ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2016年5月1日 8時30分
投資詐欺の見分け方(6)
 
 前回の掲載からだいぶ間が空いてしまいました。書くのが億くうになりますね。昔は書くのを生業にしていたのに!スタートから約1年間、書いてきたのでそんなに書き込まなくてもいいでしょう――というようになっています。

 今回は、投資詐欺の手口は「似て非なる」ものではなく、たいていは「商品は違えど仕組みは同じ」の場合が多いことをお知らせしておこうと思います。商品が同じなら警戒もするのですが、全く違う商品が出てくるから引っ掛かるわけです。いい例は――。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年4月18日 9時0分
投資詐欺の見分け方(5)
 
 前回は、長々と書いてしまったので、「ショート・ショート」みたいな感じで、気軽に読める長さにしたいと思います。今回は、「証券化手法」を用いた手口で不動産投資を勧誘する方法です。具体的な手口を見ていきましょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年4月14日 8時30分
投資詐欺の見分け方(4)
 
 不動産を対象にした詐欺師は、「地面師」と言われています。いわゆる善良な市民から不動産をタネにカネを引き出す輩たちを総称した蔑称ですね。地面師たちの共通した手口は何か――それは持ち歩いている資料の完成度が非常に高いのが特徴でしょう。

 たぶん、宅地建物取引業免許を持つ不動産業者の関係者か、不動産業元経験者か、宅地建物取引主任者(現・宅地建物取引士)有資格者かが資料作りを手伝っている可能性は十分にあり得ます。

 しかも、資料がそのまま重要事項説明書の一部になるほど作り込んでおり、どうみても素人が作っているとは思えない内容がちりばめられています。よくできた資料の内容に、コロリと騙されるわけです。

 具体的には、資料の内容がまともであれば、資料を見せられた方は取引実態があるものと錯覚します。地面師たちは、カネの出し手である金主を錯覚させるための「よくできた資料」と「巧みな話術」を駆使し、カネを引っ張ろうとするわけです。

 「不動産」は、「リアルエステート」といいますが、そのものズバリです。そう「リアルな物件」なのです。その意味で、地面師たちの言葉を聞きながら、リアルさ、現実的な疑問を地面師にぶつけていくと、話をうやむやにして煙に巻いて逃げます。

 そのためには、資料のどこを見れば、地面師たちのトリックを見破ることができるのか――。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年4月12日 9時0分
投資詐欺の見分け方(3)
 
 「不動産」というと、宅地建物取引業免許を取得し、営業している不動産会社に対しても、あまりいいイメージを持っていない人が多いのが本音ではないでしょうか。

 一般の方の場合、「不動産業者」の単語の上に、「悪徳」という2文字が頭の中でくっつけているから、不動産業者と聞くと、拒絶反応を起こす方がけっこう多いのが実態です。

 なかには、賃貸住宅だけでなく、売買物件について仲介したのが他の不動産業者であるにもかかわらず、知り合いの不動産会社の社長さんに文句を言う方が多いようです。

 これは筋違いも甚だしいわけで、その場合は「他の業者に依頼しておいて不動産業界全体のひとくくりの中で、悪く言うのは止めてもらいたい!」と釘を刺すと、何も言わなくなります。というか、言えなくなるわけです。

 知り合いの不動産業者の社長に頼まなかった罪悪感の方が勝り、後悔が先に立って二の句が継げなくなるのが透けて見えるから面白いですね。

 ここで、宅地建物取引業免許(都道府県知事もしくは国土交通大臣)を持つ不動産業者と不動産ブローカーとの相違点や、不動産ブローカーと投資詐欺師の相違点を明確にしていきましょう。

 投資詐欺師たちがカネを出させる手口は次回以降にでも!
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年4月7日 9時0分
投資詐欺の見分け方(2)
 
 投資詐欺商品を事前に見抜き、顧客が引っ掛からないように仕向けることもFPの役割の一つです。「投資」というと、「何かいけないもの」みたいな雰囲気で、「堂々と話すことがためらわれてしまう」「裏でこっそりするもの」みたいな感じになっていませんか。

 義務教育で「投資教育」を行っていない教育の結果なのですが、「金銭は働いて得るもので不労所得はいけないもの」という訳の分からない道徳観が投資詐欺を生み出しているのが陰の部分としてあります。

 就学したら学校で「おカネの教育」、つまり「マネー教育」を行いながら、投資詐欺を見抜く力を少しずつ養うことが必要です。一気に身に付くわけではありませんから、年齢に応じて段階的にマネー教育を行うことは大事です。

 投資詐欺で事件が表面化しやすいのは不動産でしょう。不動産の投資詐欺とは――。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年4月2日 23時0分
投資詐欺の見分け方(1)
 
 投資詐欺事件が後を絶ちません。詐欺集団は、一見は普通の会社を装い、そこに勤める会社員として、被害者に近づいてきます。新手の投資商品を作り出しては「カモ」となる被害者を見つけ、DM(ダイレクトメール)を出した後に、電話攻勢に精を出します。

 低金利時代のいま、年利10%〜20%をうたう投資商品は確かに魅力的に映りますし、興味をそそります。「そんなバカなうまい話があるものか」「私は詐欺には引っかからない」などと思っている本人に限って、実際に罠に引っ掛かり被害に遭っているのが現実のようです。

 投資商品に対する相談に対し、どのように対応するのか――FPにとっては、投資商品の真贋を見分ける情報力と、真実のように構築された詐欺システムの矛盾を崩す知識と経験が必要になります。詐欺商品を自ら勧めてしまったら、顧客の信頼を失い、FPとしてだけでなく、普通人としても社会的に終わりになります。

 「資産があるから詐欺に遭う」わけで、「資産のない人にはあまり関係ない」と考えていると、詐欺投資に知らぬ間に引っ掛かってしまいます。身近になりつつある投資詐欺――その見分け方とは何かを見ていきましょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資詐欺] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





くる天
プロフィール
Mitsuo Toriumi さん
ファイナンシャル・プランニング事務所『FP Office-T』
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:暮らし お金
ブログの説明:
 1級FP技能士(資産相談業務)の代表者が、あなたの大事な資産の運営・管理方法や、会社・事業の運営・管理方法など、不透明な経済環境を乗り越える知恵と方策を提案します。日刊建設工業新聞で、国土交通省や農林水産省、経済産業省、東京都庁、横浜市庁などの取材を担当。建設市場の国際化や入札・契約制度、経営事項審査などの制度設計のほか、農業農村整備事業を含む農林水産省関連補助・助成制度に詳しい。
 保有資格は宅地建物取引士、日本損害保険協会認定損害保険プランナー、一種証券外務員有資格者、2級DCプランナー(企業年金総合プランナー)。日本ジャーナリスト会議(JCJ)所属。1997年1月に「別れの御櫛〜斎王大伯皇女物語」で名古屋タイムズ(2008年10月31日付発行をもって休刊)創刊50周年文芸賞佳作受賞という異色な経歴を持つ。
 ご相談は電話0466-61-1346(代表)、またはメール(fp_office-t@cdej.com)へ。
カテゴリ
全て (277)
ごあいさつ (3)
設立理念 (1)
個人情報保護方針について (1)
特定商取引法に基づく表示について (1)
個人のお客様向けサービス (1)
法人のお客様向けサービス (1)
有料相談について (1)
無料相談について (1)
ライフプラン・リタイヤメントプラン (7)
金融資産運用 (36)
不動産運用 (24)
家計・生活設計 (5)
社会・生命・損害保険 (32)
公務員の年金・社会保険 (6)
事業承継・相続設計 (17)
タックスプランニング (14)
投資詐欺 (6)
金融政策 (5)
納税環境 (1)
消費課税制度 (2)
雇用情勢 (1)
マイナンバー制度 (4)
全国の景気動向 (15)
神奈川の景気動向 (70)
お知らせ (14)
訂正とお詫び (1)
アクセス数
総アクセス数: 81558
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 86
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
経済指標
FX経済指標
RSS
最近の足跡
01/03 13:21 編集グループ


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved