ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年6月28日 7時51分
6月27日の投稿
 
をアップするのを忘れてました。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年6月21日 12時42分
「叱らない」「罰を使わない」ドッグフレンドリーなトレーナー
 
おはようございます。
九州で大きな地震がありましたね。全然知らずに寝てました。
被害がないことを祈ります。
来るよ来るよと言われつつ、この辺りが嫌に静かなので帰って不気味です。
大きな地震嫌だなぁ・・・。
さて、昨日お話ししたキャンパス講師の件、ブログにも書きましたがOKをいただき
本当は改めて面談があるのですが
「ついでにやっちゃいましょう」
(笑)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年6月17日 9時54分
叱らない、の一つの例です
おはようございます。
土曜日ですね。晴れてますが空気がまだ冷たくて気持ちが良いです。
明日は杉並ですので、明日の投稿は準備しておこうと思ってます。
ブログの方も順調に投稿できていますが、遠方への出張が入ると更新はなかなか難しいかなと思います。
昨日の投稿。
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2017/06/16/172818
ハンディキャッピングからの考察です。
動物感覚(テンプルグランディン)に書かれてますね。書かれていますが、動物と長くつきあっていれば知っていることです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年6月13日 16時18分
基本
 
トレーニング以前
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2016/06/13/080310
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月29日 15時20分
犬に聞く
 
おはようございます。
今日は久々にお休みの日で、のんびり投稿しています。(笑)

ツイキャス
http://twitcasting.tv/charliemama418/movie/375504624

で少し開始早々の2分くらいを中継してみました。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月25日 14時22分
犬に聞くとはどういうことかを考えてみました
 
チャーリードッグスクールに集う犬さんはおやつを見てもクレクレしない犬になっていきます。きてますね?
だから最初くれくれ大騒ぎする犬さんの飼い主さんが参加されると戸惑います。自分の犬があまりにも激しいので^^;;;
「うちの子はおやつがあると興奮するから恥ずかしくて連れて行けません」
とおやつ場を避けたがり、家では人間の食事もかき込むように食べ、またはクレートや別室に犬を待機させるとか・・・。方向性がどうかな?と思う取り組みで興奮がどうしてもおさまらない、とお聞きします。
どうしてかな〜?と考えるところからのスタートですね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月25日 14時17分
イヌの行動をベースにして
おはようございます。今度はこの投稿を個人のタイムラインにあげてました( ̄▽ ̄)
ちょっとバタバタしているので慌てるんですよね( ̄▽ ̄)
気を取り直して。
今日シェアした本は昨日アドバイザーコースの投稿でもシェアしました。その投稿をタイムラインにあげてしまって・・・。びっくり^^;;;
今日はこちらでもその一部をご紹介しますね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月22日 19時13分
自分の取り組みが正しいかどうかは犬に聞く
ハズバンダリートレーニングのお知らせ

https://charliemama.base.ec/items/6196794

3月に開催しましたハズバンダリートレーニングセミナーを8月29日に再開催することが決まりました。
前回受講できなかった方、もう一度参加したい方もぜひお越しいただけたらと思います。
今回は平日、夜の日程を設定しました。奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。
青木愛弓先生の
ハズバンダリートレーニングセミナー
ーはじめの一歩の前の下ごしらえ。やさしい手を目指してー
日時 8月29日(火)
 19:00〜21:00
定員 50名
受講料 7000円(税込)

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月16日 14時28分
犬の世界を変えていきましょう
おはようございます。
6月のワンラボの予定を立てました。7月も8月も会場はおさえてありますので、毎月開催して行きます。
こちらのサロンにご入会の方は遠い方も多いのでなかなか難しいでしょう。
次回はツイキャスで中継できるようにしてみたいです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月13日 20時25分
命に優しく
おはようございます。
今日の長野お散歩トレーニングはまたまた残念ながら悪天候のため中止です。
秋に改めて計画しますが、ご希望の方がいらっしゃるので、リードワークとドッグフレンドリープログラムの基本的な勉強会を夏の間できたらいいなぁ…って思ってます。
ご旅行がてら(笑)いかがでしょうか?
リードワークはとても誤解が多いのですが、リードで犬をコントロールする技術ではないです。
たとえば、大型犬用の引っ張り防止ハーネスがありますが、その代わりにはならないです。
方法を求める方には、習得にかかる長〜い時間にめまいするかもしれません。技なので。
3メーターのリードを使う意味は、引っ張り防止ハーネスで引っ張ると不快な感覚を与えるというのとまったく正反対な。
引っ張れない状態を作ります。
これも、行動分析学を学ぶとなぜそうであるのか、がすとんと落とし込めると思うので、まず基礎を学ぼうね、ということをお願いしています。
リードのフラストレーションから、簡単に(という言い方は不謹慎ですけど)アグレッシブな行動、たとえば引っ張り、リード噛み、ハンドラーへの咬みつき、対犬への吠えかかりは強化(悪化)します。
だからまずは緩めること。それには少しテクニックがいるね、ということ。
そして罰しないという気持ちを持てる理念ですかね。
そこをお伝えしています。
では今日もよろしくお願いいたします。
写真は名古屋大高緑地の梅。もうこんなに大きくなってる。
見ながら思わず口の中に唾液が( ̄▽ ̄)・・・レスポンデント条件づけ(笑)
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
Facebookのオンラインドッグスクールの記事を2017年4月10日以降くる天ブログでご購読いただけます。
Twitter
カレンダー
<<2017年06月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ブログ内検索

最近の記事
06/28 07:51 6月27日の投稿
06/28 07:45 食餌の興奮
06/26 13:06 まずはインターセプトなどの刺激を二次強化子に仕立て上げなくては
06/25 14:24 インターセプトは好子ですか?嫌子ですか?
06/24 08:31 音恐怖症
06/23 12:39 甘噛み記事の続き
06/22 13:46 サロンの今後について
06/21 12:42 「叱らない」「罰を使わない」ドッグフレンドリーなトレーナー
06/20 09:00 犬という動物
06/19 11:35 犬の味方になる
06/19 11:29 ボディランゲージや会話が分かりますか?
06/17 09:54 叱らない、の一つの例です
06/16 09:09 「大丈夫」を伝える指導者
06/15 08:38 本物と偽物
06/14 10:52 犬が怖いと感じるものの正体はなんでしょうかね?
06/13 16:18 基本
06/12 09:37 「犬じゃない飼い主自身変えるのよ」
06/11 14:31 本当のやさしさって何でしょうか?
06/10 09:08 どう感じますか?
06/09 11:25 心を育てる犬育て
カテゴリ
全て (83)
ハズバンダリートレーニング (6)
リードワーク (4)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (5)
ボディランゲージ (2)
叱らない (3)
つぶやきやらボヤキやら (19)
攻撃性 (1)
基本理念 (16)
保定や接し方 (5)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (2)
ドッグフレンドリープログラム (9)
甘噛み (1)
恐怖症 (1)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 297032
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 47
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved