ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年5月27日 20時17分
分離不安を考えてみました
 
https://wanchan.jp/osusume/detail/2115

↑はとてもよくまとまっていて、プロ養成所などで学ぶ内容なのかな、と思いますが、私自身は
なぜそれをするのか?
という理由と、
じゃあどうするのか?
という対処法はこのように考えないし、しないな、と思うところの方が多いです。悪化させやすいですよね。

6月のドッグフレンドリープログラムは分離不安について考えてみたいです。
オンリーワンを見直すことも大切になってきます。オンリーワンにしやすい飼育環境の見直し、も大切ということです。
https://www.facebook.com/charliemama418/posts/1338115632940924?pnref=story

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:仔犬を迎えてから(仔犬の社会化)] [コメント (0)]




2017年5月13日 19時49分
不安を解消しましょう
 
おはようございます。
先ほど個人のタイムラインに「私は社会化のドッグトレーナー」の過去記事をシェアしました。二つ。
どちらも犬を迎える前に読んでいただけたら嬉しいな、という記事です。
この記事の内容のような話を「犬の学校」「ワンラボ」形式で地域で楽しくお話しできる人材を育てているのがアドバイザースクールです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:仔犬を迎えてから(仔犬の社会化)] [コメント (0)]





くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール
地域:指定なし
性別:
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
チャーリーオンラインドッグスクール過去記事です。
Twitter
カレンダー
<<2018年06月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ内検索

最近の記事
06/21 21:45 本当の学びを小さなうちから受けることは大切
06/21 19:27 「しつけ=叱ることではありません」
06/21 19:24 個人攻撃の罠
06/19 20:03 「自分と自分の犬のため」の学びがやがて「他の犬や飼い主さんのため」につながるまで、つなげられるように!
06/18 22:11 行動分析学的な考え方はとてもシンプルなので、起きている行動の問題を改善するときにめちゃくちゃ役に立ちます。
06/17 16:48 不適切なしつけとは
06/16 20:18 犬の吠えがどういう「機能」を持っているかを分析するところから始めます
06/15 21:27 「おいで」 で犬が喜んできますか?その練習、トレーニングはしていますか?
06/14 13:28 吠え吠えチャーリーとの取り組みで、皆さんとの取り組みとの決定的な違い!?
06/14 13:19 条件反射で制御
06/14 13:13 ヒトは犬の社会化の担い手として、無理を見極め強制力を使わず穏やかに継続してあげましょう。
06/12 19:55 今すぐにでもできるのは、咬む犬に環境エンリッチメントを整えてあげたらどうなるか?検証すること
06/12 19:53 私たちは誰の味方にならなくてはいけないのでしょう?
06/12 19:50 咬みって怖くない
06/09 09:54 訓練法トレーニング法はひとつなんですね。それを各動物に合わせてアレンジして行くだけ
06/09 09:51 楽しみを約束された音
06/08 14:59 嫌ではないように嫌だのサインが出たらすぐ引いてあげない人の失敗
06/07 09:02 しつけ
06/07 08:58 遺伝の問題
06/07 08:55 リードをゆるめる
カテゴリ
全て (122)
ハズバンダリートレーニング (8)
リードワーク (6)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (9)
ボディランゲージ (3)
叱らない (4)
つぶやきやらボヤキやら (25)
攻撃性 (2)
基本理念 (18)
保定や接し方 (7)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (2)
ドッグフレンドリープログラム (9)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (2)
しつけとは (3)
ABA (2)
吠え (3)
学ぶ (1)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 304399
今日のアクセス: 30
昨日のアクセス: 34
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved