このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
『カルロス・ゴーンの言葉』 第1章 リーダーシップを高める言葉
[◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊]
2010年12月9日 2時41分の記事

第1章 リーダーシップを高める言葉

人の上に立つて他人を指導し、実際に動かすというのは、口で言うほど生易しいことではない。ましてや「リーダーシップ」を高めることは、一朝一夕でば不可能である、日々の厳しい訓練や鍛錬が必要である。ゴーンは、指導者を養成するフランスの最高学府で勉学し、リーダーとしての資質に磨きをかけ、業績が悪化した企業の再建に携わりながら、ビジネスの実践の場でリーダーシップを高めてキャリアアップしてきた。ゴーンのこの成長のプロセスは、リーダーを志す者にとって大いに参考となる。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



言葉01 リーダーはみんなに特別なものを与える存在である
 ◆もっと全体的な部分で貢献するためにミシュランに入った
 ◆別のブランド名で販売する製品を同一の設備で製造する
 ◆名経営者たちからトップリーダーの極意を教わった

言葉02 現実への敬意、コミュニケーション、勇気、思慮深い行動―これがリーダーの条件である
 ◆リーダーの四つの基礎的条件

言葉03 会社には夜も眠らずに解決する人間が必要だ
 ◆トップリーダーこそ、その役を引き受けなければならない

言葉04 ビジョンや目的はシンプルかつわかりやすく表現する
 ◆目標を必ず達成すると約束しなければならない

言葉05 朝7時に出社し、夜11時まで仕事を続ける
 ◆社長が会社で一番働いている
◆自分の決意と覚悟を思い知らせる

言葉06 仕事はビジネスライクにクールに行う
 ◆鉄則は「デッドライン」を絶対に守り、「コミットメント」を必ず達成すること
 ◆値引きはしない、接待はしない、しかし必要なコストは惜しまない

言葉07 チームとしての勝利を求める人かで人材を見る
 ◆人材は自分の目と耳で鑑定する

言葉08 スタッフが才能や創造力を発揮できる環境をつくる
 ◆形がいいだけでなく、製品の魅力が伝わるデザインが必要である

言葉09 最も成長力のある市場に注力するのが経営である  
◆売れるクルマをつくり、最も成長力のある市場へ投入する


言葉10 戦いは一極集中で行うこと
 ◆戦いは平押しでは勝てない
 ◆自ら北米事業を担当する

言葉11 予想外のハプニングはフラストレーションだ
 ◆トップが不満を示すと社員は不安を抱える ◆「忠誠心」は健在である

言葉12 すべてのステークホルダーを失望させてはいけない
 ◆企業はステークホルダーのものである

言葉13 リーダーは業績によってのみ評価される
 ◆唯一かつ最も重要なのは結果」という原則に常に従っている

言葉14「もうこれで十分」と思ったら、即座に辞めるべきである
 ◆リーダーは自らの資産価値を高め続けなければならない

言葉15 よくそこまで倹約できた
 ◆新しいモットーは「つつましい経営」
 ◆「もったいない感覚」を植えつける

(転載・引用厳禁)

くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3172)
◆『ナスダック・ジャパン』(1999年10月15日刊) (37)
◆『野村證券残酷物語』(1984年8月25日刊) (59)
◆松下幸之助「商売戦術三十ヵ条」(2009年9月刊) (92)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (72)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 214042
今日のアクセス: 41
昨日のアクセス: 66
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved