このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
第1話「冥福を祈る」
[祈りのカタログ・完全版]
2018年8月21日 19時0分の記事

祈りのカタログ・完全版
第1話「冥福を祈る」

 
 
 最近、「本を書いてみたい」と思っていると、ある人から、
「祈りに関する本とか良いと思う」とアイディアをいただいたので、
「祈りのカタログ」と言うタイトルにして……思うことなど、書いてみることにしました。
 
 さて、最初は「冥福の祈り方」について書くことにします。
 
 よく聞く「冥福」とは……辞書によると、
「亡くなった方の、死後の幸福を祈ること」だそうです。
 時々、「ご冥福を、お祈りします」と言うセリフを……耳にすることがあります。
 その時、「どう、冥福を祈れば良いの?」と思う方も……あるかと思います。
 
 子供の頃に、そのような場面に遭遇した時……ただ、黙って下を向き、時間が過ぎるのを待っていたものです。
 とても退屈な時間でした。
「大人は、どうやって、祈っているのだろう?」とか、
「何に、祈っているのだろう?」と、子供ながらに、疑問に思っていたものです。
 
 しかし、誰に聞いても、適切に答えてくれませんでした……と言うより、祖母以外の答えられる大人に、一度も出会ったことがなかったのです。
 多くの宗教団体を渡り歩いて修行していた頃……出会った偉い霊能者の先生達も、誰ひとり、納得の行く答えをくれはしません。
 もっとも、その頃、私は彼らに恐れられていました。
 
 多くの霊能者の先生達は、私を見るなり、
「人ではないモノから、知識を得ているから恐ろしい」と言っては、時として、遠ざけられたりしたのです。
 
 
 若い頃の思い出は、さておき、この「冥福を……」と言われる「祈り」は……「ハヤチカゼ」と言う神に対して祈ることを、基本としています。
 この神は、虹の上を駈ける神です。
 
 馬のような姿の神として、描かれることが多く、
「死者の魂を、死後の世界に導く」と、されています。
 
 この神に、


「ハヤチカゼの神、とりなし給え」と、心の中で、三回つぶやいて祈るのです。
 
 声を出して祈っても良いですが……普通の人が、つまり霊的な力や技法を持たない人が……声に出して祈っても、効力は少ないです。
 出来る限り集中して、声を出さずに祈って下さい。
 
 この「冥福の祈り」と言うのは、亡くなった方の「冥土での福を祈る」ことですので……もしかすると、
「閻魔様、なにとぞ、よろしくお願い致します」でも、良い訳かも知れません。
 ですが、閻魔様の前では……すでに地獄は目前ですので、福が来る確率は低くなります。
 
 
 時々、閻魔様は、人の世に姿を見せて……この時は、それと知られないように、世を忍ぶ仮の姿で……まるで、遠山の金さんのように、フレンドリーに現世を歩いています。
 人の世を、人のふりして歩くのですから……誰にも、閻魔様だとは分かりません。
 また、時として「地蔵菩薩」の姿をして……ほんの気まぐれに、子供達を守ったりもします。
 
 しっかし……「化け地蔵」とか言われたりして……口から火を吹いたり、長い舌を出したりして、おどけることも多いのです。
 私は、そんな閻魔様のことを、
「閻魔様は、なかなか、お茶目なのかなぁ」と、しばしば思います。
 
 私の場合に限って言えば……祖先が、閻魔様に仕えていたこともあり……夢の中で、時々、閻魔様に出会います。
 もしかすると、これは播磨陰陽師の特徴……なのかも知れませんが……他の陰陽師の人に聞いたことがないので、分かりません。
 
 もちろん「現実世界で、閻魔様に会ったことはない」と思いますが……なにせ、人のふりして、歩いているので……もしか出会っていたとしても、分かりません。
 もし、出会っていることを知ったとしたら、即座に「黙祷」するでしょう。
 この「もくとう」と言う行為も、祈りのひとつです。

 なぜ、黙祷するのか……と、言うと……なにせ、最初の死人《しびと》ですから……。
 
 この黙祷は……毎年、甲子園で「黙祷」……続いてサイレン……とか行われています。
 
 この言葉は、室町時代あたりの書物に、
「南無と黙祷して、甲板より飛ぶ」と言う表現が出て来ます。
 これは「心の中で、南無と唱えながら、覚悟して、海に飛び込んだ……」と言う意味です。
 この「南無」は、「南無阿弥陀仏と唱えた」と言う意味ではなく、「南無三」と唱えたようです。
 
 「南無三」は、「南無三宝」の略で……驚いたり、失敗したり、何かを覚悟する時に、唱える言葉です。
 南無三について、辞書を引くと、
「南無三……失敗した時に、成功を祈る為に唱える言葉」と書いてあります。
 
 
 つまり、黙祷の中で唱えるのは、「祈りの言葉」なのです。
 
 
 もともとの「南無三」の正しい意味は、
「仏法僧の三宝に帰依すること」ですが……それは、それ、仏教用語のことで……普通の人は、この言葉を「覚悟の意味」で使っていました。
 やがて、「覚悟」が変化して行き、「南無阿弥陀仏」になって……その南無阿弥陀仏もなくなって、いつの間にか、無言で頭を下げるような形式の「祈り」に変化して行ったのです。
 
 
 
 第2話「黙祷と呼ぶ祈り」に続く。
 
 
 
祈りのカタログ・完全版 [もくじ]▶︎次の話
 



◆この記事へのトラックバック

トラックバックURL
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 414055
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 38
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved