このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
jieosooe さん
風水で恋愛運や金運を上げる方法とは?
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:暮らし 占い
ブログの説明:
風水で恋愛運や金運を上げる方法についてまとめたブログです。
カテゴリ
全て (9)
アクセス数
総アクセス数: 1600
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 1
RSS
風水でオフィスラブ運を上げる方法とは?
 
2019年3月3日 16時20分の記事

彼氏や彼女ができたきっかけ(馴れ初め)にはオフィスラブ(社内恋愛・職場恋愛)の割合がとても多い事が分かっていて・・・・

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





彼氏や彼女ができたきっかけ(馴れ初め)にはオフィスラブ(社内恋愛・職場恋愛)の割合がとても多い事が分かっていて、過去でも現在でもトップに位置する恋活だと言われています。

そのため、今現在社内に気になる異性がいたり、恋をしている方が決して少なくありません。

オフィスラブを成功するためには、例えばご自分の社内のデスクにも風水を取り入れることで恋愛運アップ効果が期待できますから、ぜひ実行してみることをお勧めします。

会社の自分のデスクで行えるオフィスラブアップ方法は・・・

ヾの上に水に関連するグッズを置く
⊆卞發嚢イな異性と話すとき相手の左側に並んだり座ったりする
ランチの時は入り口からなるべく遠い場所に座る


などの対策を取り入れることで恋愛運がアップ効果が期待できます。

もし社内にご自分のデスクをお持ちであれば、机の上にとにかく水に関連するグッズを置くことで恋愛運アップ効果が期待できます。

例えば小さい花瓶やミニ水槽などを置くのもよいでしょう。

しかし鉢物を置くと逆に運気が下がってしまうため、注意が必要です。

それから社内で好きな異性と廊下で話す機会があったりランチを一緒にする機会があれば、相手の左側に座ったり並んで歩いて話すとよいです。

心臓は感性に敏感であり、情念の中枢機能だと言われていますから、心臓のある側に位置する人の言葉に左右されやすく、暗示にかかりやすい傾向があります。

そのため、好きな異性を口説く場合、相手の左側にいると成功しやすくなります。

それから、社内のご自分のデスクの位置やランチの座る場所も、なるべくなら入り口から遠い場所であることがベストです。

人間は入り口付近を本能的に警戒してしまう傾向があると言われていますので、神経が入り口に集中してしまい、入り口付近の人は印象が薄くなりがちです。

また自分自身も入り口付近にいる事で無意識のうちに入り口を警戒して落ち着きがなくなりますから、しぐさや表情にも落ち着きがなくなり、精彩を欠いてしまう場合が多くなります。

会社のデスクの位置はなかなか自分の好きな位置に決められない場合が多いですが、もし入り口から遠い場所に決められた場合はラッキーだと言えます。

■最後に

オフィスラブを成就したい場合、風水で恋愛運を上げることで、社内の意中の異性と仲良くなれるチャンスを高めることができます。

恋愛運を上げる方法は、今お住いの部屋を徹底的にきれいに掃除したり整理整頓するだけでもアップ効果が期待でき、さらに間取りや家具の位置を変えるだけでもアップする事ができます。

例えば、部屋の西側は恋愛運をつかさどる方角なので、西側にタンスやドレッサー、ご自分の趣味の道具などを置くことで恋愛運をアップさせる効果が期待できます。

さらにもし持っているなら西側に社内の好きな異性の写真を飾ったり、憧れの芸能人のポスターを貼る事で似たタイプの異性との出会いが期待できます。

ちなみに西側に入り口や大きな窓があると、運気が逃げてしまうため、窓にカーテン(黄色・オレンジなどの暖色系が良い)を付けたりすることでそれを防ぐことができます。

また、ベッドの位置を北側に置くことでセックス運がアップし、さらに西側に頭を向ける事でも恋愛運アップ効果が期待できます。

以上、オフィスラブを成就するためには簡単にまとめると

_饉劼里桓分のデスクに水に関連したグッズを置く
⊇擦鵑任い詆屋の整理整頓や掃除を徹底する
西側は恋愛運をつかさどる方角
に迷Δ縫戰奪匹鮹屬、西側に頭を向けて寝る


この対策を取りれる事で恋愛運が徐々に高くなり、オフィスラブを成就するチャンスを高めることができます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/fusuirenaikinun/421101

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved