このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
現在、このブログは新規の定期購読を受け付けておりません。
しっかり褒めてね
2018年10月22日 8時51分の記事

リードワーク 手をつなぐように
おはようございます。

今日はUMECOで

「みんなで学ぼう動物愛護」講演会です。

けやきの会の主催です。

https://odawarakeyaki.hatenablog.com/




小田原市役所前の広場。

朝晩急に涼しくなって、紅葉がどんどん進んでいきますね。

さてさて、新横浜公園でのリードワークワークショップ終了しました。



ワークショップ時は余裕なく写真がないので、ランチの写真を( ̄▽ ̄)



はじめて参加してくださった方、ハンドアウトをご用意したのでブログで復習をお願いしたいです。

「いわゆる」ドッグトレーニングとは考え方がまったく違うので、面食らうことが多いでしょうが、2時間終了後の犬たちの「笑顔」生き生きしたリラックス感が彼らと私からの答えです。

たくさんの正解を与えて、ある意味邪魔なリードを正しく扱えるようにしたいですね。

ほめる
の定義さえまちまちで。

ほめるのは
おだてることじゃなく
強化子を出現させること。

散歩でできてない。

— 夏目真利子📫犬語翻訳中 (@charliemama418) 2018年10月21日


「ほめる」声しか聞こえないリードワークワークショップ。

ただ、多くの方がほめてないですね。リードワークで何とかするのではなくリードワークは環境設定でしかありません。

そこを繰り返し学んでいただけたら嬉しいです。



またよろしくお願いいたします!

定期購読記事
[現在、このブログは新規の定期購読を受け付けておりません。]
[カテゴリ:リードワーク]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]




くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール 犬の森-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール 犬の森
地域:指定なし
性別:
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
チャーリードッグスクール犬の森過去記事
ピックアップ記事
心を育てる犬育て
kindle本
Twitter
カレンダー
<<2019年10月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内検索

最近の記事
10/20 19:43 オンラインドッグスクール「犬の森」
08/22 09:41 びっくりさせて止める?止まることを教える?
08/21 09:19 叱り方
08/20 07:13 犬語の使い手
08/19 10:03 精神的な幸せ
08/18 09:01 トレーニングって何なのかしら?
08/17 09:40 このトレーニングが暮らしの中で役立つか?
08/16 11:05 犬の森は深くて豊かな森
08/15 09:06 NOという教育的指導
08/14 08:47 NOの言葉を何と「対提示」するか
08/13 09:07 NOを教えるを書こうと思いましたが明日にします
08/12 09:05 下ごしらえ
08/11 09:25 今後のこと
08/10 08:42 動物福祉
08/09 09:07 学びを突き抜ける
08/08 08:13 犬的なボディランゲージで人が伝える
08/07 08:40 食べ物以外の褒めを
08/06 09:07 チャーリードッグスクールって何なのですか?
08/05 07:48 抑制って・・・。
08/04 09:30 警戒吠え
カテゴリ
全て (253)
ハズバンダリートレーニング (11)
リードワーク (12)
支配性理論をぶち壊せ (5)
古典的条件づけ (21)
ボディランゲージ (4)
叱らない (8)
つぶやきやらボヤキやら (58)
攻撃性 (4)
基本理念 (24)
保定や接し方 (21)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (3)
ドッグフレンドリープログラム (11)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (5)
しつけとは (6)
ABA (7)
吠え (8)
学ぶ (3)
犬の成長過程 (1)
飼い主力 (1)
お散歩トレーニング (3)
動物福祉 (5)
基礎トレーニング (9)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 316571
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 17
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved