このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1732)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (507)
アクセス数
総アクセス数: 328156
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 162
最近の記事
07/05 21:06 【極東版ボルソナロ】確信的殺民奴集団アベ国賊自民【罹って応援!】
07/04 20:14 【国賊自民不戦敗】日々の生活(含感染対策)か血税ドブ捨て利権のための黒五輪か【都議選】
06/28 20:55 【人命より汚倫ピック】ロシアンルーレット戦略只今絶賛稼働中!!【自称”感染対策”】
06/21 20:41 ロシアンルーレットとしてのなんちゃって名ばかり感染対策【国会閉めて宴会会食全力投球イソイソ】
06/14 20:50 拉致問題はアベ三無政治の象徴【ヘイト奨励で悪政から目先逸らしシメシメ】
06/07 21:13 完全失敗・制限解除のツケは国民の命と健康【この期に及んでアベノギゴク連発】
05/31 20:53 【愚骨頂スペシャリストアベ】制限解除という愚策で犠牲者倍増【蔓延招来】
05/24 20:28 【まず報一矢】改正案見送りは居直り極道アベ独裁に対する民主主義と国民の勝利【隷倭三無のアベ】
05/23 21:11 「コロナ---「567」」 前編 〜『MIROKU CODE』〜
05/17 20:08 国民民主主義蔑ろ一目瞭然 最速検察庁法改正案・最遅コロナ対策のトンデモ【隷倭三無のアベ】
カレンダー
<<2020年05月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
国民民主主義蔑ろ一目瞭然 最速検察庁法改正案・最遅コロナ対策のトンデモ【隷倭三無のアベ】
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2020年5月17日 20時8分の記事

グルHK(@御用)ラジオ朝7時のお笑い番組、今月8日の大久保彰絵、

「使用(↑語尾上がり)、使用(同)、使用して」

イントネーション迷走しまくり(笑)、さすがのごまかし上手もごまかしきれないお粗末は必殺仕事人ならぬしり上がり使用人(笑)とでも呼ぶべきか、そういや今朝も

「マスクの使用や消毒が」



「マスクの使用や食道…、消毒が」

とやらかしたのは近藤だったか、それ以降もトチりまくりの原稿創作しまくり(入場行進(笑))の有様はまさにニュースの名を騙る純正お笑い番組(笑)、詳しくは聞き逃しサイトで、

さて今週も忙しすぎて依然でんでん時間取れない…、加えてGWで座り込んだらそっから全然エンヂンかからない…、取りあえず画像最優先で、


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。





画像でも書いたように国民が検察庁法改正電光石火の早業の一方、コロナ対策は支離滅裂後手後手全開、
この国賊及び”ゲーム依存症”依存ビョーキ組織四国3D新聞やグルHK(@御用)がはびこる事それ自体、民主主義の敗北、国民の恥でしかないない。

アベ大失政の尻拭い状況を「新しい生活様式」たらおよそ事実歪曲も甚だしい言い回しに載せられていそいそ踏襲してるのはまさに土人の証し。

ソーシャルディスタンス云々以前に今なすべきは、そんな状況を招いた張本人A級戦犯であるにも関わらず未だ政権の座に居直り、
まともな対策を何一つなさず、どころか現場の足を引っ張る事しかやらず、何の責任も取らないこの亡国奴殺民奴アベを徹底糾弾引きずりおろし縛り首断罪する事である事。

民主主義社会においては何の不思議もない、至極当たり前の話だ。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved