ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年5月27日 20時22分
こんなに嫌って言ってるのがハズバンダリー?違います。
ドッグフレンドリープログラム二回目が終了しました。

少しツイキャス中継しました。
http://twitcasting.tv/charliemama418/movie/375504624
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ハズバンダリートレーニング] [コメント (0)]




2017年5月27日 20時17分
分離不安を考えてみました
 
https://wanchan.jp/osusume/detail/2115

↑はとてもよくまとまっていて、プロ養成所などで学ぶ内容なのかな、と思いますが、私自身は
なぜそれをするのか?
という理由と、
じゃあどうするのか?
という対処法はこのように考えないし、しないな、と思うところの方が多いです。悪化させやすいですよね。

6月のドッグフレンドリープログラムは分離不安について考えてみたいです。
オンリーワンを見直すことも大切になってきます。オンリーワンにしやすい飼育環境の見直し、も大切ということです。
https://www.facebook.com/charliemama418/posts/1338115632940924?pnref=story

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:仔犬を迎えてから(仔犬の社会化)] [コメント (0)]




2017年5月25日 14時22分
犬に聞くとはどういうことかを考えてみました
 
チャーリードッグスクールに集う犬さんはおやつを見てもクレクレしない犬になっていきます。きてますね?
だから最初くれくれ大騒ぎする犬さんの飼い主さんが参加されると戸惑います。自分の犬があまりにも激しいので^^;;;
「うちの子はおやつがあると興奮するから恥ずかしくて連れて行けません」
とおやつ場を避けたがり、家では人間の食事もかき込むように食べ、またはクレートや別室に犬を待機させるとか・・・。方向性がどうかな?と思う取り組みで興奮がどうしてもおさまらない、とお聞きします。
どうしてかな〜?と考えるところからのスタートですね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月25日 14時17分
イヌの行動をベースにして
おはようございます。今度はこの投稿を個人のタイムラインにあげてました( ̄▽ ̄)
ちょっとバタバタしているので慌てるんですよね( ̄▽ ̄)
気を取り直して。
今日シェアした本は昨日アドバイザーコースの投稿でもシェアしました。その投稿をタイムラインにあげてしまって・・・。びっくり^^;;;
今日はこちらでもその一部をご紹介しますね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月23日 8時34分
自分で確かめよう
 
失敗させないようにしましょう、というのがトレーニングの鉄則だったりします。

ただ、日常生活は色々な失敗があって成り立っているようなものですから、あまりに神経質に犬の失敗の芽を摘むように,障害を避けるように関わるのはどうなのかな?

と思うことがあります。

ストレスが大きすぎるから興奮したり問題が起きるというより、それに対処できないから起きる方が多いです。

飼い主さん自身の慌てっぷりや心配顔が、犬のストレスのもとにならないことを祈ります。

http://charliemama3.hatenablog.jp/
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2017年5月22日 19時13分
自分の取り組みが正しいかどうかは犬に聞く
ハズバンダリートレーニングのお知らせ

https://charliemama.base.ec/items/6196794

3月に開催しましたハズバンダリートレーニングセミナーを8月29日に再開催することが決まりました。
前回受講できなかった方、もう一度参加したい方もぜひお越しいただけたらと思います。
今回は平日、夜の日程を設定しました。奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。
青木愛弓先生の
ハズバンダリートレーニングセミナー
ーはじめの一歩の前の下ごしらえ。やさしい手を目指してー
日時 8月29日(火)
 19:00〜21:00
定員 50名
受講料 7000円(税込)

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:基本理念] [コメント (0)]




2017年5月21日 21時7分
犬の命の安全を犬の側から考えて満たすこと
犬の攻撃性にはこのような弱い者いじめもあります。
やはり正の強化で対応します。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:叱らない] [コメント (0)]




2017年5月20日 16時44分
条件づけについて
古典的条件づけについてたいていこのように間違った解釈がされています。


おはようございます。
今日は5月3日の投稿のシェアです。
条件づけの話。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2017年5月19日 8時55分
自然体の犬ではダメですか?
いやいやいや〜・・・、犬の散歩、人から出される食べ物が他のものより魅惑的であればずっとアイコンタクトしてる、結果ルーズリーシュ・・・?
犬の散歩でしょう?不自然って感じないかなぁ?
1時間ずっとやれっていうのだろうか?

昨日ツイッターでつぶやいた。
およそトレーニングには見えない。人が走るしって。

ヒトとイヌとの距離が十分とれるように3メーターリード。元気な犬はそれでももっと早く風を切りたかったりする。でも十分人に合わせてくれてる。
この世は「私」以上に魅力的な匂いが一杯。犬だからね。でもやがてそれに満足すると、安心できる私のもとに来る。
それじゃあだめですか?
引っ張りが強い犬も、ロングリードを充分使いこなして散策させると無駄にハイテンションはなくなります。
そして常に食べ物は要求しない。もっと魅力のある匂い嗅ぎがあるから。
匂い嗅ぎがみっともない、無駄なことと、むしろ害あるという発想があると、この豊かなトレーニングの価値は理解できないのかもしれません。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2017年5月18日 8時17分
分離不安にはまず追わせましょう、とお話しする意味
おはようございます。
昨日までの堀先生(犬はしつけでバカになる他の著者)のリーダー論に関するtweetをブログにまとめておきました。
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2017/05/17/215434
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:分離不安] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクール(CDS)オンラインドッグスクール
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
チャーリーオンラインドッグスクール過去記事です。
Twitter
カレンダー
<<2017年05月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログ内検索

最近の記事
05/25 16:39 雷恐怖症
05/24 21:01 強化というのは相手を操作することではなく、自分が変わること
07/03 20:07 大阪ハズバンダリートレーニング終了しました
07/02 21:35 今日は大阪ハズバンダリートレーニング
07/01 08:57 カーミングシグナル
06/30 15:11 基礎力を!
06/29 17:21 無反応
06/28 07:51 6月27日の投稿
06/28 07:45 食餌の興奮
06/26 13:06 まずはインターセプトなどの刺激を二次強化子に仕立て上げなくては
06/25 14:24 インターセプトは好子ですか?嫌子ですか?
06/24 08:31 音恐怖症
06/23 12:39 甘噛み記事の続き
06/22 13:46 サロンの今後について
06/21 12:42 「叱らない」「罰を使わない」ドッグフレンドリーなトレーナー
06/20 09:00 犬という動物
06/19 11:35 犬の味方になる
06/19 11:29 ボディランゲージや会話が分かりますか?
06/17 09:54 叱らない、の一つの例です
06/16 09:09 「大丈夫」を伝える指導者
カテゴリ
全て (90)
ハズバンダリートレーニング (7)
リードワーク (4)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (5)
ボディランゲージ (3)
叱らない (3)
つぶやきやらボヤキやら (22)
攻撃性 (1)
基本理念 (16)
保定や接し方 (5)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (2)
ドッグフレンドリープログラム (9)
甘噛み (1)
恐怖症 (2)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 303186
今日のアクセス: 12
昨日のアクセス: 102
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved