このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
オギタマとは何か
 
2019年3月23日 19時15分の記事



甘泉園にて
撮影時刻:2019/03/21午前10:59:31(23掲載)

ところの有無  如何

24朝 引き押し 過不足など見直し点検
  重くて 下におろしてから

同午前 その(象りなどされた苗字の)「某」さんに
間に入ってもらいまして 直筆の紙もいただいて
絡まりをはなれて 進めることとなりました
(2月初旬から延々という(極簡単な)手続き)

店舗/電話窓口/店舗を経て (24)封をする前に一筆
この手続きに関しましても 何かは異なるものかと
(認識の ずれなど)

24夕 投函後にも一筆
以前 誰かからのメールに何かがくっついてきたのは
偶然ではなかったのでしょう (それらを含めまして)
その頃のものも これからのことも そちらさまの問題
 
🌫

23
(睡眠をとりまして 豊島区図書館へ)
(下のスーパーで目に入り) へえ やぶれているのか・・と

高千穂等他から 十勝あたりまで なんですね

添え紙より
「延岡発祥 破れ饅頭」「本名は皇賀玉おがたま饅頭」
虎屋/日向の国 風の菓子 (延岡市幸町)
「兎に角、神の國日向には相応しい縁起の品」
「今日では貴賤上下の別無くひとたび延岡に入れば必ず一度は口にすると云うまでに其の名を馳せて居る」

「…天鈿女命が実のついたおがたまの小枝を持ち…」
「…手力雄命岩を押し開き、大御神を迎えた…」

「後世の鈴は、此時のおがたまの実に象り案出されたものと伝わって居る」
「外皮薄く、其処此処破れてアンコが見える所から何時とはな無しに『破れ饅頭』と云うようになった」とのこと

製造本舗佐々木主人の話を聞くと、慶長19年、祖先某なにがしが神木おがたまの縁起に因み、其の果実に象り売り出したのが初まりで、今日に及んだものだと云って居る。

「和菓子の命は餡」
「あ」から始まって「ん」で終わる ひらがなと同じ

北海道十勝の小豆は「畑のルビー」と言われるほど
小豆の品種名は「エリモ」

・渋切り 小豆本来の味を引き出す
・山芋をすって皮生地の主体とする

渋切りを徹底する独自の製法
「かるかん」を薄く削いで餡に張りつけたような皮
添え紙より

箱裏書きより
曰く、「恋と饅頭は破れたほうが美しい…」



おがたま(招霊)

オガタマノキ/モクレン科オガタマノキ属
「ミカドアゲハの食樹」
…和名は神道思想の「招霊」 (おぎたま)から転化したもの…
Wikipedia

おがたまの実は こちらで
www.jinjacho-osaka.net/chinnjyu-no-ki/ogatamanoki/09_002_chinnjyunoki_ogatamanoki.htm

▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️

渋切りでは 「ゆで汁」を捨てる
数日前に電気で圧力をかけました際には 省いた手順ですね

「かるかん」は 送られてきた時期に食したことは
何度かありましたので 昔から食感などは

その木は知りません  ご縁が無いようで

🌫

24 見直し点検後
年長者のほうの方が浮かびあがり こんなんでました
「辛酸なめ子が体験した、陰謀と恐怖と笑いの溢れるディープな夜」

適量をはかることなく それがテキリョウだと
「安心」 「安全」な食料 食糧を 独り占め
クラにおさめた方々は 「編集」「食品」と 組み で
  扱われていたのは神道 仏教 陰陽道 等 他
  スピのみならず 聖書から水にまつわる物事まで
  多岐にわたり 仰る期日までに 精算される様子

如何 いかに いかん
  それぞれのたどり着きたいところ



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
くる天


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved