このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
◆『「全員経営」のすすめ』(2000年3月20日刊)―はじめに 稲垣正夫は「広告ビッグバン」にいかに挑むか―急がれる経営戦略の立て直し
2018年2月9日 0時0分の記事

 はじめに  稲垣正夫は「広告ビッグバン」にいかに挑むか

 急がれる経営戦略の立て直し


 ニ十ー世紀の幕が感動とともに開き、新たな百年、新たな千年が希望と未来への不安を交えながらスタートを切った。前世紀までの常識がことごとく打ち破られて一掃され、あらゆるものが一新される。地球規模で同時進行しているIT(情報技術)革命と金融革命は、一段と加速されて世界の様相や人々の暮らしぶりを激しく変えていく。
 最も大きな変化を迫られるのは、産業界である。米田の規制緩和、英国の金融ビッグバン、日本版金融ビッグバンをきっかけにさまざまな業界分野で次々に大爆発が起こり、壮大な"ビッグバン現象"が、さながら絵巻物のように現出していく。
 産業界と消費者とをつなぐ新聞、雑誌、ラジオ、テレビの「四媒体(メディア)」のなかでもビッグバンが起こり、電子化、デジタル化により新しいメディアが生まれ、「デジタル情報通信革命」が推し進められていく。衛星放送などのニューメディアを媒体とする「ニューメディア広告」が活発化してくる。インターネット広告もそのボリュームを膨らませつつある。「ソフト時代」の流れに沿って、広告会社は「企業経営戦略の再構築」が迫られて、広告事業が成長性の高い「ソフトビジネス」に変容しつつあるのだ。
 これにともない、産業界、消費者、媒体の問に立つ広告業界も、必然的に未曾有の大変革の嵐に見舞われ、「広告ビッグバン」が今まさに国境を無視して地球規模で一気呵成に始まろうとしている。世界の広告業界で大再編成がドラスティックに進んでいるのである。
 海外の広告会社がグループ化を続け、巨大化していくのにともなって、日本の広告業界も構造と経営の仕組みが否応なく変革を迫られている。
 国内では現在、「海外の広告会社グループとの業務・資本提携による世界レベルでの業界の枠組みの構造変化」と「各社が社内カンパニー制の導入やメディア部門の拡充などの大がかりな組織改革」という「二つの再編成」が同時進行している。
 この二つの再編成のなかで、広告媒体であるメディア業界(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等)側と広告主(広告会社からみたクライアント)側との両方でビッグバンが起こり、「広告のビッグバン」が誘発されているのである。
 さらに、広告主各社が、経済変動に翻弄されず、とくに不況によっても目減りしない資産としての「ブランド」を構築しようと変革に取にり組んでいるのに対して、広告会社各社も「ブランド構築戦略」への対応を求められている。ブランド資産の構成要素は、「ブランド認知、ブランド・ロイヤリティー、知覚品質、ブランド連想、その他」の五つからなっていて、各構成要素の水準が高まることによって「ブランド資産価値」がグレードアップされる。広告会社は、広告主の強い要求に敏感に応えていかなくてはならないのである。
 このように広告会社は、従来のように「広告を流す」だけでは、もはや経営を維持できなくなってきている。新製品の開発や流通戦略から価格戦略まで含め、「トータル・マーケティッグ・コンサルタント」としての機能と役割を担っていけるように大きな期待が寄せられているのである。日本の広告会社は、大再編成の大渦巻に巻き込まれ、生き残りをかけて経営戦略の立て直しを急がなくてはならない。
 いかなる分野においても、ビッグバンを引き起こす主役は人である。ビジネス社会においては、フロンティア精神旺盛大経営者やビジネスマンたちが什掛人となり、演出家となってビッグバンを連鎖反応的に拡大していくのである。
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊)]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2481)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (23)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 164160
今日のアクセス: 59
昨日のアクセス: 84
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved