このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1649)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (446)
アクセス数
総アクセス数: 263204
今日のアクセス: 155
昨日のアクセス: 187
最近の記事
07/20 21:49 【嘘も方便全開】某売国奴アベ国賊自民追放なくして民主主義なし【政治家のフリしたヤクザ集団】
07/20 20:30 投票心得集【民主主義市民のたしなみ】
07/20 20:18 ゲッペルスアホ―に栄えある自民惨敗MVPを!
07/20 20:04 フェイクにフェイクを重ねるアベ改憲論
07/20 20:00 【害交のアベ】諂強挫弱以外の何物でもない韓国叩き【加害者主義】
07/20 15:07 投票に行かない皆さんへ
07/20 14:38 国民皆殺のアベは各種無差別事件容疑者の斜め上の大虐殺者
07/19 21:52 【蓮花自濁沼出咲】山本太郎という可能性【情熱と理性】
07/18 20:31 報告書受取拒否が示す国賊自民の更生不可能な犯罪性
07/17 20:19 「奴隷」か「市民」か。  あるいは「生」か「死」か。
カレンダー
<<2019年01月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
二島先行名ばかり返還(領有権なし・実質四島分捕られ)ならアベは真正無能売亡国奴確定
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2019年1月22日 19時46分の記事

月曜から1号のご飯の食いつきが悪くなり、今朝はとうとう二口モソモソ食べたきり…、急遽病院駆け込み…、

一本注射してもらってさぁ晩御飯、

てんでさっきおそるおそるご飯置いてみたら今晩はクパクパ完食…、は、


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


はあああああ、良かったあああああーーーーっっ!!、

も、1年分くらい気揉んだ、涙出た、ぐすす、

もおめちゃくちゃ疲れたぁぁ…、

とにかく飯食ってくれ、飯、快眠快食快便、それだけでいいいいーーーーーーーっっっ!!!

そんなわけで今はトイレもご飯も済ませてごーごー爆睡中のワンコズの横で急ぎの案件、

割れ壺頭アベが内政そっちのけで足繁くクレムリン通いに余念がないが、仮にそのいそいそ事ある毎のプーチンご機嫌伺いにも拘わらず、二島名ばかり先行返還、その実四島引き渡しで結着、とい事にでもなれば、これまでこいつが繰り出し続けた、

「まずはけえざいきょおりょくでろしあのじょおほをひきだす!!!」(キリッ)

たら妄言は国民を欺くための真っ赤な詭弁、であるのみならず、これまで、貸し切り温泉接待をはじめとした、巨額血税つぎ込みのこれまでの交渉は何の意味もなかった事が確定、それつまりこいつが真正無能にして真正売亡国奴である事の証明となる。

まぁ見物だな。

P1は唐突としか言いようがない突然の幕引き(笑笑笑)、

勿論理路整然まともな説明がない者ほど、こうした強制幕引き、その実シッポ撒いて逃走、と昔から相場は決まっている。ま、いかにも日本のボンクラ組織らしい挙動と言えよう。

この海自の体たらくにしてもアベの無能北方交渉にしても、こいつら及びその三下、四国3D新聞、NHK(@御用)、"噂話は立派な情報源"産経ら逆賊メディアといった売亡国奴の繰り出すデタラメ解釈に誑かされる事なく、本質を見極める思考が最も大事だ。



(週半ばで適当な画像が用意できないので、本論と直接関係ないけど、如何にこの売亡国奴が不正汚職駆使の極道か、一目瞭然なのでこれ↑置いとこっと(笑)。)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved