ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年6月29日 12時50分
ドッグフレンドリーな取り組みは「犬がされる」というより飼い主が担うために学ぶことの意義が大きい
 

8月12日 6:44
おはようございます。
今日と明日は生涯学習推進委員としてのお手伝いです。またまた子どもおもしろ学校の受付をしてきます。
セミナーの翌日は廃人( ̄▽ ̄)モードですが、ひと踏ん張りもふた踏ん張りも頑張ります。

さて、ドッグフレンドリープログラムまとめ終了しました。参加者がすべてこちらのサロン入会者ということで、ぶっちゃけ話とかちょっと難しめのお話も思い切ってさせていただきました。
2年3年勉強してくれば、犬の表情を見たりそぶりを見れば、大体嫌なのかうれしいのか、どっちでもないか(笑)分かってきますよね?
勉強すれば、でしょうけど、いやそうでもないかな。誰でもわかるのかもしれません。分かりたいと思えば。
多くの方は勉強しないから何年経っても知らないままのことが多くて、おまけに自分で理解しようとしないから、だから犬が嫌だと言っているのに押し切って、繊細な犬は唸りから咬みに悪化したり、他人との距離が大きくなって、犬を迎えたのになんだか楽しくない…、と感じるようになってしまったり。
いろいろなケースがありますね。
古くから人間のそばに居続ける犬ですから、知ろうと思えば理解できるはず。だから犬の言葉をことさら特別感あるものとするのは、私は違うのではないか?というスタンスでいます。

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2018年6月29日 12時47分
どんな犬にもフレンドリーに接します。例外はありません。

8月11日 6:30
おはようございます。小田原雨降ってます。


涼しいですけどね。猫草もぐんぐん成長中。水やりしなくても良いな。助かる。ニャンは外に出られないですけどね。


今日は杉並へ。ドッグフレンドリープログラムまとめです。
午前午後あるので、1と2を午前、3と4を午後という感じで余裕持ってできそうです。

犬に優しい取り組み、丁寧な接し方をドッグフレンドリーと言います。親切であるとか思いやり溢れるとか。
どんな方もたぶん犬に対してそうしたいと思っているはずです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月19日 11時35分
犬の味方になる
 
おはようございます。
月曜日、なかなかエンジンがかからない感じですが^^;朝の元気なうちに(笑)投稿をする習慣にしていますので、頑張って昨日のお話の続きをしたいと思います。
ブログもアップしておきました。
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2017/06/18/191624
ということで、昨日の続きを。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月7日 14時14分
社会化について
おはようございます。お花畑はほっとします。
意外に雨が長く降りまして今も曇ってるけど晴れ間も出る予報ですね。
今日はワンラボ。実は、アドバイザーコースの課題修了されたこなつママさんの「犬の学校」講師認定のための、講座開講をお願いしてあります。
犬の学校はパワーポイントを使わない対面形式のぶっつけ本番的な、随時質問可の寺子屋のような、駆け込み寺のような、私塾のような。そういう学びの場です。
経験してきたことを共有したり教えたり教えられたり、そんなコミュニケーションの場でもあります。
こういう場を全国に広げたいな、という野望があります。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月5日 8時22分
コミュニケーションが破たんしてませんか?
おはようございます。
昨日は出張の帰りにズーラシアに寄ってきました。暑かったので、サバンナエリアはまたの機会。お昼寝タイムだったから今度はご飯タイムに合わせて行きたいな。

インド象のオスが観客の方に威嚇してました。何が気に入らなかったのかな。離れたところからは分かりませんでしたけど。

爆睡してるのはインドライオンです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月5日 8時19分
後から好きになったもの
 
おはようございます。
この↓記事の続きですね。
http://blog.kuruten.jp/charlie/383541
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月3日 15時24分
負の強化子でコントロールしない
おはようございます。
昨日の投稿の続きです。

「毎日そして一生涯続ける名前とうれしいことの対提示、前に立つこととうれしいこととの対提示、触ることとうれしいこととの対提示。
結果、飼い主さんからたくさんのうれしいことが現れるから、飼い主は犬の二次強化子になって行きます。
そうです、逆も然りですね?逆のパターン陥っている方がとても多いです。それについて明日書いてみます。」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月2日 8時33分
一次強化子と二次強化子、と二次強化子がどのように作られて、自分にとってどのように働くか
 
おはようございます。
整理しながら進めますね。その前に今日はたとえ話です。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年6月1日 15時26分
強化子の話
おはようございます。写真は昨日のちび太君。安定の日向ぼっこです。
雨小降りになってますが、気温低めで昨日との差が激しくて体調崩しやすいですね。お気をつけください。
では続きです〜。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2017年5月31日 12時11分
うれしいものは作れますね!?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
チャーリードッグスクールブログマガジン-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクールブログマガジン
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
犬の森

家庭犬の社会化トレーニング・お悩み相談室
Twitter
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログ内検索

最近の記事
10/21 07:45 虎視眈々
10/20 13:58 お互い様
10/19 08:53 理想の犬との暮らしを追い求めて最後まで全力で駆け抜けたい
10/18 08:51 呪いから解放されよう
10/17 08:07 自分がその立場に立ったら?
10/16 20:29 思いやりの犬育て
10/15 08:38 拾い食い対策
10/14 09:20 困ったちゃんは救世主
10/13 08:34 徒然
10/12 08:31 真面目に犬を考える
10/11 08:31 待つって大変
10/10 17:26 リードワークは飼い主力
10/09 08:20 私の愛護活動
10/08 08:02 迷いや悩みは悪いことではない
10/07 07:35 飼い主さんが無理って思わないように
10/06 10:45 飼い主が自分の犬のプロになる
10/05 09:11 窮屈さんさようなら
10/04 08:19 あなたが幸せなら犬も幸せ・・・ってなるように
10/03 10:05 ストレスって言われるとその意味は分かるのだけれど・・・
10/02 09:09 おやつの使い方
カテゴリ
全て (214)
ハズバンダリートレーニング (11)
リードワーク (11)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (18)
ボディランゲージ (3)
叱らない (8)
つぶやきやらボヤキやら (49)
攻撃性 (4)
基本理念 (24)
保定や接し方 (18)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (3)
ドッグフレンドリープログラム (11)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (5)
しつけとは (5)
ABA (7)
吠え (8)
学ぶ (2)
犬の成長過程 (1)
飼い主力 (1)
お散歩トレーニング (3)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 309365
今日のアクセス: 62
昨日のアクセス: 56
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved