ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2009年8月29日 14時0分
第九十六話「祓いの鐘」
 
◎近世百物語・完全版
 第九十六話「祓いの鐘」



 私の……霊器《れいき》と呼ばれる「七つ道具」には、祓鐘《はらいがね》、火打石《ひうちいし》、祓刀《はらえがたな》、石笛《いわぶえ》、奪衣婆《だつえば》の壷《つぼ》、霊符《れいふ》、烏帽子《えぼし》の、七つがあります。
 これらは、祓いの現場で使う、霊的な道具達です。
 この中の、「奪衣婆の壷」については、「第九十一話」の中に書きました。
 霊符については、「近世百物語・完全版」の……「第八話」「第四十ニ話」「八十四話」「第九十一話」の中に少し書いています。

 祓鐘《はらいがね》は、祓いに使う為の鐘です。
 これは、いわゆるチベタン・ベルです。
 本物のチベタン・ベルは、世界に五個しか現存しないようです。
 私の持つ物は、本物ですが……この本物と言うのは……御神体として作られ、長い間、祓いを受け続けた物のことです。
 これには、とても強い霊力があります。
 素材は、五〜七種類の合金で、隕石に含まれる鉄……「隕鉄《いんてつ》」を含んでいます。
 これは、俗に「セブン・メタル」と呼ばれる金属です。
 この金属の配合によって、重さや音色が違います。
 そして、この本物のチベタン・ベルの合金を作ることのできる民族は……消滅していて、最新技術でも不可能な調合だそうです。
 私は、これとは別に……完全に隕鉄のみで作られた、祓刀《はらいかたな》を持っています。
 これは、「刀」と言うより、ナイフくらいの大きさですが……祓いの現場で重宝しています。

 祓鐘は、持っているだけで……低俗な霊は祓われて、すぐに去って行きます。

つづきをご購入いただけます(200円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:近世百物語・完全版]



2009年8月28日 14時0分
第九十五話「手形足形」(近世百物語)
 
◎近世百物語・完全版
 第九十五話「手形足形」



 何度か、ガラスに付いた、凍った手形を……見たことがあります。
 ある夏の、暑い暑い、夜のことです。
 飲み物を飲みほして、しばらくそのままにしていたコップが……テーブルの上で、ピキッと……音を、立てました。
 それに気づいて、そのガラスのコップを見る……と、向こう側から誰かが触ったような、手のアトが見えたのです。
 それは、子供の手のような……とても、小さなサイズでしたが……ガラスのコップの表面が、凍りついていました。

 これもまた、真夏のある時のことです。
 あまりの寝苦しさに……夜中に目覚めて、カーテンを開けました。
 クーラーのスリープ・タイマーが終わって、気温が上がっていたのです。
 私は、窓をあけようと、窓の鍵に手をかけました。


つづきをご購入いただけます(200円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:近世百物語・完全版]



2009年8月27日 14時0分
第九十四話「播磨御式神内」
 
◎近世百物語・完全版
 第九十四話「播磨御式神内」



 播磨御式神内《はりまこしきうち》は、播磨陰陽師が使う武術です。

 この武術は、霊術とセットになっています。
 「不幸のすべて」の中には、何度か書きましたが……われわれ播磨陰陽師は、武術を大切にします。
 それは、われわれが武家の……サムライの子孫だからであり……そして、霊的なモノを扱うには、武術が欠かせないからです。

 私は、幼い頃から柔道や、合気道を学び……そして、播磨御式神内の伝承を受けました。
 子供の頃から、大東流合気柔術も、学びました。
 播磨御式神内は、合気道と同じ流れをくむ武術なので……合気道……大東流合気柔術……播磨御式神内と、古くなるにつれて攻撃的で、しかも、少しづつ技も違って面白いです。
 昔は、多くの強いサムライがいたので、彼らを従わせるには、強くなければなりませんでした。
 「いくら霊術がどうこうとか……不思議な術を使うとか、言っても……数人で取り囲んで、後ろから斬ってしまえば、死ぬだろう……。」と思うサムライが、多かったようです。
 そして、
 「いくら恐ろしい播磨陰陽師とは言え、われらの敵ではないな。」と、高《たか》を括《くく》っていた田舎侍《いなかざむらい》達と、何度か衝突したようです。
 そして、そのたびに、
 「恐ろしい播磨陰陽師たちが来る。」と伝説が残されて行きました。

 播磨陰陽道には、

つづきをご購入いただけます(200円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:近世百物語・完全版]



2009年8月26日 14時0分
第九十三話「青い波の立つ池」(近世百物語)
 
◎近世百物語・完全版
 第九十三話「青い波の立つ池」



 それがトラウマなのかについては、分かりませんが……何かの刺激を受けると、フラッシュ・バックのような記憶を、映像として見ることがあります。
 私は、何かに驚くと……かならず、そのフラッシュ・バックで……同じ映像を見ます。
 その映像は、青い波が立つ池のものです。
 そして、水面に……かならず、無数の光の点のようなものが、写っています。
 それがどこなのか……そして、いつの記憶なのか……については、思い出すことが出来ません。
 ただ、かなり子供の頃から、ずっと見ているので……幼い頃の記憶であることだけは、確かなようです。
 私の知っている限り……その記憶に該当する池を、私は知りません。
 トラウマ系の記憶は……恐怖のあまり、記憶から抜け落ちていることが多いので……それも、しかたがないのかも知れません。

 子供の頃……幽霊や化け物は、日常の光景だってので……あえて、トラウマを作るような記憶があるとも思えません。
 しかし……たぶん、よほど恐ろしい記憶だったと思うのですが……これを思い出すだけで、胸がドキドキするのです。

 いくつか……池に関する思い出はあります。
 しかし、このトラウマの記憶に該当するような池のものでは、ないような……そんな気がします。

 子供の頃のある時……実家の近くの池で、子供が溺れ死んだことが、ありました。
 その池は、人が溺れ死ぬような、深い池ではありません。
 どちらかと言うと、のどかな、草原の中にある美しい池だと思います。
 しかし、何年かに一度、必ず、その池で溺れる子供が出るのです。
 祖母は、
 「あの池は、とても美しい池だから……ああ、言う池は、人の心を誘いやすい。」と言っていました。
 「何の為に、誘うの?」と尋ねると、

つづきをご購入いただけます(200円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:近世百物語・完全版]



2009年8月25日 14時0分
第九十二話「悪夢」(近世百物語)
 
◎近世百物語・完全版
 第九十二話「悪夢」



 この近世百物語・完全版の中で、何度か悪夢のことを書いていますが……「悪夢」そのものについては、あまり書いていませんでした。
 誰でも、小さい時は……何かに、追い掛けられる種類の、悪夢を見ます。
 私も小さい時は……良く、化け物だとか、幽霊だとか……得体の知れないモノに、追い掛けられる夢を、見ることがありました。
 とても恐ろしい夢を見るたびに……眠るのが怖くなることも、ありました。
 近くに、恐ろしい姿をした幽霊が、たくさんいるような悪夢も、良く見ています。
 そして、どこかから落ちる夢も、良く、見ました。
 それは、それは、恐ろしい夢でしたが……追い掛けられて、それから落ちる種類の夢は、最悪でした。

 子供の頃のある時、祖母の家に泊まっていました。
 その夜は、やはり化け物に追い掛けられて……どこかから、落ちる夢を見ました。
 目が覚めた瞬間……いったい、どこで寝ていたのか……何も、思い出すことが出来ません。
 「たしか……祖母の家で眠っていた……。」と、思っていましたが……星空が見えたのです。
 「まだ、夢を見ているのかなぁ……。」と思いました。
 しかし、少し肌寒くて……やはり夢では無いようです。
 頭のあたりに、とても硬くて、ざらざらした感触を感じ……手を伸ばすと、大きな石のようでした。
 起き上がって、そこを見ると……私は、草むらの……しかも、お地蔵さんの足もとで、眠っていたのです。



つづきをご購入いただけます(200円) 購入方法はこちら
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:近世百物語・完全版]




 前の5件 次の5件
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 359362
今日のアクセス: 11
昨日のアクセス: 41
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved