このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
旅する花こま-ブロくる
播州太郎 さん
旅する花こま
地域:兵庫県
性別:男性
ジャンル:ニュース 文化
ブログの説明:
伝統芸能をたずさえて、お声が掛ればどこまでも!こころ踊り、励ます芸能を目指して、全国各地を巡り歩きます!忘れてはいけないものを探し求めて、いざ、今日もまいります!
カテゴリ
全て (184)
伝統芸能 (2)
アクセス数
総アクセス数: 27654
今日のアクセス: 24
昨日のアクセス: 34
RSS
「怖さ」を考える(秋の猿まわし&花こま公演)〔兵庫県尼崎市〕
 
2018年11月14日 6時43分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


公演先でのエピソードを心のままにつづります。

園長先生曰く、「映画やテレビなどで、グロテスクなシーンを喜んで見ている子ども達が、獅子舞にこんなにも怖がるなんて!」。白昼堂々と広い広場の真ん中で演じた「獅子舞」への反応に驚かれたようです。「怖い」といっても、見捨てられる「怖さ」、命を奪われる「怖さ」など、様々な「怖さ」がありますが、私達の祖先は、壮大な自然からの恵みを頂いている感謝を感じながら、時には身近な命さへ奪う自然の猛威に落胆し、自然との付き合い方を考えたんだと思います。一層、人間として高まっていく事で、その「怖さ」を克服していこうとした生きざまを「獅子舞」から感じています。どうも「怖さ」の種類が違うのかも知れません。
演目:水口囃子、南京玉すだれ、猿まわし、寿獅子



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/hanakoma/418394
Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved