このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
『政治家の交渉術』( 2006年5月刊) 第64回 ―第4章1―?「すでに解決している」
2011年1月23日 14時0分の記事
 
目次

 第4章 平気で「断言」しろ―「舌は長く記憶は短く」

 1 「弱者の戦法」しろ

   「すでに解決している」


 「戦後の四分の一世紀に亘る日中関係は、二千年の歴史からみれば、ほんのひとコマにすぎない」
 田中角栄が、日中国交正常化の道を選択したのに対して、岸信介や賀屋興宣、灘尾弘吉らの党内親台湾派は、激しく抵抗し始め、自民党内はさながら、「内乱」状態に陥った。だが、田中角栄は、自民党内の日中国交正常化推進派である国会議員による協議会が結成し、三百十六人が参加した。この勢いで台湾政府の蒋介石総統に恩義を感じ、かつ、利権を握っていた自民党内の親台湾派を抑えることに成功した。さらに、田中角栄は、社会党や公明党まで取り込んだ。
 一九七二年九月二十五日、午前八時十五分、羽田空港から北京へと飛び立った。外務大臣・大平正芳と官房長官・二階堂進らが同行していた。外遊の際にはいつもファースト・レディ役の長女・眞紀子を同行していたが、このときは止めることにした。右翼をはじめ日本が共産・中国と国交を正常化させることに反対する勢力が不穏な動きを示しているという情報を治安当局が入手していたからである。
いざ出発というとき、田中角栄は眞紀子に、
 「生命を賭けて日中国交正常化を成功させてみせる」
 と言って車に乗り込み、羽田空港に向かった。
 田中角栄は北京で早速、第一回首脳会談に臨んだ。そのときの印象を,翌二十六日に記者団の前で,次のような七言絶句の即興詩に託して披露した。
 国交途絶幾星霜  修交再開秋将到
 隣人眼暖吾人迎  北京空晴秋気深
 交渉は、比較的順調に進み同月二十九日、田中角栄は、日中共同声明に調印し、日中国交が樹立された。これに伴い、外務大臣・大平正芳は、
「日本と台湾との条約は失効した」
 と発表した。田中角栄は、北京で、毛沢東や周恩来らの要人と歴史的な握手をした。田中内閣の組閣後、わずか三か月にして、日中国交正常化を実現したのであった。
 帰国後、田中角栄は日ソ外交を手がけようと決意した。日ソ復交に政治生命を賭けた総理大臣・鳩山一郎が、国交正常化を果たしてから十数年を経ていた。歴代内閣は,ソ連を避けて通ってきていたのである。田中角栄は,
 「だれかがやらなければならない」
 と国民的悲願を背負い、リスクを覚悟で出かけることにした。一九七三年十月九日から十一日にかけて、田中角栄は、モスクワ入りを果たした。
 北方領土の返還への糸口をつかみたい日本と、シベリアの資源開発・アジア集団安全保障構想に取り組みたいソ連との対決だった。ソ連は、
 「すでに解決している」
 と強い姿勢を示した。これに対して、タフネゴシェーターでも知られていた田中角栄は得意の交渉力を発揮した。交渉ごとは、土建会社を経営して営業で鍛えてきた自信があった。ブレジネフ書記長を相手に、強気で対応したのである。そして、ついに、
 「未解決,継続交渉」
 と認めさせた。それだけでもソ連訪問は大成功だった。
 とくに大国相手との交渉では、強気な対応で臨むタフネゴシェーターとして、グイク攻め立てる剛毅さが必要である。恐れず、怯まず、堂々と立ち向かえば、相手に尊敬され、交渉をうまく進めることができる。
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3197)
◆『ナスダック・ジャパン』(1999年10月15日刊) (60)
◆『野村證券残酷物語』(1984年8月25日刊) (59)
◆松下幸之助「商売戦術三十ヵ条」(2009年9月刊) (92)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (72)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 215652
今日のアクセス: 16
昨日のアクセス: 88
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved