板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集 http://blog.kuruten.jp/eiken-world 「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円 板垣英憲マスコミ事務所 http://www.a-eiken.com ja-jp いたがきえいけん http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421397 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―IBM帝国の中核にある企業意志と哲学 ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-22T18:00:00+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421365 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―米国IBMの内部事情を明かす視察レポートIBMの世界戦略を支えるプラニング・システム ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-21T15:00:49+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421327 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―米国IBMの内部事情を明かす視察レポート―内部視察資料が描いたIBMの実像 いたがきえいけん 2019-01-20T18:52:51+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421230 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―コンピューターは社会の主役になり得るか ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-19T10:47:43+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421229 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―戦後日本で展開されたIBM機納入ラッシュ ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-18T10:22:43+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421145 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMの日本進出65年の軌跡―IBMの日本上陸は大正14年 ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-17T08:00:00+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421144 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMのとらえどころのない不気味さはどこからくるのか―外部からはうかがい知れない不透明な企業活動 ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-16T16:52:54+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421090 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―第1章ベールに包まれたIBM帝国―IBMのとらえどころのない不気味さはどこからくるのか―知名度のわりになじみが薄い企業イメージ ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-15T09:22:25+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421058 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―まえがき ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-14T10:35:56+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421057 ◆『IBM』神話の崩壊』(1990年6月20日刊)―目次 ◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) いたがきえいけん 2019-01-14T10:32:24+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/421015 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちゃん」の問いかけ』(1994年5月7日刊)―終わりに 管理社会下の命名権 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) いたがきえいけん 2019-01-13T07:47:16+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/420987 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちゃん」の問いかけ』(1994年5月7日刊)―姓名パワーの信仰(東洋文化と姓名)―文化人類学からみた日本人の姓名観◆一世紀の歴史しかない「姓」の平等 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) いたがきえいけん 2019-01-12T07:54:15+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/420957 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちゃん」の問いかけ』(1994年5月7日刊)―姓名パワーの信仰(東洋文化と姓名)―文化人類学からみた日本人の姓名観◆「姓」が特権だった時代 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) いたがきえいけん 2019-01-11T07:38:06+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/420904 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちゃん」の問いかけ』(1994年5月7日刊)―姓名パワーの信仰(東洋文化と姓名)―文化人類学からみた日本人の姓名観◆戸籍の歴史 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) いたがきえいけん 2019-01-10T07:58:44+09:00 http://blog.kuruten.jp/eiken-world/420859 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちゃん」の問いかけ』(1994年5月7日刊)―姓名パワーの信仰(東洋文化と姓名)―文化人類学からみた日本人の姓名観◆「氏姓制度」の誕生とその社会的意義 ◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) いたがきえいけん 2019-01-09T07:21:24+09:00