このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ピアノ処分-ブロくる
digitalpiano さん
ピアノ処分
地域:福井県
性別:男性
ジャンル:暮らし お金
ブログの説明:
ピアノ処分
カテゴリ
全て (1)
アクセス数
総アクセス数: 661
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
古いピアノ
 
2014年2月10日 13時31分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


公正な市場価値を決定する減価償却方法 - 消費財の多くの種類が多かれ少なかれ予測可能なレートで時間の経過とともに価値を失うという事実。このようなピアノのバイヤーとして償却スケジュールは、同等の品質の新しいピアノの実際の販売価格の割合の価値がどれだけ使用されたピアノを示している。ここでの問題は現在、オリジナルとは異なっている会社によって製造さ非常に多くの古いブランドは、さまざまな工場や、世界の一部では、さまざまな規格のために、それは「同じような」新しいピアノを構成するものを決定することは困難または不可能であることである。したがって、この方法は、このようにモデルが合理的に匹敵することができ、このモデルは製造中、またはそのクリエイター比較的一定の財産で推移し、古いピアノのために残っている場合には、比較的最近ピアノを作るために使用される値、およびその規格のための場所を見つけるのがベストです決定する。ご注意ください現在の価格モデルの減価償却ではなく、元の価格のため、現在の価格口座にインフレと、該当する場合、外貨の価値の変動。

電子ピアノを販売する多くの人々がこの質問で問題になります。 「あなたは何を意味するのか、実際のピアノのですか?それは本当のピアノです」残念ながら、ピノキオなど、より多くの電子ピアノ!それが見えると、彼はまだ非常にまだ到着していないように本物のピアノのように動作しますが。しかし、ピノキオのように、それは非常に常に興味深く、そして魔法のように見えるものの多くすることができます。彼女はまだ(いずれにせよ、まだかどうか)ではないことを何かを装って随時ロングノーズに問題がある。この点で、私は、電子ピアノは、まだ本物の1無し本物のピアノライブの少年の人形よりも、または(別の古典的な物語を覚えている)機械ナイチンゲールのようになっていることを言わなければならない。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/digitalpiano/285062
最近の記事
02/10 13:31 古いピアノ
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved