ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年10月22日 19時0分
第10話「父方の祖母のこと」
 
播磨陰陽師の独り言
第10話「父方の祖母のこと」

 
 
 父方の老人のことを書いたので……父方の祖母のことについても、少し書いておこうと思います。
  
 この人との思い出も、あまり、ありませんが……あの老人よりも、さらに嫌な老婆だったことだけは、よく覚えています。
 
 最初の出会いからして、不幸でした。
 
 私が、初孫で……長男の長男であるにも、かかわらず、
 
「孫なんか、そんなもの、いらん」と……私が産まれた直後に、病室で叫んだそうです。
 
 無理矢理、病院に連れて来られたのが気に障ったのか……理由はどうあれ……この出来事は、私の最初のトラウマとなりました。
 
 もちろん、物心がついてから、ずいぶん後になって知ったのですが……あまりに衝撃的だった為……最初の記憶の部分に居座ってしまったのです。
 
 この老婆については、嫌な人間であると言うこと以外、ほとんど思い出と言うものがありません。
 
 しかし、この老婆と一緒に、いつも思い出すのは……優しかった曽祖母のことです。
 
 曽祖母は、合掌集落で有名な、五箇山の出身でした。
 
 ササラと呼ばれる楽器を、魔除けとして使っていたことを、今でも覚えています。
 
 曽祖母は、平家の落ち武者の子孫で、平家の怪しげな霊術に詳しかったようです。
 
 五箇山へ初めて旅行した時、地元の観光バスの中で流れた不思議な民謡が……懐かしい曽祖母の子守唄だったことに、思わず涙しました。
 
 あの嫌な老婆と、曽祖母を一緒に思い出すのは……多分、曽祖母が亡くなった時、この嫌な老婆が、死神のように寄り添っていた姿を、鮮明に覚えていたからだと思います。
 
 この優しかった曽祖母については、また、いつか書きますが……嫌な老婆のことを、もう少しだけ、書いておきます。
 
 この老婆は、かなりの長生きでしたが、ある時、
 
「子供がみんな死んだら、死んでやる」と、不埒《ふらち》なことを宣言しました。
 
 それから間もなくして、突然、この老婆が亡くなったので、
 
「人の運命とは、ままならないものだなぁ」と思った次第であります。
 
 もちろん、父も、叔父や叔母達も皆、元気で生きています。
 
 
 
播磨陰陽師の独り言 前回の話◀︎[もくじ]▶︎次の話
[カテゴリ:播磨陰陽師の独り言]



2018年10月15日 19時0分
第9話「父方の祖父の思い出」
 
播磨陰陽師の独り言
第9話「父方の祖父の思い出」

 
 
 父方の祖父の思い出は、あまりありません。
 
 この老人は、母方の祖父とは……まるで正反対で……かなり嫌な性格の老人でした。
 彼は、若い時から遊び人で……家族のことはかえりみず、いつも鼻を赤くして、酔っ払って歩いていました。
 
 ある時……私が中学生ぐらいの頃だったかなぁ……酔っ払って金の無心にやって来ていました。
 
 その時、玄関に出た私に、
「あんた、俺の孫かい?」と妙なことを言ったのです。
 
 それまで、ただの一度も、会ったことが無かった訳ではありません。
 完全に、孫である私のことを忘れていた訳です。
 
 この老人は、若い頃に、サラブレッドを何頭も、乗り回していたそうです。
 彼の若い頃の話ですので、一頭は、かなりの高級車並の値段です。
 
 遊びまくって、父親の財産を、ほとんど使い果たしたそうです。
 
 最後には……酔っ払っていたことが、原因かどうかは分かりませんが……経営していた工場を火事で焼失し、一文無しになったそうです。
 
 不幸な出来事は、因果応報だと思います。
 
 この老人が、まともな人生さえ歩いていてくれたら、
「父も、あんなに苦労しなかったのになぁ」と、常々、思って見ていました。
 
 私は、酒を飲みません。
 父も、もちろん、酒を飲まないのですが……これは、この哀れな老人のことを、ふと、思い出すからでもあります。
 
 私の場合は……酒が、雑巾の臭いと同じと言うトラウマもあります。
 
 神社の掃除では、使うバケツの水を清める為、酒を入れるのです。
 バケツの中は、ぬるま湯ですので、ほのかに酒が香ります。
 そして、雑巾が、そのバケツの中で絞られる訳ですが……掃除の間、ずっと酒の匂いがします。
 
 やがて、それは、汚れた雑巾の臭いと一緒になって……あの老人の記憶が蘇り……何とも言えない気分を、生み出して行くのです。
 
 そのこともあって、『酒飲み』で……特に、酒で身をもち崩す人間のことを、
「雑巾の臭いがする、鼻持ちならない老人」と、思ってしまいます。
 
 本人には無関係なことは、分かっているのですが……そう言う人間のことが、心底、嫌いなのです。
 
 
 
播磨陰陽師の独り言 前回の話◀︎[もくじ]▶︎次の話
[カテゴリ:播磨陰陽師の独り言]



2018年10月15日 18時27分
播磨陰陽師の独り言 目次
 
2018年8月20日より、毎週月曜日の午後7時に1話ずつ配信しています。
 
 
第1話「入院してからのこと」
第2話「前に入院していた時のこと」
第3話「馬の思い出」
第4話「牛の思い出」
第5話「ヤギの思い出」
第6話「祖母の家の動物たち」
第7話「北海道の大自然のこと」
第8話「祖父の思い出」
第9話「父方の祖父の思い出」
第10話「父方の祖母のこと」
 
(未公開の記事は予告です。「削除された」と表示されることがありますが、公開予定日時よりご覧いただけます。どうぞ楽しみにおまちくださいませ♪)
 
つづく
[カテゴリ:播磨陰陽師の独り言]



2018年10月8日 19時0分
第8話「祖父の思い出」
 
播磨陰陽師の独り言
第8話「祖父の思い出」

 
 
 祖母のことは良く書きますが……祖父のことは、あまり書いていなかったと思います。
 
 母方の祖父は、元々『堀部』と言って、堀部安兵衛の血筋だったそうです。
 しかし、実父を嫌って、彼の母方の苗字である『村瀬』を名乗っていました。
 
 どこの出身だか、聞いたことはありませんが……若い頃に、人に、だまされて、内地から強制労働に連れてこられたそうです。
 いわゆる『タコ部屋』と言うやつです。
 
 タコ部屋について辞書で引くと、
「北海道や樺太の炭鉱などで、監禁同様にして働かせた飯場。そこに拘束された労働者をタコと言った」とあります。
 昔は、このような、人権無視の人さらいが、あちこちで人身売買をしていたそうです。
 
 祖父は、その時に……逃げられないように、片足にクイを打たれ……片目は潰されて、生涯、足を引きずっていました。
 
 そのせいか、何の因果か応報かは知りませんが……従兄《いとこ》も、弟も、足の同じ場所に、何らかの大怪我を負っています。
 そして私の足も、今は怪我を負って入院しているのでした。
 
 子供の頃、祖父に……タコ部屋について、尋ねたことがありました。
「悪い人に騙されて、北海道に来たんだね」
 
 
 すると祖父は、
「人に騙されて辛い思いをしても、正直に生きる方が、良い人生じゃ」と言って、笑っていました。
 
 祖父は、誰から見ても正直者として、人から信頼されていました。
 祖母は、そんな祖父のことを、堅物の代名詞である「石部金吉」と呼んでいました。
 
 祖父の、若い時の仕事は知りませんが……定年してからは、雪印の工場で、受け付けの警備の仕事をしていました。
 会社から、とても信頼されていて、いつも何かもらって来ては、孫達のお土産にしていました。
 よく、スキムミルクなどを、貰って来たものです。
 
 あまり、美味しい物ではありませんが……スキムミルクを見ると、祖父のことを思い出して、今でも懐かしくなります。

 
 
 
播磨陰陽師の独り言 前回の話◀︎[もくじ]▶︎次の話
[カテゴリ:播磨陰陽師の独り言]



2018年10月1日 19時0分
第7話「北海道の大自然のこと」
 
播磨陰陽師の独り言
第7話「北海道の大自然のこと」

 
 
 豊かな大自然があふれる、北の大地。
 
 素晴らしい自然の絶景……とか、北海道のことを思っているなら、それは大きな間違いです。
 
 実は、あそこは、不自然な大地なのです。
 不自然で、破壊され尽くした、いびつな大地なのですが……そんなことは知らなくて良い人は……ここから先は、スルーして下さい。
 
 
 地平線が見えるほどの、広い畑や草原は、開墾《かいこん》によって作られた人工的な景色です。
 
 以前は、何人もの大人たちが、両手をつないで一周するほど大きな木々……原生林が、巨大な森を作っていました。
 
 明治になって、最初の100年で、都市部の原生林のほとんどが失われ……そこに住んでいた動物たちも、霊的な存在までも……住みかを奪われて、滅びて行ったのです。
 アイヌの人々も、例外ではありませんでした。
 
 彼らの多くは、倭人《シャモ》に騙されて……あるいは殺され、あるいは同化して行きました。
 今、北海道にいるアイヌの人々は……倭人と同化して差別され、『観光』と言う名の見せ物になって、悲しい現実を生きているのです。
 
 これらはすべて、皆さんが有難がる、かの明治維新のおかげなのですが……西洋からやって来た、拝金主義の成せる技なのかも知れません。
 
 この、拝金主義の権化のような脳天気な小唄が、私の田舎・十勝の盆踊りで唄われます。
 この小唄は、
「ランラン、ラントセ……金が降る。十勝の平野に、金が降る……」と、はじまります。
 
 この脳天気な小唄を聞くと、懐かしさや、様々な思いが込み上げて来て、胸が熱くなります。
 
 昔、十勝平野は豆相場でうるおい、『豆成金』と呼ばれる金持ちたちが、たくさん生まれました。
 中には、
「足もとが暗い」と言って、札束に火をつけて、履き物を探した猛者もいたそうです。
 
 彼らが、十勝平野の大自然を、破壊し尽くしたのかもしれません。
 また、当時の世の中全体が、拝金主義だったからかも知れません。
 そんなことを知らない人々は、破壊され尽くした北の大地を見て……美しい大自然と思って、感動するのですね……。
 
 
 
播磨陰陽師の独り言 前回の話◀︎[もくじ]▶︎次の話
[カテゴリ:播磨陰陽師の独り言]




  次の5件
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 348910
今日のアクセス: 70
昨日のアクセス: 66
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved