ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
雷康斌(Lei Kangbin) さん
心を穏やかに、姿勢を正しく〜雷康斌(Lei Kangbin)
地域:宮城県
性別:男性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
気功ヒーラーの雷康斌(Lei Kangbin)です。新生活の始まる4月は、気持ちにハリもでて新しく何かを始めたいと思う時期ですよね。
それと同じくらい冬から春にかけて大きく季節も変わりますので心や身体に疲れが出る時期でもあります。
心も身体も健康的な生活が送れるよう日頃からの準備体操を行いましょう。
このブログでは日ごろ心がけておきたい気遣いや知っておきたいマナーについて綴っていきたいと思います。
カテゴリ
全て (1)
雷康斌(Lei Kangbin) (1)
マナー (0)
アクセス数
総アクセス数: 149
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 3
RSS
2017年4月17日 16時1分
結婚式・披露宴の心得〜雷康斌(Lei Kangbin)
 
結婚披露宴の形式は、一般的には食事の内容によって、洋風披露宴、和風披露宴、中国風披露宴などがあります。

料理や会場の飾りつけ、テーブルの配置などは異なっても、披露宴の進行そのものはさほど変化がなく、だいたいは基本的なパターンに沿って行なわれます。

披露宴には招待客が多数出席しますから、当事者としては席次の問題を解決しなければなりません。

招待客の席の並べ方には行き届いた配慮が必要です。

主賓の格づけや招待客の組み合わせをどうするかなど、招待客の年齢や社会的地位、新郎新婦との関係を考慮して、慎重にきめます。

披露宴の進行については、式場側の基本的なパターンを利用する場合は、当事者の意向をおりまぜながら、自分たちが納得のいく披露宴のプランをたてるべきでしょう。

当事者は、司会者や式場側と相談しながら、よりよい披露宴をめざして準備し、何もかも式場まかせにしないように心がけることが望まれます。

洋風、和風、中国風といった一般的な披露宴の形式をとらずに、独自の披露宴を計画する場合は、アイデアにおぼれ、ひとりよがりになって招待客の不興を買うことのないように注意します。

どんなに趣向を凝らしても、招待客が白けてしまうようなうわついた披露宴では、新しい門出に立つふたりの晴れ舞台も、輝きを失ってかすんでしまいます。

どんな形で披露宴を行なうにしても、いたずらに華美や奇抜さをてらうのではなく、結婚を機に新たに出発する、若いふたりの謙虚な気持ちを忘れたくないものです。

雷康斌(Lei Kangbin)
[カテゴリ:雷康斌(Lei Kangbin)] [トラックバック (0)]




最近の記事
04/17 16:01 結婚式・披露宴の心得〜雷康斌(Lei Kangbin)
最近のコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved