ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年6月2日 15時18分
雷恐怖症
 

7月15日 8:20
おはようございます。朝から暑いですね。でも猫だけになったので朝エアコン稼働すると猫たちは寒がります、なのでお昼頃つけるようにしています。
今日も不安定な天気になるそうですね。
雷雨対策どうでしょう?
雷恐怖症の犬と飼い主さんにとっては踏ん張りどころか、と思います。
サンシャインスマイルさんの記事が上がってきたので読んでみました。
https://ja.sunshinesmile.org/animal-resources/the-fearful-dogs/
途中引っかかったところがあったのでこちらでお話しします。
逆条件づけに付いて解釈が違っていますね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:恐怖症] [コメント (0)]




2018年5月25日 16時39分
雷恐怖症
 

7月5日 8:14
おはようございます。
大雨の地域がありますね。早めの避難をと呼びかけられていますが・・・。どうぞお気をつけください。なかなか避難となると難しいですよね。わが家はどうするだろう。
そして、今年もやってきましたね。雷の季節。
一時とても憂鬱でした、我が家も。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:恐怖症] [コメント (0)]




2017年6月24日 8時31分
音恐怖症
 
おはようございます。
昨日のブログ記事です。大きな音を怖がる、不安に思う犬の飼い主さんにはぜひ読んでいただきたいなと思います。
今大丈夫でも、年を取って不安傾向が強い犬は大きな音と身体の不調や心配事などと結びついて、昨年は大丈夫だった花火や雷がダメになる、そういうケースはありますよ。
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2017/06/23/195535
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:恐怖症] [コメント (0)]





くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール 犬の森-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール 犬の森
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
チャーリードッグスクール犬の森過去記事
ピックアップ記事
心を育てる犬育て
kindle本
Twitter
カレンダー
<<2019年11月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ内検索

最近の記事
10/20 19:43 オンラインドッグスクール「犬の森」
08/22 09:41 びっくりさせて止める?止まることを教える?
08/21 09:19 叱り方
08/20 07:13 犬語の使い手
08/19 10:03 精神的な幸せ
08/18 09:01 トレーニングって何なのかしら?
08/17 09:40 このトレーニングが暮らしの中で役立つか?
08/16 11:05 犬の森は深くて豊かな森
08/15 09:06 NOという教育的指導
08/14 08:47 NOの言葉を何と「対提示」するか
08/13 09:07 NOを教えるを書こうと思いましたが明日にします
08/12 09:05 下ごしらえ
08/11 09:25 今後のこと
08/10 08:42 動物福祉
08/09 09:07 学びを突き抜ける
08/08 08:13 犬的なボディランゲージで人が伝える
08/07 08:40 食べ物以外の褒めを
08/06 09:07 チャーリードッグスクールって何なのですか?
08/05 07:48 抑制って・・・。
08/04 09:30 警戒吠え
カテゴリ
全て (253)
ハズバンダリートレーニング (11)
リードワーク (12)
支配性理論をぶち壊せ (5)
古典的条件づけ (21)
ボディランゲージ (4)
叱らない (8)
つぶやきやらボヤキやら (58)
攻撃性 (4)
基本理念 (24)
保定や接し方 (21)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (3)
ドッグフレンドリープログラム (11)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (5)
しつけとは (6)
ABA (7)
吠え (8)
学ぶ (3)
犬の成長過程 (1)
飼い主力 (1)
お散歩トレーニング (3)
動物福祉 (5)
基礎トレーニング (9)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 317052
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 22
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved