このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
gigigibkk さん
ねぶたの絵を海外へ紹介したい
地域:青森県
性別:男性
ジャンル:趣味 デザイン・アート
ブログの説明:
ねぶたの絵を海外へ紹介したい。どこの国がこの芸術を理解してくれるのか?どういう使い道があるのか?みなさんの意見をいろいろもらって考えたいです。
カテゴリ
全て (2)
アクセス数
総アクセス数: 442
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 0
RSS
和の雰囲気が必要なところを考えてみた
 
2017年9月13日 15時44分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


こんにちは。ぺるしあです。ここの所、毎日誰かと「ねぶたの絵はどうやったら世界に広まるのか」という会話をしています。

ある人曰く、「ねぶたの絵って、一般的な和の、禅とか余白美とか、そういう”静”の和じゃないよね。かなりロック」と言っていた。

ねぶたがロック!なるほどねー!!マア確かに津軽三味線がここ20年ぐらいで「あんなにロックな楽器だったなんて」と見直したぐらいなので、ねぶたの絵を”ロック”と表現するのもおかしくないのかも。

他の人曰く「熱い場所、熱気のあるところに合うよね。そういう意味では、琴のバックミュージックが流れているような海外の和食店には合わない。中華料理とかディスコとかのほうが向いてそう?」と言っていた。

ねぶたが中華料理?!ねぶたがディスコ?!人の意見って聞いてみるものですね!まったく考えたことがなかった。こんな伝統芸術をディスコっていうその人のセンスもスゴイ!

あ、ディスコっていうのは今でいうクラブね、若者が夜に酒を飲んで音楽に合わせて踊るところ。うむ、そこでねぶた。想像がつく、それはとってもかっこいい!

なんだかワクワクしてきました!ねぶたのロック性を世界へ表現したいです!!!








このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/gigigibkk/391340
最近の記事
09/13 15:44 和の雰囲気が必要なところを考えてみた
09/09 10:14 海外でねぶたの絵を紹介したい!
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved