飛び交ってたのもなんか符号めいてる、かなぁ…、


光の柱といや、それが現れるのを火口の脇で待つ間、少し時間があったので、ふと思いついて、隣のハイパーレイに聞いてみた、

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「…私たちって、「ツインソウル」とか、そういうのなのか…?」

「違う」

速攻却下(笑)、

「ふ〜ん、そなのか、」

そらそだよね〜、

再び火口のほう向き直りながら、

じゃあ、何人かいるというソウルメイトの一人、とかなのかな…、あるいは、通りすがりの魂、とか(笑)、

何が始まるのか知らされてなかったし、火口見ながら呑気にあれこれ思い巡らしてたら、それまでずっと、上記やり取りの間も、火口から目を離さなかったレイがやおらこっち向いて、

「…どういうのか、知りたい?」

滅多に相好崩さない常時仏頂面なのに、この時はどうしたわけか、

にたああああ、

って口裂け男みたく笑うから、

「…や、いい、」

なんか嫌な予感しかしなくて思わず拒否、

だああって「相剋」とか「相侮」(@五行説)とか、そゆのだったらさすがに嫌じゃないか、そんなの(笑)、

だもんで聞けなかった、-------その時は、





* * * * * * * * * * * * *

著作権は画像を含め全て”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。一部改変を含め無断転載等はお控えください。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved