ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2015年11月2日 5時0分
1米ドル=121円を境に上昇基調での展開か――今週(11月2日〜11月6日)の為替市場予測
 
 今週の目玉統計は3日発表のオーストラリア準備銀行(RBA)理事会の結果と、6日発表の米雇用統計です。米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ期待が再燃しています。

 米雇用統計で雇用創出ペースと平均時給の増加ペースが加速する気配になると、米ドルの下支え材料となるでしょう。米ドル/円は日銀追加緩和の見送りもあり、レンジ感が強まりつつありますが、121円台前後での展開になりそうです。

 一方、豪RBA理事会では、豪CPIが低下するとともに、豪州の主要輸出品目の鉄鉱石の価格が下落傾向にあり、利率据え置き予想と、0.25%引き下げ予想の双方に見方が分かれているようです。
[続きを読む]
[カテゴリ:金融資産運用] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月30日 9時0分
不動産の取引や工事の受注で契約書に貼る印紙、節税する方法はないものか…
 
 不動産の売買で売主と買主で契約書を取り交わす時や、工事の請負契約書を発注者と受注者で取り交わす時に、印紙を貼付しますが、取引金額が大きいと印紙代が数万円〜数十万円もかかるケースがあります。経皮的にバカにならないので、何とか節税できる方法はないものか――。
[続きを読む]
[カテゴリ:タックスプランニング] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月29日 8時0分
JR東日本が横浜に現業事務所など6件、横浜市内の最新建築動向(15年10月19日〜10月23日)
 15年10月第4週の横浜市内の標識設置届数は計6件となりました。1,000?を超える案件は5件です。事務所やホテル・店舗、老人ホーム・美術館の合築施設など投資がおう盛になってきました。

 主な案件としては、JR東日本が西区で現業事務所を新たに建設します。また、伊藤忠都市開発が金沢区で72戸のマンション開発を行います。

【9,000?超案件】
 ・JR東日本=(仮称)横浜現業事務所新築、S一部RC造地上8階建て、設計は…


【6,000?超案件】
 ・伊藤忠都市開発=(仮称)横浜市金沢区瀬戸2丁目計画、RC造地上10階建て、共同住宅72戸、設計は…

 具体的には、有料記事でご覧ください。案件ごとに規模や設計者、問い合わせ先を掲載しています。

***********************************************

 購読の仕方は、少し複雑です。ブログの課金システムは、当事務所は一切関知していません。購読を希望される方で、課金方式が分からない方は、管理者の「くる天」さんの方にお尋ねください。

 詳細は、くる天さんの「よくある質問」をご参照ください。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:神奈川の景気動向] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月28日 9時0分
閉店する自宅兼店舗の店舗部分、貸して収入を得たいのですが…
 
 住宅街と商店街が混在した自宅兼店舗で履物店を夫婦で営んできた方からのご相談です。店を出して25年になるそうですが、70歳を機に閉店を決心したそうです。ただ、閉店と合わせ、1階の店舗部分を賃貸し、賃貸収入を得ようと考えたそうです。「店舗部分を貸し出すに当たり、注意するべき点は何ですか?」というご相談内容です。
[続きを読む]
[カテゴリ:不動産運用] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月27日 8時30分
会社代表者時の保証と担保、退任を機会に外したいのですが…
 
【ご相談内容】
 創業者だった友人に依頼されて会社の代表者に就任、厳しかった資金繰りも改善し、経営も安定しました。これを機に、代表者を退き、創業者の後継者に経営をバトンタッチして経営から全く離れました。

 かつて資金繰りに行き詰った際に、自宅を担保に入れ、金融機関から運転資金を借り入れ、何とか急場をしのぎ、経営破たんを免れ、その後の安定経営に道筋を付けました。いまは経営も安定しており、主要取引金融機関も財務内容にまったくケチを付けなくなりました。

 しかし、経営から離れる際に、金融機関に対し「担保の解除と保証人の免除」を依頼したら、あっさりと断られました。「経営は水物」であり、身を退いたのに代表者保証を求められたり、担保の自宅を取られたりしたら堪りません。どのように対処すればいいのか考えあぐねています。
[続きを読む]
[カテゴリ:事業承継・相続設計] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月26日 5時0分
1米ドル=120円を境に上昇基調で推移か――今週(10月26日〜10月30日)の為替市場予測
 
 今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が28日に開催する会合と、日本銀行が30日に開催する政策決定会合の行方がどうなるのかに掛かっています。

 欧州中央銀行(ECB)の追加緩和策の示唆で、世界的に株価は反発基調で推移しており、米FOMCの声明が12月利上げ開始の可能性をにおわせるような内容となった場合、米ドルが続伸する可能性があるからです。

 また、日銀の決定会合に向けて、成長率やインフレ率の見通しが下方修正に傾くと、追加緩和策の期待が高まり、米ドル/円が121円台をうかがう状況になるかもしれません。
[続きを読む]
[カテゴリ:金融資産運用] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月23日 12時0分
亡くなった父に多額の借金が!相続放棄を行うべきか、判断時期が迫り焦っています!
 
 亡くなったお父様の公的年金や健康保険などの手続きが終わったかと思ったら、多額の借金があるのが判明し、相続を放棄するべきかどうか、相続人の間で悩んでいるうちに、ま相続放棄ができる期限が間近に迫ってしまうケースは間々あります。その際にどうしたらいいのか――一。

 ケースでは、自営業を営んでいた父親が亡くなり、?自宅の不動産があったので遺産分与の段に登記簿を確認したら、借金の担保がついていた?個人保証もあった?無担保の借金もあった――などが次々に判明したようです。

 「相続放棄は家庭裁判所で3ヵ月以内に申し立てればいい」点については、ご相談者の方はご承知になっていました。ただ、借金(債務)がどれくらいあるのか、全く見当がつかなくなり、債務を確定できない状況で3ヵ月の期限が迫り、焦ってきているようです。
[続きを読む]
[カテゴリ:事業承継・相続設計] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月22日 8時30分
神奈川県内の15年度公共工事、上半期は23.5%増の3,777億円、東保証支店調べ
 神奈川県内で15年度4〜9月期(上半期)に発注された公共工事は、件数ベースで前年同期に比べ6.5%減の4,780件、金額ベースで23.5%増の3,778億78百万円となりました。50億円を超える大型工事が軒並み増え、発注件数が減少しながらも、発注金額だけが大幅に伸びている傾向にあり、「地元中小向けに工事がまわっていないのではないか」と危惧する声も聞こえてきています。

 東日本建設業保証神奈川支店によると、「金額ベースで横浜市の発注が好調な部分によるところが大きい」と指摘しています。横浜環状北西線関連の工事や、藤沢市発注の新市庁舎建設工事などの大型案件の新規契約案件で一気に増加しています。

 全国大手建設紙の関係者は「県内での生コンクリート量が全く増えていない。発注金額ベースで伸びていても、実需の部分で全く実感できていない状況ではないのか」と話しており、大型工事の発注が続いても、地域の中小建設業にとっては厳しい経営環境に変わりはなさそうです。
[続きを読む]
[カテゴリ:神奈川の景気動向] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月21日 10時40分
記事更新、お休みのお知らせ
 
 まことに勝手ながら、本日の記事更新をお休みさせていただきます。
[カテゴリ:お知らせ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2015年10月20日 10時30分
(仮称)長津田南口ビル計画の1件、横浜市内の最新建築動向(15年10月13日〜10月16日)
 15年10月第3週の横浜市内の標識設置届数は1件だけにとどまりました。4,000?を超える案件です。

 横浜市都筑区で発生した「傾きマンション」の関係で、建築確認関連の申請・業務が滞り始めている可能性もあります。

 大切な資産でもある自宅マンションが傾いていたらどうするか――所有者として最善の策を近くUPしようと考えています。

***********************************************

 購読の仕方は、少し複雑です。ブログの課金システムは、当事務所は一切関知していません。購読を希望される方で、課金方式が分からない方は、管理者の「くる天」さんの方にお尋ねください。

 詳細は、くる天さんの「よくある質問」をご参照ください。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:神奈川の景気動向] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件
くる天
プロフィール
Mitsuo Toriumi さん
ファイナンシャル・プランニング事務所『FP Office-T』
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:暮らし お金
ブログの説明:
 1級FP技能士(資産相談業務)の代表者が、あなたの大事な資産の運営・管理方法や、会社・事業の運営・管理方法など、不透明な経済環境を乗り越える知恵と方策を提案します。日刊建設工業新聞で、国土交通省や農林水産省、経済産業省、東京都庁、横浜市庁などの取材を担当。建設市場の国際化や入札・契約制度、経営事項審査などの制度設計のほか、農業農村整備事業を含む農林水産省関連補助・助成制度に詳しい。
 保有資格は宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、競売不動産取扱主任者、日本損害保険協会認定損害保険プランナー、一種証券外務員有資格者、住宅金融普及協会認定住宅ローンアドバイザー。日本ジャーナリスト会議(JCJ)所属。1997年1月に「別れの御櫛〜斎王大伯皇女物語」で名古屋タイムズ(2008年10月31日付発行をもって休刊)創刊50周年文芸賞佳作受賞という異色な経歴を持つ。
 ご相談は電話0466-61-1346(代表)、またはメール(fp_office-t@cdej.com)へ。
カテゴリ
全て (292)
ごあいさつ (3)
設立理念 (1)
個人情報保護方針について (1)
特定商取引法に基づく表示について (1)
個人のお客様向けサービス (1)
法人のお客様向けサービス (1)
有料相談について (1)
無料相談について (1)
持続化給付金・拡大防止協力金 (1)
ライフプラン・リタイヤメントプラン (7)
金融資産運用 (36)
不動産運用 (34)
家計・生活設計 (5)
社会・生命・損害保険 (33)
公務員の年金・社会保険 (6)
事業承継・相続設計 (17)
タックスプランニング (15)
投資詐欺 (6)
金融政策 (5)
納税環境 (1)
消費課税制度 (2)
雇用情勢 (1)
マイナンバー制度 (4)
全国の景気動向 (15)
神奈川の景気動向 (70)
お知らせ (14)
訂正とお詫び (1)
アクセス数
総アクセス数: 123760
今日のアクセス: 23
昨日のアクセス: 75
株価チャート
by 株価チャート「ストチャ」
経済指標
FX経済指標
RSS
最近の足跡
足跡はありません。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved