このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1725)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (500)
アクセス数
総アクセス数: 320145
今日のアクセス: 46
昨日のアクセス: 93
最近の記事
05/24 20:28 【まず報一矢】改正案見送りは居直り極道アベ独裁に対する民主主義と国民の勝利【隷倭三無のアベ】
05/23 21:11 「コロナ---「567」」 前編 〜『MIROKU CODE』〜
05/17 20:08 国民民主主義蔑ろ一目瞭然 最速検察庁法改正案・最遅コロナ対策のトンデモ【隷倭三無のアベ】
05/10 19:44 国民見殺し殺戮のアベ【あの手この手】
04/26 20:58 家虫的れんきうの過ごし方
04/26 20:35 三無(無能無責任無神経)隷倭のアベ共同正犯・グルHK(@御用)はとっとと解体を【デマ満載世論操作ぼったくり組織】
04/19 20:08 無能無責任無神経三拍子揃った隷倭のアベで日本崩壊【有害無益政権】
04/18 19:50 【緊急編詞!】コロナさん感染予防対策テーマソング【今日からできる!】
04/12 20:17 【まさにアベ災】今頃緊急事態宣言の愚【後の祭り後手後手支離滅裂】
04/11 20:16 うどん県は一刻も早く鎖県を!
カレンダー
<<2019年10月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
蝶と蛙とヤモリ、な日々…
 
2019年10月6日 20時48分の記事

昨日投稿したように、

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


条件公平とは程遠い事が証明されたラグビー、不利な条件で日本と対戦したチームは今すぐスポーツ仲裁裁判所に訴えればいいんだ、こんな八百長ラグビー、
どれほどこの国がイカサマダーティーか知れ渡るいい機会だ、

ダーティーといや、そろそろアベの悪政からの目先逸らしに四国3D廃脳新聞やNHK(@御用)らダーティー腐乱メディアがノーベルノーベル唱和始める頃だが、ノーベルといや、文学賞候補として毎年取り沙汰される村上春樹、確か去年ノーベル代替賞にノミネートされそうになって

村上 「(ノーベル文学賞が取りやめになって)せっかく今年は静かに過ごせると思ったのに」

とか言って辞退した記憶、
そんなに心静かに過ごしたいんなら何も代替賞だけに限らずノーベル文学賞も初めから辞退すればお望みの通り、毎年心穏やかに過ごせるんじゃないのか?何でそっちは辞退しないんだ?(笑)

まぁ、この御仁に関しては、勿体付けた売り出し方といい、買う気のない人間に如何に一冊でも多く売りつけるか、を至上命題にしてるようにしか見えない、
んが、ま、そういう俗っぽいところも、ハルキストの皆さんにとっては、たまらない魅力なんでしょうなぁ…(笑笑笑)、


今日夕方、庭の植木に散水してたら、蛙がひょこっと顔覗かせて、久しぶりだったんで頭撫でて、他のところに水遣りしてたら、そこにもまた別の蛙…、
こっちはすぐに跳んでプランター同士の隙間に隠れてしまったので撫でられなかた、けど、

この頃朝晩大分ひんやりしてきたし、冬眠前のご挨拶なのか…?

そういや朝の水遣りの時には、夏の間中ほぼ毎日、大きいアゲハさんが一匹飛んで来てた、今日も、

北のサッシにはこれまたほぼ日勤のヤモリさん…(今日時間なかったのでアプ出来なかったけど、ヤモさん画像は近日掲載予定!)、

昨年冬至以降、散発的に大きめの地震が何回かあったものの、全体の傾向としては、完全に凪いでる感じ…、

ま、いつも言っているように九州リングダイクと日本列島背骨折れ曲がりは常時要監視、だけど、我が家的にはほぼこの日勤ヤモさんが出没してる間は大丈夫なのかなぁ…、そんな秋、


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved