ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年7月1日 9時48分
チャーリードッグスクールは学ぶ集団
おはようございます。
今日の投稿はHPのブログに載せようと思います。

杉並座学終了しました。
吠えなら吠え、咬みなら咬みにテーマを絞って4時間とか5時間とか開催するのが常なので、盛りだくさんの内容で駆け足になり・・・。
ただ、チャーリードッグスクールはどのように始まり、どのように壁に立ち向かい、またこれからどのように歩いていくのかを示すような内容にしたいと思っていました。

チャーリードッグスクール

https://www.charliemama3.com/
[続きを読む]
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年6月30日 7時5分
行動の機能はたった4つ
 
8月13日 7:20 ·
おはようございます。
夏休み子どもおもしろ学校最終日です。
張り切ってお手伝いしてこようと思います。
さて、行動の機能、についてお話ししておかねば、です。
行動の機能というとなんだか難しいですよね?
でも、何のためにそれするの?的な行動の目的、と言ったらいいと思うのです。
今日シェアした本は奥田先生のメリットの法則です。
行動の機能についてはP122からです。
行動分析学の基本は
どんな行動か=what
ではなく
その行動はどのように機能するか=how
という見方をします。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ABA] [コメント (0)]




2018年6月29日 12時50分
ドッグフレンドリーな取り組みは「犬がされる」というより飼い主が担うために学ぶことの意義が大きい
 

8月12日 6:44
おはようございます。
今日と明日は生涯学習推進委員としてのお手伝いです。またまた子どもおもしろ学校の受付をしてきます。
セミナーの翌日は廃人( ̄▽ ̄)モードですが、ひと踏ん張りもふた踏ん張りも頑張ります。

さて、ドッグフレンドリープログラムまとめ終了しました。参加者がすべてこちらのサロン入会者ということで、ぶっちゃけ話とかちょっと難しめのお話も思い切ってさせていただきました。
2年3年勉強してくれば、犬の表情を見たりそぶりを見れば、大体嫌なのかうれしいのか、どっちでもないか(笑)分かってきますよね?
勉強すれば、でしょうけど、いやそうでもないかな。誰でもわかるのかもしれません。分かりたいと思えば。
多くの方は勉強しないから何年経っても知らないままのことが多くて、おまけに自分で理解しようとしないから、だから犬が嫌だと言っているのに押し切って、繊細な犬は唸りから咬みに悪化したり、他人との距離が大きくなって、犬を迎えたのになんだか楽しくない…、と感じるようになってしまったり。
いろいろなケースがありますね。
古くから人間のそばに居続ける犬ですから、知ろうと思えば理解できるはず。だから犬の言葉をことさら特別感あるものとするのは、私は違うのではないか?というスタンスでいます。

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2018年6月29日 12時47分
どんな犬にもフレンドリーに接します。例外はありません。

8月11日 6:30
おはようございます。小田原雨降ってます。


涼しいですけどね。猫草もぐんぐん成長中。水やりしなくても良いな。助かる。ニャンは外に出られないですけどね。


今日は杉並へ。ドッグフレンドリープログラムまとめです。
午前午後あるので、1と2を午前、3と4を午後という感じで余裕持ってできそうです。

犬に優しい取り組み、丁寧な接し方をドッグフレンドリーと言います。親切であるとか思いやり溢れるとか。
どんな方もたぶん犬に対してそうしたいと思っているはずです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ドッグフレンドリープログラム] [コメント (0)]




2018年6月24日 22時22分
行動のレパートリーを増やすことは犬にとっての益になります
 

8月10日 8:25
おはようございます。
キャンパス講師のミニ講演会の動画がYouTubeにアップロードされたので良かったらご覧ください。
喉の不調真っただ中で撮ったので、声でなくてマイクになりまして。力入れると咳込みそうな,ギリギリで頑張りました。もう一度チャレンジしたいな・・・。
秋か冬か、ワンラボをキャンパスおだわら講師の活動にチェンジして行こうかなと思ってます。ワンコインとUMECO会場もそのままに。
参加希望者が多いと市内の方優先になります。またお申し込み先がキャンパスおだわら事務局になります。
色々な方法で家庭犬のしつけトレーニングの世界を変えていきたいと思ってます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:保定や接し方] [コメント (0)]




2018年6月24日 22時17分
食べ物を使わない=高度な訓練 ではないです。
8月9日 8:06 ·
おはようございます。
昨日は美容院に行ってきまして、雑誌を片っ端から( ̄▽ ̄)読み漁ってきました。(笑)
オレンジページは気になるレシピがたくさんあったので帰ってからkindleで買いました。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:古典的条件づけ] [コメント (0)]




2018年6月23日 15時10分
分離不安の件
 
8月8日 8:07
おはようございます。
台風、今北陸通過中でしょうか?ゆっくりですよね・・・。
大きな被害が出ているようです。皆さんのところは大丈夫でしょうか?
小田原は思ったより雨も酷くならなくて済みましたが、山北の方はすごかったみたいです。数年前も同じような感じでキャンプ場とか流れてしまいました・・・。
被害が最少で済みますように。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:分離不安] [コメント (0)]




2018年6月23日 15時8分
衝動的な気持ちに待ったをかけることが大事
 

8月7日 8:39 ·
おはようございます。
昨日タイムラインにあげたセラピーアザラシ(笑)パロちゃんをこちらでもご紹介します。
一人の男の子が抱きしめてうっとりしていた姿が印象的でした。
子どもが
「犬飼いたい」
「猫飼いたい」
という時、そうやって抱きしめて落ち着きたいということもあるのだろうと思うと、犬や猫は飼うことをあきらめさせることも大事だなと思います。
レンタルの金額がロボットもそうですが月額3万円くらい、もうちょっとかな。
高いな〜、って思う方は犬や猫だってそのくらいかかるのでじゃあ犬や猫にしようかな、とは思ってもらいたくないですよね。
セラピーの世界の方には嬉しくない情報かもしれませんが、生体をセラピーの現場で「使用」することの問題点を軽視しないようにしてほしいと思いました。
犬猫にかかるストレスと、アレルギーや「嫌いだ」という人もいるということ、万が一の事故など。
正しく考えて自分や子どもの衝動的な気持ちに待ったをかけることが大事ですね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年6月21日 21時45分
本当の学びを小さなうちから受けることは大切
 
8月6日 6:33
おはようございます。
今日も夏休み子どもおもしろ学校のお手伝いです。
子どもや親御さんたちを見てて思ったのですが…、犬連れの犬学を教室やったら犬かわいそうだわ^^;;;と。
トルソーで十分通じるので、犬を連れた触れ合い教室はやめた方が良いのでは?というのが私の考えです。
生の犬を触らなくては気がすまない子を作るのはダメだよなぁ、と思います。
犬は人間の都合で触られる役をしなければいけないのか?という問いが生まれるような教育が必要ではないかと思いました。
本当の学びを小さなうちから受けることは大切だな、と思います。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年6月21日 19時27分
「しつけ=叱ることではありません」
8月5日 7:22
おはようございます。
今日はNPO生涯学習で子どものおもしろ学校のお手伝いに行ってきます。



色々な講座が開講されるんですよ。夏休みの宿題として提出できたりするので結構人気があります。
でも中には人数が集まらなくて開講できないものもあるみたいです。
朝早いので昨日用意しておきました。簡易投稿というか過去記事を再掲します。
叱らない、について。
私の叱らないという定義は、犬にお仕置きしない、罰しないということで、
やめて、おしまい、そこまで、いかない、静かに。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:しつけとは] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
チャーリードッグスクールブログマガジン-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクールブログマガジン
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
犬の森

家庭犬の社会化トレーニング・お悩み相談室
Twitter
カレンダー
<<2018年07月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログ内検索

最近の記事
10/25 08:46 リハビリセンター建設に向けて
10/24 08:19 犬にとって嫌なこと…
10/23 13:18 愛護講演会(勉強会)終了しました
10/22 08:51 しっかり褒めてね
10/21 07:45 虎視眈々
10/20 13:58 お互い様
10/19 08:53 理想の犬との暮らしを追い求めて最後まで全力で駆け抜けたい
10/18 08:51 呪いから解放されよう
10/17 08:07 自分がその立場に立ったら?
10/16 20:29 思いやりの犬育て
10/15 08:38 拾い食い対策
10/14 09:20 困ったちゃんは救世主
10/13 08:34 徒然
10/12 08:31 真面目に犬を考える
10/11 08:31 待つって大変
10/10 17:26 リードワークは飼い主力
10/09 08:20 私の愛護活動
10/08 08:02 迷いや悩みは悪いことではない
10/07 07:35 飼い主さんが無理って思わないように
10/06 10:45 飼い主が自分の犬のプロになる
カテゴリ
全て (218)
ハズバンダリートレーニング (11)
リードワーク (12)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (18)
ボディランゲージ (3)
叱らない (8)
つぶやきやらボヤキやら (51)
攻撃性 (4)
基本理念 (24)
保定や接し方 (19)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (3)
ドッグフレンドリープログラム (11)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (5)
しつけとは (5)
ABA (7)
吠え (8)
学ぶ (2)
犬の成長過程 (1)
飼い主力 (1)
お散歩トレーニング (3)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 313326
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 24
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved