ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2013年9月29日 11時0分
G?スプリンターズS
 
銀ちゃん大当たり! 

3連単10,410円。先週のG?神戸新聞杯を見事的中!!
主役のエピファネイアは2着に2馬身以上の差をつけて完勝。ダービー馬のキズナが日本を留守にしている間にダービー2着馬が他の3歳馬に負けるわけにはいかないという気迫と凄みを感じたね。完璧でした。10月20日のG?菊花賞では、ダントツの1番人気で重圧も掛かり楽ではないが、優勝会見で福永が「やっと乗りこなすことができました」と話したように人馬一体となってイメージどおりの競馬ができたことは大きな進歩。本番もやってくれるのでは。
ただひとつ気になるのは、2着に入ったマジェスティハーツが、森騎手が本番では武豊騎手に代わること。淀競馬場の中で生まれ育ち、淀の長距離戦を最も得意にしている武にとってマジェスティハーツの切れ味は魅力なはず。
元来、逃げ馬で勝つことより、追い込み・差しで勝負して勝つことに歓びを見出すタイプ。今年のダービーのように福永の前に再び武が立ちはだかるのか。
福永の親父は天才と言われ、武の親父は名人と言われ、親子二代にわたる超良血の戦いは、どちらに軍配が上がるのか、10月20日の本番が楽しみ。
さて、今週は2013年下半期G?シリーズ開幕G?スプリンターズS。
今大会の最大注目は、王者ロードカナロアの連覇なるかの一点。出走メンバーを見ても、もうすでに勝負付けは済んでいる様相で、連覇達成は濃厚と思えるが、そこは勝負の世界。不吉なデータもあり、テッパンとは言えない。1990年にG?昇格してから連覇達成できたのは、サクラバクシンオー(93年・94年)しかおらず、超A級馬と言われたタイキシャトルやデュランダルでさえ達成を逃している。
過去10年間を見ても、半分の5回は逃げ馬が優勝。中山のトリッキーなコースゆえに天候や展開に大きく左右され、実力を発揮できないまま消えていった実績馬も数多い。当日の天気予報は、降水確率20%と良馬場が予想され、昨年に匹敵する高速決着になるのでは。
もし、王者ロードカナロアの連覇を阻むとすれば、ハクサンムーンかドリームバレンチノ。
前哨戦のように前半で脚をタメることができれば可能性はある。しかしパドトロワとマジンプロスパーがガチンコ勝負に出てきたとき、それをはねのけるだけの力があるかどうか。あったとしても、それではゴール前で力尽きる可能性が高い。ハクサンムーンにとってのベストは、逃げ宣言しているフォーエバーマークを先頭に流れが落ち着いてくれること。
次にドリームバレンチノに勝つ可能性があるとすれば、先行集団がガチンコ勝負で共倒れになり、下がってくる馬をロードカナロアが捌くのに手こずるか、前がなかなか開かない内側を走ってくれれば、ロードカナロアの仕掛けが遅くなり、上がりで0.1秒の差はあるが、大外からの差しに徹すれば逆転できるかも。
祖父マイネルラブが王者タイキシャトルに勝った1998年の再現なるか。
ドリームバレンチノが王者ロードカナロアとの最終決戦に挑む。
有力馬以外の穴馬予想は本文にて。
有馬銀平
[続きを読む] 都度課金記事
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年9月22日 11時0分
神戸新聞杯
 
先週の日曜日はフランス・ロンシャン競馬場でG?凱旋門賞の前哨戦G?フォア賞とG?ニエル賞が行われ、どちらも日本を代表するオルフェーヴルとキズナが見事優勝。2つの重賞レースを日本生産馬に勝たれたことは、フランス競馬界において許せぬ事態。思い起こせば2006年、ディープインパクトが凱旋門賞に参戦することを発表したときから、ディープインパクトの脅威にさらされ、フランス競馬界が優勝阻止へ一致団結したはず。長い歴史からも凱旋門賞の栄冠がヨーロッパ以外に持ち出されたことはなく、まして歴史の浅いアジアに栄冠を渡すなどプライドが許すはずもなく、結局ディープインパクトは3位入線も禁止薬物使用で失格処分と、後味の悪い結果に。
あれから7年、環境も大きく変わり、今ではフランスに日本人調教師の厩舎もあり、安心して日本から競走馬を送り出すことができる。
実績からもドバイワールドカップでヴィクワールピサとトランセンドがワン・ツーを決め、凱旋門賞では2010年にはナカヤマフェスタが2着と好走。昨年はオルフェーヴルが観客の度肝を抜く豪快な走りを見せ、2着と敗れはしたが大健闘。
いまやヨーロッパで日本生産馬に対しての評価はうなぎ登りで注目度は大きい。今回、オルフェーヴルとキズナが世界の強豪に勝ったことは、日本の競走馬を生産している牧場の人たちや関係者にとっても大きな自信と励みになったはず。それにしてもオルフェーヴルとキズナの祖父サンデーサイレンスの偉大さを感じたね。
また、そのサンデーサイレンス(米国2冠馬)を日本に種牡馬として連れてきた社台グループの創立者、今は亡き吉田善哉オーナーの功績は大きいね。競馬を愛するファンとして心から感謝です。ありがとう。
日本の近代競馬の歴史はテスコボーイがスピードを注入し、ノーザンテーストが社台グループを創り上げ、サンデーサイレンスが世界へ打って出る総仕上げをしてくれたと思っているよ。
日本競馬界の悲願は、世界一のG?レースと言われる凱旋門賞制覇。今年はサンデーサイレンスの遺伝子を受け継いだオルフェーヴルとキズナが出走。楽しみに期待して応援しよう。
さて、今週はG?菊花賞の大本命エピファネイアが登場する前哨戦のG?神戸新聞杯。前述のとおりライバルのキズナが海を渡り、世界の強豪相手に重賞レースを勝ったことは、エピファネイア陣営に海外で戦える自信と、このレースで負けることが許されない緊張が走ったのでは。アクシデントがないかぎり、ほかの出走馬とは力の差が歴然で、このレースの10年間を振り返ってもダービー1着馬または2着馬が出走していれば、必ず連対している心強いデータもあり、エピファネイアの頭はテッパン!!
2着と3着の予想は本文にて。
有馬銀平
[続きを読む] 都度課金記事
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年9月15日 11時0分
G?ローズステークス
 
2020年オリンピック・パラリンピックが東京開催に決定した瞬間、競馬を愛する馬券野郎も涙が出たよ。生きている間に再び東京オリンピックが見られるなんて最高!
プレゼンターの面々のアピールもすばらしく、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」は日本の心を強く海外に印象づけ、話題沸騰。
特にパラリンピックの佐藤真海さんのスピーチは、IOC委員の心をつかみ、これからのパラリンピックの環境を変える原動力になったのでは。
五輪招致に携わったすべての人に感謝したい。本当にありがとう。お疲れ様でした。
さて今週は、日本競馬界の悲願でもある凱旋門賞制覇に向けて、前哨戦のフォワ賞とニエル賞が行われる。日本代表のオルフェーブルとキズナがどんな戦いをしてくれるのか、日曜日の夜が楽しみ。
国内では秋のクラシック菊花賞のトライアル戦・G?セントライト記念が中山で月曜日開催。今年はメンバーが小粒で菊花賞に直結するかは疑問だが、新星が現れるのを期待したい。
阪神では秋華賞のトライアル戦・G?ローズステークスが行われる。こちらは逆に超豪華。本番さながらのメンバー構成。
オークス馬メイショウマンボ、同2着馬エバーブロッサム、同3着馬デニムアンドルビーと上位馬そろい踏みに加え、桜花賞2着馬レッドオーヴァル、2歳女王ローブティサージュ、ディープインパクトの妹トーセンソレイユ、桜花賞馬アユサンを負かしたこともある実力馬コレクターアイテムなど。
出走18頭のうち、半数の9頭がオークス馬。オークス上位馬3頭は強かったが、惨敗組にも距離に泣いたレッドオーヴァルやローブティサージュ、トーセンソレイユなど、距離が1800メートルに戻れば実力を発揮する馬も多い。
またリラコサージュ、ノボリディアーナ、ブリュネットなど、底を見せていない伏兵陣も当日の天候・馬場状態によっては浮上する場面も。
昨年はジェンティルドンナというスーパースターがいて、馬券の組み立ては簡単だったが、今年はメンバーの層が厚く、主役不在。
どの馬を軸に馬券を組み立てるか、本文にて。
有馬銀平より
[続きを読む] 都度課金記事
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年9月8日 11時0分
G?セントウルステークス
 
いよいよ今週から秋競馬開幕。夏のローカルから中央に戻り、サマーシリーズ最終戦を迎える。
阪神=サマースプリントシリーズ第6戦 G?セントウルステークス。
中山=サマーマイルシリーズ第3戦 G?京成杯オータムハンデ。
先週はG?新潟記念、G?札幌2歳ステークス、G?小倉2歳ステークスと3つの重賞レースを牝馬が独占勝利。これで今までの2歳重賞レースはすべて牝馬が優勝。改めて牝馬が夏競馬に強いことを実感させられた。
さて、9月29日に開催する秋のG?シリーズ第一弾スプリンターズステークスの前哨戦として確立しているG?セントウルステークスに絶対王者ロードカナロアが登場。今年はG?高松宮記念とG?安田記念の2階級を制覇し、G?四連勝と無敵を誇る短距離界の帝王は、すでに年内引退が決定している。
昨年の当レースは、大好きな年上の女カレンチャンも出走してゴキゲンあったが、そのカレンチャンがプラス体重22キロで、いつもの力強い走りができず,
心配そうに見ていたら、若い女に足下をすくわれてしまった苦い思い出。同厩舎の1つ年上のカレンチャンも引退して、今年は何の障害もなく残り3戦すべて勝ちにいく陣営の本気度。ロードカナロアが3戦3勝なら、ご褒美に、引退して種馬になったとき、最初のお相手をカレンチャンにする〜いいお話。
もしロードカナロアが、この話を聞いたら全レースに勝つと思うよ。ガンバッテ!
今回は春のG?高松宮記念の1〜3着がそろって出走。
特にサマースプリントシリーズ優勝のチャンスがあるハクサンムーン。当レース3着以内なら、現在トップのフォーエバーマーク19点を逆転して優勝。
前走からもダッシュ力はすばらしいものがあり、春当時より一段と自力強化を感じる。今夏ロードカナロアとは斤量で2キロの差があり、阪神では3戦3勝と相性も良く、スピードが活きる開幕馬場と好条件がそろい、ロードカナロアにとって最大の適では。
ほかにG?スプリント3着・2着と王者ロードカナロアに最も接近しているドリームバレンチノ。昨年の当レース5着馬サドンストームとその全弟ティーハーフ。
昨年の覇者エピセアロームに、どこか似ているローガンサファイア。
いすれも強烈な差し脚を武器にする馬たち。王者ロードカナロアにどう絡んでくるか。
馬券予想は本文で。
有馬銀平
[続きを読む] 都度課金記事
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2013年9月1日 11時0分
新潟記念
 
夏競馬のローカル開催もラストウィーク。
土曜日は函館で、ゴールドシップやロゴタイプなどG?馬を数多く輩出しているG?札幌2歳ステークスが行われる。
日曜日には小倉で、G?馬アストンマーチャン、メイショウボーラーを輩出したG?小倉2歳ステークス。そして夏の新潟開催のフィナーレを飾るのは、サマー2000シリーズ最終戦、G?新潟記念。
今年の夏競馬を振り返ると、サマー2000シリーズの優勝馬トウケイヘイローを象徴するように、逃げ・先行馬の活躍が目立った。先週のG?キーランドカップも先手を奪ったフォーエバーマークがそのまま押し切り、優勝を決めている。
そんな流れを逆噴射した馬が、先週の新潟2歳ステークスに出現した。その名はハープスター。父ディープインパクトの遺伝子を100パーセント受け継ぎ、直線最後方の18番手からレース史上最速となる上がり32秒5の豪脚で、17頭をぶっちぎり、観客の度肝を抜く圧勝劇。
同厩舎の先輩ブエナビスタを彷彿させる走りで、来年のクラシックに名乗りを挙げた。そんな夏競馬が終わるこの時期は、3歳未勝利戦もいよいよ大詰め。キズナのようにダービーの栄冠に輝いた馬もいれば、いまだ勝ち星に恵まれず、1勝の重みを感じて戦っている馬も数多く、現役続行を懸ける戦いも残りわずか。負ければ引退を余儀なくされる運命。ガンバッテください。
さて、今週の予想は、メーン重賞第49回・G?新潟記念。
夏の終わりの大会として注目度は高く、人気もあるが、一筋縄ではいかないのが特徴。ここ10年を振り返っても1番人気の勝利はなく、直近5年の優勝馬の人気度を見ても、16番人気、5番人気、5番人気、5番人気、昨年は7番人気と主力組の1番人気から4番人気の馬が総崩れしている。
さらに今年は秋雨前線や台風の影響で馬場の悪化が懸念される難解なレース。馬場適性が勝敗を分ける大きな要素に。
人気馬ダコールにとっては、またも初重賞制覇はお預けになりそうな馬場。今年のメンバーなら重賞2勝馬のトレイルブレイザーが一歩リード。ただし調教からも絶好調とはいかず、軽ハンデの馬に足下をすくわれる可能性もあり、パワーとスタミナを秘めたニューダイナスティやカルドブレッサにもチャンスあり。
夏競馬の流れから、先行して道悪もこなすサンシャインが不気味。
あとは本文で。                     有馬銀平
[続きを読む] 都度課金記事
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の5件
くる天
プロフィール
有馬銀平 さん
有馬銀平の必勝馬券講座
地域:指定なし
性別:男性
ジャンル:趣味 ギャンブル
ブログの説明:
●JRA重賞レースG?、G?、G?専門予想
●少額資金(3000円)で高額配当をゲットしよう!
●最大目標は3万円投資して勝負レースで1000万円をゲット!!
JRA重賞レースのデータを基にレースの特徴をつかみ、出目、サイン馬券、連動馬券、調教内容などからレース展開を読み、
あらゆる角度から分析して、穴馬を軸とする3連単。
カテゴリ
全て (21)
無料記事 (2)
アクセス数
総アクセス数: 1219
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved