このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊)―まえがき
[◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊)]
2017年12月6日 11時42分の記事



株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密

 まえがき

 株式市場は、いままさにマネーゲームの修羅場と化している。投資家に与えられた武器は、カネと情報とチエだ。それにもうひとつ加えるとすれば、「時」、すなわちタイミングである。
 世界の株式市場をひとつの舞台にして、今世紀最後で最大といわれるこの大相場で、天に昇る龍にも似た大気流にまたがり、黄色に輝く宝の玉を追い、それを手に入れたいと願う投資家は、数限りがないほどである。上手に龍をつかまえることができれば、たちまちのうちに巨万の富を築くことも決して夢ではない。うっかりすれば大金を失う危険を秘めているとはいうものの、世界の投資家にとってこれほど効率のよい資本市場はない。
 株式相場は、一種のバクチである。ただ、「丁か半か」を迫るサイコローバクチと違って、浮き沈みの続く波動をじっくり見つめて、かつ、時を計っていけば、必ず勝利を得られる「確実性」が保証されている。戦後の株式相場の足どりをダウ平均株価や個々の銘柄のチャートをたどってみると、このことは一目瞭然だ。経済が成長し、GNP(国民総生産)が膨張し続けてきたからである。
 二度にわたる石油危機以後、日本ばかりでなく、欧米諸国の経済は、安定成長の段階に入ったものの、成長・膨張のエネルギーが失われたわけではない。それどころか、IC(集積回路)やロボット、バイオテクノロジー、新素材などの先端技術の研究・開発をテコに、産業構造が大きく地殼変動を起こし、各国経済は、猛スピードで変貌しようとしている。ワットの蒸気機関に象徴されるかつての産業革命とは比べものにならない人類史上、最大規模の革命が起きているのだ。
 米国に次ぐ経済大国になった日本は、自由主義陣営のなかで、。カネ持ち国”のひとつとしての責任と行動を求められている。貿易摩擦に典型的にあらわれているように、大国としてのビヘイビア(行動)、立居振舞いをしなくてはならなくなっている。「輸出の拡大」から「外国製品の輸入促進」へと貿易政策も百八十度の大転換を余儀なくされ、「内需振興政策」の展開によって、国民や各企業のエネルギーを国内で処理することが国際的に要求されている状況にある。
 こうした時代の変化期に当たって、株式投資の発想の仕方や投資戦略・戦術も、変革を求められている。既成のテクニックや発想は、もはや通用しない。もちろん、「買い」や「売り」の基本動作や先人たちによって築かれてきた原則やルールが根本的に変わるわけではないが、株式売買が量的にもレペルーアップし、かつ、その根底で産業大革命が進行しているという現代においては、武器の中身が変わってきている。このことをまず認識しなくては、勝負はとても勝てないだろう。
 投資資金がボリュームーアップし、情報が洪水のように次々と押し寄せてくるので、投資家としては自分の立っている座標軸をしっかりと見定め、ジャイロスコープで計測しながらよほど上手に投資の(ンドルを操作していかないと、大気流に飲み込まれてしまう。
 本書は、株式市場の最前線で日々、真剣勝負を続けている株式のプロの持っている発想の秘密や投資の極意を探究したものである。いずれも血みどろの戦いのなかで掴んだり、編み出したりしたものばかりである。相場という大河の流れや情報洪水に翻弄されないで、普通の投資家が、株式によって大儲けするための貴重なヒントやテクニックが珠玉のように散りばめてある。勝つために、ぜひフルに活用していただきたい。

 昭和六十一年四月
                                   板垣英憲


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


目次

(転載・引用厳禁)


板垣英憲『勉強会』開催のご案内


くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2304)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (17)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 152943
今日のアクセス: 75
昨日のアクセス: 81
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved