ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年6月14日 13時19分
条件反射で制御
 

7月28日 8:23
おはようございます。
過去の投稿です。ココちゃんの雷恐怖症についての。
「2013年7月28日 22:23 ·
ココが雷が怖くてパンティングし始めると、体温がどんどん上昇するのでかなり危険な状況になります。ということで気合いを入れて取り組んできました。取り組みの結果(ここが大事^^;)パンティングを「違うよ」で止めることができるようになってきました。ココは「そうだ、違った。寝なくちゃ」^^;と思い直し必死で寝ます。
これを聞いた方がある時真似をして「違うよ」と言ったら余計にワンコさん怖がった、という話を聞きました。形だけを真似しても大事な途中の取り組みがなければ、怖がらせてしまうことになりますよね。方法が悪いと言われましたが、本当にそうでしょうか?」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2018年5月29日 21時6分
古典的(レスポンデント)条件づけ
 

7月9日 8:46
おはようございます。
昨日は夜、レッスンが入っていて社会化ブログ更新できませんでした。
ん〜・・・。なんていうのかな。
犬のしつけとかトレーニングとかのもっと前の「犬」という動物を考えるところか、共に暮らすとか、そういうところの教育をもっと浸透させるべきだよな、と・・・。
痛感します。
それを考えていくと、犬の繁殖まで思いを寄せることができてくる、そしてこれが犬の幸せにつながると思います。
同じ「犬」を飼う、同じ「飼い主」ですが、温度差ありますね・・・。
ビジネスを大事にするプロは、飼い主に知恵をつけさせたくない、その方が自分も学び続けなくて楽ですよね?
そんな構図が見えてきます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2018年5月27日 18時51分
今日はワンラボ
 

7月7日 8:10
おはようございます。
今日はワンラボ。ボディランゲージについてですが初参加の地元の方が3名。そうですね、何をどうお話ししようかな・・・。
samiさん、ギゼラママさんはとっても熱心に通ってくださってます。ドッグフレンドリープログラムも皆勤ですね。ドッグフレンドリーは参加された方でないと、たとえインストラクターに認定されても教えることはできないのでご了承ください。
残り一回、そしてまとめを8月に行います。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2018年5月26日 17時33分
名前を呼んでおやつ
 

7月6日 6:59
おはようございます。
今日は名前を呼んでおやつについて書いてみたいと思います。

トレーニングの前に大事なことです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年6月14日 10時52分
犬が怖いと感じるものの正体はなんでしょうかね?
おはようございます。
写真は3月の秋葉原での青木先生のハズバンダリートレーニングセミナー(略してハズトレセミナー)の紹介されたページです。コンパニオンバード27号で紹介されてました。誠文堂新光社の方がご夫婦で参加してくださったのです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年5月20日 16時44分
条件づけについて
古典的条件づけについてたいていこのように間違った解釈がされています。


おはようございます。
今日は5月3日の投稿のシェアです。
条件づけの話。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年5月3日 11時6分
恐怖症
おはようございます。
良い天気になりました。昨日は天気予報通り昼過ぎ天気が急変しました。丹沢の方が真っ赤っかな雨雲レーダーでした。
これから雷や花火など、音が怖いワンコさんにとっては辛い時期になりますね。
わが家のココも猫の中ではやえちゃんが、雷が怖くてかわいそうな感じです、ココの場合はでした、ですが。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年4月22日 20時28分
名前を呼んでおやつ
おはようございます。
頭の中は昨日の続きでぼーっとしているようなふわ〜っとしているような。
都会は心の居場所が少し狂うかも(笑)毎日通勤している人とか、住んでいる人はすごいな。
慣れでしょうけどね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年4月16日 11時53分
古典的条件づけのメソッド
おはようございます。
暖かいというか暑いくらいですね、外にいると。
一気に木々が芽吹いてきました。ワンコさんには昼間の気温はちょっとつらい時期がやってきてしまいますね。良い季節はほんの少しって感じで・・・。
犬飼いはいろいろ大変です。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]





くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール
地域:指定なし
性別:
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
チャーリーオンラインドッグスクール過去記事です。
Twitter
カレンダー
<<2018年06月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ内検索

最近の記事
06/21 21:45 本当の学びを小さなうちから受けることは大切
06/21 19:27 「しつけ=叱ることではありません」
06/21 19:24 個人攻撃の罠
06/19 20:03 「自分と自分の犬のため」の学びがやがて「他の犬や飼い主さんのため」につながるまで、つなげられるように!
06/18 22:11 行動分析学的な考え方はとてもシンプルなので、起きている行動の問題を改善するときにめちゃくちゃ役に立ちます。
06/17 16:48 不適切なしつけとは
06/16 20:18 犬の吠えがどういう「機能」を持っているかを分析するところから始めます
06/15 21:27 「おいで」 で犬が喜んできますか?その練習、トレーニングはしていますか?
06/14 13:28 吠え吠えチャーリーとの取り組みで、皆さんとの取り組みとの決定的な違い!?
06/14 13:19 条件反射で制御
06/14 13:13 ヒトは犬の社会化の担い手として、無理を見極め強制力を使わず穏やかに継続してあげましょう。
06/12 19:55 今すぐにでもできるのは、咬む犬に環境エンリッチメントを整えてあげたらどうなるか?検証すること
06/12 19:53 私たちは誰の味方にならなくてはいけないのでしょう?
06/12 19:50 咬みって怖くない
06/09 09:54 訓練法トレーニング法はひとつなんですね。それを各動物に合わせてアレンジして行くだけ
06/09 09:51 楽しみを約束された音
06/08 14:59 嫌ではないように嫌だのサインが出たらすぐ引いてあげない人の失敗
06/07 09:02 しつけ
06/07 08:58 遺伝の問題
06/07 08:55 リードをゆるめる
カテゴリ
全て (122)
ハズバンダリートレーニング (8)
リードワーク (6)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (9)
ボディランゲージ (3)
叱らない (4)
つぶやきやらボヤキやら (25)
攻撃性 (2)
基本理念 (18)
保定や接し方 (7)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (2)
ドッグフレンドリープログラム (9)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (2)
しつけとは (3)
ABA (2)
吠え (3)
学ぶ (1)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 304399
今日のアクセス: 30
昨日のアクセス: 34
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved