ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年10月20日 13時58分
お互い様
 
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月19日 8時53分
理想の犬との暮らしを追い求めて最後まで全力で駆け抜けたい
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月18日 8時51分
呪いから解放されよう
おはようございます。
HPブログ更新しました。
今は犬のしつけトレーニングの過渡期だと思って進んできましたが、
今年初めのNHKの番組以降、引き戻されてしまった感が大きいですね。

人間って叱りたいんですね。
しかも叱りっぱなしだからうまく行かない。
それでも犬は順応します。
だから「犬が好き」になっちゃうんですね。きっと。
他の動物に比べるとかなり初心者向けで、犬よありがとう!って感じですが
そういう動物に甘えないで恩返しするつもりで「犬に優しい」しつけトレーニングを構築できれば
人間の教育にもいい影響を与えられないだろうか?
って思います。

大人になって気がつきましたが
私たちは大人だから
っていう言葉が、不正に目をつぶったり裏工作や狡さに我慢することを良しとしたり
・・・
だから子供に夢がなくなるんですよ。
夢を与えるのは生き様で与えるべきでしょう?
毎日なんやかんやもやもやします。(笑)

今日はけやきへ。
人材バンク検討委員会にキャンパス講師として出席します。
さて?着地点はどこかな?そこ身内に突っ込んでみたい( ̄▽ ̄)と思います。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月17日 8時7分
自分がその立場に立ったら?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月16日 20時29分
思いやりの犬育て
 
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月15日 8時38分
拾い食い対策
ハズバンダリートレーニングのはじめの一歩は?
名前を呼んでおやつで。


朝起きて犬に「おはよう」のあいさつをする。

犬と目があったらゆっくり瞬きをしながら(=犬式あいさつしながら)「おりこうさん♪」

何がなくとも

まずは、あなたのことが大好きよ

を行動で示さないとね。

すると、犬からの信頼を得ることができます。


それがハズバンダリートレーニング(通称ハズトレ)の基本のき。


名前を呼ばれたらうれしくなる。

名前を呼ばれて美味しいものをもらっているときに、そっと優しくなでられる。



そうやって、触られることも見つめられることも近くにいることも、色々な刺激にいい意味で鈍感になって行きます。



ハズトレの基本は社会化の基本でもあるということになります。

そしてこれがドッグトレーニングの基本のき、ですね。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:叱らない] [コメント (0)]




2018年10月14日 9時20分
困ったちゃんは救世主
 
神奈川県動物愛護推進員を、制定当初からお引き受けしていまして、

その活動として地域での啓もう活動を継続して開催しています。



その一環である

キャンパスおだわら講師講座

「猫との暮らし方教室」

第2回目が終了しました。


ずっとずっとサポートしてくれている方たちに協力していただいての開催、って感じに毎回なっています。(感謝!)

その方たちもお住まいの場所で愛護推進員となり、スクールでインストラクターに認定され、犬や猫のために何ができるか?

の素晴らしいモデルになってるな、と思ってます。



まずは知ることからでしょうかね。

その動物がどんな能力を持って、何を知ってるか。得意なこと不得意なことは何?

まで学び続けると、興味がわき、目が離せなくなり(笑)愛おしさが増します。

一生を請け負うのでその子の幸せを願い最良の道を考えられる力をつけたいと望むようになります。



私の考える愛護の基本。



猫の人たちはこの基本に外れすぎることはあまりないのかな、と感じてますが、犬の世界はどうでしょう?

指示を聞かすことが犬のため、そのために服従訓練、そのためにとげとげ首輪や電気の流れる首輪が必要だと・・・?

そういうものは子供たちに手渡せません。

犬の世界の方が犬が好きだと言いつつ、犬が困惑する方法を推し進める分、重症だと思います。

手ごわい・・・。

だから、まずは知ること。学び続けること、基本を大事にすること、常に修正すること。

を自分自身続けて行きたいと思ってます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月13日 8時34分
徒然
おはようございます。

最後の集客の追い込みの時期になってきました💦

なかなか大変。


小田原駅前周辺でも、放置糞の問題、城址公園内の建物への排尿の問題、今は少なくなったけど、公園内でのオフリードの問題、色々あります。

捨て猫の問題も山積み。



犬や猫が好きな人でもルールは嫌いだったり。ルールは嫌いだけれど守らなければ泣く人がいる。

ルールって何?のところでまずは知ることから。

知ろうと思い知って努力する人が増えれば、暮らしの中の困った問題が徐々に少なくなって行き言いますよね、という・・・。



保護センターは恐ろしくて行けない、と言う方もまだまだ多く。

センターは殺す場所だから嫌い、と思う方もいます。

何が原因でセンターが存在するのか?そこを知る、考えなければならないのに。



私自身、すべてに賛同できることはないわけですが、基本のところで賛同しつつ団結することに異論はなく、なので愛護推進員を受けているし、地元でずっと啓もう活動としての座学を開講しています。



○○をさせない、駆除傾向の考え方が強いと、しつけトレーニングの世界にもその流れは確実に流れてきて、

だから叱らない

は受け入れられないのですが・・・。

今回、県の職員さんおお話をなぜ聞いてほしいのかと言うと、4月の推進員の委嘱式のときに聴講したお話がとても分かりやすく論理的で実際的だと思ったからです。

行政はなかなか愛護の指導がなされない現状があるので、市の行政の方にもぜひ、と思ったのですけれど・・・。



人の思惑都合が優先された愛護ではなく、みんなの幸せを考えた本当の愛護が広がりますように。

その思いでいっぱい。

チャーリーがつないでくれたご縁が今回も勇気をくれてます。

ぜひぜひ参加してほしいなー。

犬との暮らし方教室、猫との暮らし方教室、継続していきますのでぜひぜひ〜!

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月12日 8時31分
真面目に犬を考える
 
生活の質をあげよう   
HPブログアップしました☆

今日もよろしくお願いいたします!
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]




2018年10月11日 8時31分
待つって大変
 
「犬の心のシャッターは 」  HPブログ更新しました☆

応援よろしくお願いいたします!
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:つぶやきやらボヤキやら] [コメント (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
チャーリードッグスクールブログマガジン-ブロくる
夏目真利子(チャーリーママ) さん
チャーリードッグスクールブログマガジン
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
犬の森

家庭犬の社会化トレーニング・お悩み相談室
Twitter
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログ内検索

最近の記事
10/20 13:58 お互い様
10/19 08:53 理想の犬との暮らしを追い求めて最後まで全力で駆け抜けたい
10/18 08:51 呪いから解放されよう
10/17 08:07 自分がその立場に立ったら?
10/16 20:29 思いやりの犬育て
10/15 08:38 拾い食い対策
10/14 09:20 困ったちゃんは救世主
10/13 08:34 徒然
10/12 08:31 真面目に犬を考える
10/11 08:31 待つって大変
10/10 17:26 リードワークは飼い主力
10/09 08:20 私の愛護活動
10/08 08:02 迷いや悩みは悪いことではない
10/07 07:35 飼い主さんが無理って思わないように
10/06 10:45 飼い主が自分の犬のプロになる
10/05 09:11 窮屈さんさようなら
10/04 08:19 あなたが幸せなら犬も幸せ・・・ってなるように
10/03 10:05 ストレスって言われるとその意味は分かるのだけれど・・・
10/02 09:09 おやつの使い方
10/01 09:55 野犬対応?
カテゴリ
全て (213)
ハズバンダリートレーニング (11)
リードワーク (11)
支配性理論をぶち壊せ (4)
古典的条件づけ (18)
ボディランゲージ (3)
叱らない (8)
つぶやきやらボヤキやら (48)
攻撃性 (4)
基本理念 (24)
保定や接し方 (18)
仔犬を迎えてから(仔犬の社会化) (2)
分離不安 (3)
ドッグフレンドリープログラム (11)
甘噛み (1)
恐怖症 (3)
クリッカートレーニング (3)
社会化 (5)
しつけとは (5)
ABA (7)
吠え (8)
学ぶ (2)
犬の成長過程 (1)
飼い主力 (1)
お散歩トレーニング (3)
スライドショー
アクセス数
総アクセス数: 309283
今日のアクセス: 36
昨日のアクセス: 63
書籍版「私は社会化のドッグトレーナー」
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved