このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
全岩化学分析
 
2019年3月28日 11時22分の記事


「全岩分析は元素レベルの分析です」
http://(www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=12592)

(二通りの方法があるらしいです)
(読書など/薄い「石」の本は27朝に麻の館で)


研究ノート岩石の化学組成を調べる‐神奈川県立生命の星・地球博物館/PDF


ガラスビード法による蛍光X線分析装置(XRF)を用いた珪酸塩岩石の主・微量成分分析/東京大学地震研究所/PDF
ガラスビード作成方法
「従来,全岩の化学組成分析には,試料の不均一効果を取り除くためガラスビード法が用いられてきた.またその希釈率については,分析目的に応じ2〜10倍程度のもが主流となっている(中井,2005).」

  ▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️▫️
4.1 http://blog.kuruten.jp/ka-on/424859
4.5 http://blog.kuruten.jp/ka-on/425176
4.11〜14 http://blog.kuruten.jp/ka-on/425469


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
くる天


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved