このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
◆松下幸之助『商売戦術三十ヵ条』」(2009年9月刊)―目次
[◆松下幸之助「商売戦術三十ヵ条」(2009年9月刊)]
2020年2月8日 8時12分の記事



松下幸之助『商売戦術三十ヵ条』◆もくじ

はじめに


第一条 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
●「利益」とは使命達成の報酬である
●真の使命は社会を富ませること
●ワタミが考える企業存続の条件
●ドトールコーヒーの商いの意義

第二条 お客様をじろじろ見るべからず。うるさくつきまとうべからず
●来客への細やかな気づかいと深い配慮
●「声かけ」がお客様にはプレッシャーとなる
●ユニクロは「声かけ」をしない
●売り込みはあせらず

第三条 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

●商売繁盛に欠かせない条件

第四条 棚立上手は商売下手。
    小さい店でゴタゴタしている方が却ってよい場合あり

●お客様の「心の動き」を最優先にする
●「ドン・キホーテ」の成功の理由は「圧縮陳列」
●狼雑な商店街にホツとする
●「目を引く」技術はさらに重要になる

第五条 取引先は皆親類にせよ。
    これに同情を持って貰うか否か店の興廃のわかるるところ

●「取引先」は無限に広がるはずである
●「取引先」は無限に広がるはずである
●「捨てる神あれば、拾う神あり」を知る
●住友銀行との取引が幸運を招く
●親類とは血縁者のことではない

第六条 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永久の客をつくる
●「アフターサービスは、永久の客をつくる」
●商売や儲けを論するのは国家社会を論するのと同じ
●任天堂の「神対応」

第七条 お客様の小言は神の声と思って何事も喜んで受け入れよ
●クレームは「ファン」の入り口
●「一軒イコール百軒」の原理
●クレームは「ファン」の入り口
●「一軒イコール百軒」の原理


第八条 資金の少なきを憂うるなかれ。信用の足らざるを憂うべし
●実績を積んで「信用力」を強化せよ
●お金は「小さく生んで、大きく育てる」
●「京セラ」創業者・稲盛和夫は上司から信頼を広げた
●「パソナ」南部靖之の起業時のエピソード

第九条 仕入れは簡単にせよ。
    安心してできる簡単な仕入れは繁昌の因と知るべし

●仕入れの重要さを痛感する
●マキオの「地元を大事にする仕入れ」
●イオンは「直接仕入れ」で収益改善を狙う

第十条 百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁昌させる基と知るべし

●「商売冥利」とは何か

●庶民とともに成長する

第十一条 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ
●「押し売り」をするな、媚びる商品は売るな
●「便利なもの・必要不可欠なもの」で社会を支える
●「リビング革命」の旗手となる
●マブチモーターの究極の絞り込み

第十二条 資金の回転を多くせよ、百円の資本も十回回せば千円となる
●資金の回転を多くする秘訣は「薄利多売」

第十三条 品物の取換えや返品に来られた場合は、
     売ったときよりも一層気持ちよく接せ


第十四条 お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない


第十五条 良き品を売ることは善なり。
     良き品を広告して多く売ることは更に善なり


第十六条 自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そして、それだけに大なる責任を感ぜよ

第十七条 仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え

第十八条 紙一枚でも景品はお客様を喜ばせるものだ。
     付けてあげるもののないときは笑顔を景品にせよ


第十九条 店のために働くことが同時に店員のためになるよう、
     待遇その他適当の方法を講ずべし


第二十条 絶えず美しい陳列でお客様の足を集めることも一案

第二十一条 紙一枚でも無駄にすることは、それだけ商品の値段を高くする


第二十二条 品切れは店の不注意。お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである


第二十三条 正礼を守れ! 値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

第二十四条 子供は福の神−子供づれのお客、
      子供が使いに来ての買物には特に注意せよ


第二十五条 常に考えよ、今日の損益を。
      今日の損益を明らかにしないでは寝につかぬ習慣にせよ


第二十六条「あのお店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ

第二十七条 御用聞きは何か一、二の品物なり、商品の広告ビラなり持って歩け


第二十八条 店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け、活気ある店に客集まる

第二十九条 毎日の新聞の広告は一通り目を通しておけ。
      注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし


第三十条  商人に好況不況はない、いづれにしても儲けねばならぬ


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい




(転載・引用厳禁)


板垣英憲『勉強会』開催のご案内


くる天 ブログランキング

板垣英憲マスコミ事務所

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

板垣 英憲(いたがき えいけん)情報局

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (3122)
◆『野村證券残酷物語』(1984年8月25日刊) (46)
◆松下幸之助「商売戦術三十ヵ条」(2009年9月刊) (92)
◆『恐るべし野村證券の野望』(昭和61年12月25日刊) (72)
◆『【日本経済新聞】のここをこう読みなさい』(1995年4月26日刊) (75)
◆『なぜ?浦和・与野の不思議』 (2)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (34)
◆『二宮尊徳に学ぶ企業経営』(法人うらわ)1999年新年号より (18)
◆『徳川慶喜に学ぶ経営改革』({法人うらわ」1998年新年号より連載) (17)
◆「渋沢栄一に学ぶ」(「法人うらわ」2000年新年号月より連載) (19)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (55)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 210541
今日のアクセス: 60
昨日のアクセス: 56
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved